Oshi Meaning 推しとは

Oshi meaning

 Oshi is a word used by people in Japan to describe an idol, or a star, or even a thing, that they are actively supporting. The word “Oshi” comes from the word “Osu”, which literally means “to recommend”, so it also has the sense of wanting to spread the message about someone or something far and wide. 

“Oshi” has a lot of different nuances to it, and it doesn’t really have a  perfect equivalent in English. 

Originally an Otaku word, (オタク 用語 otaku-yogo,  オタク語 otaku-go), “oshi” came to prominence with the rise of AKB48 and similar large pop groups. Oshi itself is a shortening of the longer “Oshimen”. 

Interview With Sayuri Saying about the Oshi Japanese Meaning - Part 1

Oshimen Meaning 推しメンとは 

“Oshi” literally means “recommending” and “Men” comes from the English word “member”, so an “oshimen” is a member (of a group) that you are a special supporter, and active promoter, of. 

Oshi also gets used as a verb as in 「推している」, in the sense of I am “Oshiing” for my idol. The closest verb for this in English might be something like “routing for”, “supporting” or getting behind”, or, in the Japanese word’s more literal sense, “promoting”.

Who, and what, gets referred to by the term “oshi”?

“Oshi” gets used fairly widely and can refer to pop stars, anime characters, manga, games, and even objects such as your favourite product

Grammatical Usage of Oshi and Confusion of Subject and Object

The grammatical usage of the word “oshi” is often confusing, even for Japanese people, as people sometimes interchangeably use the word “oshi” as the subject or object of a sentence. 

So sometimes it gets used as “I’m a John Oshi” but more commonly is used as “John is my oshi”.

In the past, some people called it “bride” in the sense of “pushing”, but now “pushing” is the mainstream. Rather than the expression “bride” that reminds us of marriage, there is no distinction between men and women and outsiders, and the word “push” that can be used for anything has a spaciousness that accepts all the diversified swamps. I can’t feel it.

Interview With Sayuri Saying about the Oshi Japanese Meaning - Part 2

Oshi usage examples

Tweets Referencing “Oshi”

Just through seeing my idol’s smiling face, I can’t help but smile myself. So I want my idol to smile beyond all sense of reasonableness. Beyond all sense of reasonableness, that’s how I feel from my very heart. Good morning.

Amazing. Even with the ocean as a background, there is nothing cheap and nasty about the way my idol is able to smile with such warmth. I’ve brought together pictures 1-4 here, whichever way you look he just exudes hip. He’s so cool. I’m so into him. And I’m so grateful for the energy that that gives me to get through the day. My idol is just too cool, so much that I can’t help but feel a sense of gratitude. And, no surprise, number three is of historic proportions.

No matter how many hard days come your way

No matter the crappy things that have happened

When you have something that makes you glad

You can’t help but smile

You can’t help but be happy

My idol’s power is no small thing, no small thing.

When the business of being a fan becomes hard to bare

That is not from being a fan in and of itself, it is because of your day job.

It is no more than the consequence of your corporate servitude.

Quotes from the book “Oshi Moyu” 「推し、燃ゆ」 by Rin Usami

Rin Usami’s “Oshi, Moyu” on Amazon

Written by Rin Usami at the age of 21, the book “Oshi Moyu” describes a character who is a super fan for an “oshi” from a pop group. It tracks her mental state after oshi strikes one his fans and is hauled over the coals of public opinion online.

The book, and these quotes, shed some light on the place of the fan and the “oshi” in Japanese culture.

有象無象のファンでありたい 。

I want to be one fan amongst the riff raff.

「推しは命にかかわるからね」

Being an Oshi is a matter of life and death

生まれてきてくれてありがとうとかチケット当たんなくて死んだとか目が合ったから結婚だとか 、仰々しい物言いをする人は多い

Lots of fans make outrageous comments like “Thanks for being born into this world”, “I couldn’t get a ticket, my life is over”, “Our eyes met, so we’re married”.

推しを推すときだけあたしは重さから逃れられる 。

When I route for my idol, I escape my sense of heaviness.

ワイヤ ーにつるされた推しが頭の上を飛んで行った瞬間から人生が始まったと言ってもいい

You could say the moment my idol flew over my head on a wire was the moment my life began

アイドルとのかかわり方は十人十色

For every ten fans of an idol, there are 10 types of fandom.

推しの見る世界を見たかった

I wanted to see the world my idol saw

自分自身の奥底から正とも負ともつかない莫大なエネルギ ーが噴き上がるのを感じ 、生きるということを思い出す

From the depth of my being, I feel a great energy that has no sense of good or bad come spurting up, and I remember what it is to be alive.

