fbpx

Best Japanese Throw Pillows 2022

Our Favorite Japanese Cushions for the Couch!

Being fans of all kinds of Japanese Home Decor, we’ve looked over the internet to find some of the fineset Japanese throw pillows, Japanese cushions and oriental pillows around.

There’s a lot out there, so to make navigating things a little easier we’ve divided them into:

Patterned Japanese Throw Pillows and Cushions

Ukiyo-e and Traditional Japanese Throw Pillows and Cushions

Anime, Cute & Pet Japanese Throw Pillows and Cushions (including Ghibli)

Patterned Japanese Throw Pillows and Japanese Cushions

These cusions bring a sense of oriental refiniment to your living room. They can add a striking accent without being overpowering.

Traditional Design & Woodblock Print Japanese Throw Pillows

If you want something that really identifies strongly with Japan these throw pillows will do the job. Including items that feature faous Ukiyo-e woodblock prints. 

You may also be interested in checking out our pages for Japanese Floor Cushions or Zabuton

or looking at our pages on Japanese Tables & Chabudai and the might Kotatsu table.

Japanoscope uses affiliate links. Which means we may receive commisions when you click on some product links. We only link to products we believe in, use ourselves or think are genuinely good. This helps us keep all of the content on the site free of charge. As Monty Python once said, “We’re selling records in the foyer. Some of us have gotta eat too you know”.

Claymore Anime Review

Overall Rating 4.5 stars out of 5! What’s not to like about beautiful, hardcore, strong women fighting monsters to save the world? Claymore is not

Read More »

ホテル・カリフォルニアはこんな意味だったの?!Hotel California和訳、意味、解釈 

ホテル・カリフォルニアは短編映画のような歌です。いろんな情景をものすごい細かさで描写する。砂漠でかく汗の匂い、髪の毛に絡む涼しい風、どこか遠くの方でまたたいている光。 よく何かを書くとき「show don’t tell」「描きなさい。伝えない。」 たとえば、「砂漠が熱かった」ではなく「高速道路で汗をかいていた」といった方が身近に感じられて、迫力が出る。ホテルカリフォルニアは見事にこういう風に「言葉」で伝えずに、「五感」で表す歌です。 ホテル・カリフォルニアの解釈 はっきりと「こんな事がありましたよ」と言わないおかげで素晴らしい描写になりますが、そのせいでいろんな解釈されます。 そのいろんな解釈を話していきたいと思いますが、歌詞を書いたDon Henley本人がいうには基本的な意味は”A journey from innocense to experience”「「無邪気」から「経験」への旅」だと言っています。 当時イーグルズはものすごく売れているバンドだったから本人たちは「その時俺たちは何でも出来ていた(許されていました)から何でも試してた」と言っていました。ようするに 世の中を知らない青年からいろんな経験を積んだ大人に変わりつつありました。 「経験」にはいろんな事が含まれていると思います。 ホテルカリフォルニアはよく「麻薬」「中毒」についての歌だと主張する人がいますが、この曲はいろんな「経験」についての歌だと思います。もちろん「麻薬・中毒」ありますが「愛」「性」「成功」「強欲」「欲望」「うぬぼれ」などの「経験」も一杯包まれています。 ホテル・カリフォルニアというホテルは実際存在したか 舞台はロサンゼルスになっています。ホテルカリフォルニアというホテルは実際に存在しません。アルバムジャケットに写っているのは「Beverley Hills Hotel」です。御存知の通り、Beverley Hillsはハリウッドの近くにある有名人、芸能人が一杯群がる地域であります。だから、その辺の人の「快楽主義」を描き、社会的な意味合いもあります。 イーグルズも当時「ホテルの部屋をぶっ壊してめちゃくちゃにしてしまうバンド」として有名です。 だから、「快楽主義」の象徴である「ホテル」を歌ににしたのはなんとなく相応しいかもしれません。

Read More »

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts doing a Masters Degree, have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1). I’ve written songs in Japanese and have released several albums through Tokyo label Majikick Records.

ピータージョセフヘッドです。4年間京都市立芸大の大学院として日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

e7319a946f928d455f2a4c9abc7c687c