Japanese Language Resources & Reviews

See our complete Japanese Language Learning Resource List or our Japanese language learning platform reviews below:

Sayuri Oshi Conversation Transcript

今日はさゆりさんと

Today, I’m here with Sayuri.

 

「推し」、「推し」の話、「推し」についてお話したいと思います。

よろしくお願いします。

We’re going to talk about “oshi”. Great to talk with you.

 

こちらこそ、よろしくお願いします。

Great to talk with you too.

 

で、なぜ推しについて話そうと思ったのは

So, the reason we want to talk about Oshi is,

 

実はさゆりさんがこの話、このテーマを出したんですね。

actually, Sayuri suggested the theme.

 

僕がお願いしたんですけど

I’m the one who reached out to her but

 

さゆりさんがテーマを考えたんです。

Sayuri came up with the theme.

 

はい、そうです。

Yes, that’s right.

 

このテーマはどこから来たんですか、さゆりさん?

How did you come up with this theme, Sayuri?

 

ええと、そうですね。去年あたりの文学賞。

Sometime around last year there were these literary awards.

 

日本の文学賞を取った作品で、

There was a work that won a Japanese literary award.

 

それがあの「推し」についての作品だったんですね。

And that piece was about “oshi”.

 

「推し」ってよく聞いたことがあるけど実際に自分は何?

I’ve heard the word “oshi” a lot before,but I don’t actually,

 

何ですかね。推しているメンバーとかアイドルとかがいないので

how would you say, I don’t have a band member or idol that I’m “oshiteiru”.

 

どんなもんだろうと思って

I was just wondering what it’s all about, 

 

その本を読んだのがきっかけです。それを、なんだろう、他の、

so I read the book. And I don’t know, I guess I was thinking about

 

国の意見というかなんと言うんですかね

other country’s opinions, or what would you call it?

 

他の人の意見は

ちょっと聞きたくてピーターさんにもシェアしました。

 other people’s opinions. So I shared it with you because I wanted to hear your thoughts.

 

あのその本を初めて知ったのがその本が賞をもらったから、知ったんですか?

So you first find out about that book because it won the award?

 

もちろんそうです。

Of course, that’s right.

 

あの、日本では賞をもらうとすごく大きなところに飾られるんです

よ。

In Japan, when you get an award,it’s a big thing, you know,

 

本屋さんの目立つところに

it’s displayed in a prominent place in the bookstore.

 

なのでそれで手に取りました。

So that’s why I picked it up.

 

ね、「推し」という言葉は面白いですね。

The word “oshi”is an interesting one.

 

そうですね。

Yes, it is.

 

僕からしたらちょっと不思議な言葉ではあるんですけれど

It’s a strange word for me.

 

たぶん英語には、

I think in English.

 

ぴったり当てはまる単語はないじゃないかなと思います。

There isn’t a word that is a perfect equivalent.

 

さゆりさんどう思いますか?

What do you think, Sayuri?

 

私もそう思います。

I think so too.

 

そう思います。

I think so.

 

いろいろな意味があると思います、

I think it is a word with a lot of different meanings

 

推しには。

“oshi”.

 

で、じゃあとりあえずこの本の題、

So, for now, let’s look at the title of this book.

 

「推し、燃ゆ」。

“Oshi, Burn.”

 

もゆと読むんですね。

I believe you read this as “moyu”, right?

 

はいもゆと読みます。

It is read as “Moyu”.

 

その意味ちょっと教えてもらってもいいんですか?

Can you tell me what that means?

 

はい。簡単に言うと推し、まあ、自分が応援している人が

燃えるという意味です。

Simply, the “oshi”, the person you’re rooting for is “on fire”.

 

燃えるっていうのはインターネットで、

And by “on fire”, it means on the internet

 

大騒ぎになる話題になって

making a big splash

 

日本語では炎上するって言うんですけど

in Japanese, it’s called”enjyou – going up in flames”.

 

それがその意味で燃ゆっていうのタイトルだと思います。

So, I think that’s what the title is referring to, that sense of burning.

 

推しが燃えている。

The oshi is on fire.

 

燃ゆってという言葉をよく使うんですか?

Do you use the word “moyu” a lot?

 

僕は初めて聞いたんですけど燃えとか燃える、

I’ve never heard”moe”, or “moeru” 

 

とかそういうのは聞いてことがあったんですけど

I’ve heard that sort of thing before.

 

この形式は聞いたことがなかったですね。「燃ゆ」。

But I’ve never heard it in this form before.”moyu”

 

現代の日本語では使わないと思います。ただ私もちょっと。

I don’t think it’s used in modern Japanese.

 

どうぞ、はい。

go ahead, yes.

 

いや、ちょっと昔風の言葉ですか?

No, so it’s a bit old-fashioned, is it?Yes, it is.

 

そうですね。

yes

 

だからもし燃ゆが使われるとしたら

So if “moyu” is going to be used, I think it’s in titles, etc.

 

タイトルなど

こういう本のタイトルにしか使われないと思います。

that it would usually be used.

 

じゃもしかして作家さんこの本を書いた作家さんも

So maybe the author, the author who wrote this book…

 

そういう

昔の雰囲気も

was thinking of that kind of olden style atmosphere

 

この言葉で出したかったんですかね。

and wanted to express it by using that word?

 

それはちょっと、分からないですね。

I’m not sure about that.

 

でも何か、

But something.

 

推し燃えるよりもなんかパンチがあるというか?

Is there something more punchy than a guess burning?

 

日本人からしたら、

From a Japanese perspective.

 

推し燃えるだと普通っぽい

If it was “oshi, moeru”, it would seem quite normal.

 

でも燃ゆだとなんだろう?

But if it’s “oshi, moyu”

 

ちょっとニュアンス的に

it has some kind of sense of perhaps

 

昔っぽいからクールな感じがするんですかね。

old-fashioned cool I suppose.

 

そういう感じですか?

Is that how it feels?I have no idea.

 

僕はさっぱり、あまり分からない

I don’t know.

 

多分その人が、何ですかね、インターネットでもよくあるんですけど

Maybe they, it’s like on the internet

 

自分で言葉を作るじゃないですか?

they often make up their own words, don’t you think?

 

多分その感覚ですね。なんか、語呂がいいというか、

音の響きがいいから付けたのかなって。

Maybe it’s that kind of thing. Just done because it sounds good. Because it has a ring to it.

 

個人的な感想です。

That’s my personal opinion.

 

なるほど

I see.

 

じゃあその本の大体のあらすじを教えてもらってもいいですか。

So can you give me a general synopsis of the book?

 

はい、なんだっけ、

Yes, what was it again?

 

大体の本の粗筋はですね。

The general gist of the book is,

 

主人公は 16 歳の女子高生です。

the protagonist is a16-year-old high school girl.

 

そうですね。

Yes, that’s right

 

その女子高生が応援しているアイドルがいるんですよ。

There is an idol that this high school girl is into.

 

で、そのアイドルが自分のファンを殴ってしまったんですね。

 And that idol hits one of her fans.

 

もちろん今の時代ですからインターネットで炎上しました。

Of course, in this day and age, that blows up on the Internet.

 

炎上して

“enjyo” 

 

と言いますね。

That’s right “enjyo”

 

たくさん書かれました。

there was a lot written about it.

 

その事件をきっかけに

That incident led to

 

その主人公の女子高生の精神状態が崩れていきます。

the mental state of the main character, the high school girl, disintegrating. 

 

その女の子は「推し」、自分のね、

That girl’s “oshi”, her own, you know, person she is supporting,

 

応援している人を心配しているから

the girl is worried about the person.

 

なんですかね。

So, what would you say,

 

現実の世界が

She finds the real world 

 

手につかなくなってくるんですよ。

becomes something she can’t keep a hold on.

 

うまく自分の心の状態の

She loses the ability, with her own mind,

 

バランスが取れなくなっていくっていう

to keep things in balance.

 

心の状態を描いている作品だと思います。

I think this work depicts a state of mind.

 

これはたぶん日本の、

This is probably the story of the Japanese,

 

日本だけじゃなくても

and not just the Japanese,

 

何か応援しているとか

you know, when you’re a supporter of something,

 

何かのオタク

or some kind of otaku,

 

の人の気持ちを

this depicts the feelings of those people,

 

代弁できるような

and somehow speaks for them.

 

 とても現代を表した小説だと思っています。

 I think it’s novel that really depicts the modern world.

 

だからその燃ゆっていう

So, in using “moyu”,

 

ちょっと昔の言葉、あの題で使っているのがちょっと不思議ですね。

a bit of an old-fashioned word, in the title seems a little mysterious.

 

気にしすぎか

Am I overthinking this?

 

気にし過ぎですね。

Yes, you’re overthinking it.

 

「かわいい」とかを、なんか、

People sometimes call “kawaii” things like

 

「かわゆい」とか、

“kawayui” or 

 

かわゆとか言いますから

“kawayu”

 

多分そのノリだと思いますけど。

I think it’s probably something in that vain.

 

なるほど。

I see.

 

僕も、その本の最初の方だけ読んだんですけど、何ページくらいかな

I only read the first part of that book, I don’t know how many pages,

 

30 ページくらい読んだんですけど

 about 30 perhaps

 

結構興味深そうな感じですね。

It seems pretty interesting.

 

多分、僕が読んだら多分 2 ~3 ヶ月かかるから

Maybe if I read it, it would take me two or three months.

 

そうじゃない、すごい薄い本ですから。

I don’t thinks so.It’s a very thin book.

 

今回は、全部読んでないですけど

Anyway, I haven’t read the whole thing,

 

最初の方を読んで、結構面白いですね。

I read the start and it’s pretty interesting.

 

その作者の人は 21 歳。

Its author is 21 years old.

 

とにかく若い人なんですよ。

Anyway, she’s a young person.

 

若い!

So young!

 

そう

yes

 

だから、その、

So, you know.That’s right.

 

そうですね。その若い人の気持ちを代弁、

It’s speaking from the perspective of a young person.

 

代わりに言っているような小説なのかなって思いました。

I thought it was a novel that seemed to be speaking in that way.

 

若いですね、21歳って。すごいな。

That’s pretty young. 21 years old. That’s amazing.

 

「推し」っていう言葉、あの。

The word “oshi”

 

このビデオを作る前に一回自分の妻に

Before I made this video,I asked my wife

 

「推し」ってという言葉、昔使っていたか?

Did you use the word “oshi” in the past?

 

うちらは、結構年いっているから。あの、 40 代ですから。

We’re quite old. Well, we are in our 40s.

 

昔使っていたかと聞いて、

I asked her if she used it in the past.

 

 

多分あんまり使っていなかったと思うと言っていました。

She said she feels like she didn’t use it much.

 

ということは

So

 

どれくらい前からこの言葉は使われているかなと思って。

I was wondering how long this term has been in use.

 

そうですね、

Well,

 

私も少し調べたんですけど、生まれた、

I did some research on it, and it was

 

その言葉自体生まれたのは結構前なんですけど

born, the word itself was born quite a while ago.

 

一般的に使われるようになったのは 2010 年以降ですね。

It’s only since 2010 that it’s been in common use.

 

AKB48ってというアイドルグループがいるんですけど、

There’s an idol group called AKB48.

 

いますね。

There is.

 

そう、多分

yes

 

そこら辺から使われるようになったんじゃないかなと思います。

I think that’s where it came to be used.

 

例えば応援しているメンバーのことを「推しメン」とか

For example, the member you support is called “Oshimen”.

 

なんとかちゃん推しとか、

Or “I’m a so-and-so-oshi”.

 

そういう風に使われるようになりました。

That’s how it came to be used.

 

妻が言うには昔から推しメンとかそういう。

My wife says “oshimen” has been used a long time.

 

言葉を使っていたけど

That word was used.

 

推しだけはあんまり使ってなかった。

But not so much just “oshi” by itself.

 

使っていないと言っていました。

she said he didn’t use it.

 

逆に、今は推しメンとかよりも自分の推しっていうにいません。

Yes, but conversely, I think now rather than “oshimen”

 

推しだけを使うことが多いかな。

people say “oshi” more, don’t you think?

 

特に

Is it especially

 

グループの中にこの人推してるときに使うんですか。

when you are getting behind one person in a group that you have an “oshi”?

 

このグループを推してるというより、

It’s not that you’re pushing the whole group so much as

 

この人、このグループの中のこの人を推してるときに使うんですか?

you’re getting behind just one person in the group?

 

アイドルに関してはわかりません。

As for idols, I don’t know.

 

メンバーに使うと思うんですけどでも何にでも使えます。

I think I’d use it for members,but you can use it for anything.

 

例えば

for example

 

アイドルがたくさんいて私はその中でも「このグループ推し」という

Amongst a bunch of different idols,and I’m getting behind this particular group

 

ことも言えますし

and you can say that

 

そのメンバーの中のこの個人の人推しとも言えます。

or it can be said that you’re getting behind one individual person in a group.

 

じゃああんまり関係ないですね、グループ人化。

Then it doesn’t matter much,whether it’s a person or a group etc.

 

ただな好きみたいな感じですね。

It’s that you like someone or something.

 

僕もこの前、

You know, the other day.

 

AKB48 のドキュメンタリーを見ていたんですよ。

I was watching a documentary about AKB48.

 

あまりほとんど知らなかったから

I didn’t know much about them, and I just

 

たまたま図書館に行ったらそういう DVD

happened to go to the library and found this DVD.

 

を見ていました。

I was just watching it.

 

結構、

It was pretty,

 

あれはすごいなと思いました。

It was really something.

 

それと同じくらいのときに「推し」ってという言葉が、

So at about that same time, the word “oshi”,

 

広まった感じですか?

you feel, took off?

 

かなと私も思ってますね。

That is my sense of it.

 

じゃあ、

Okay, then.

 

どういう関連なんでしょうね?

I wonder what the connection is?

 

なんでこのタイミングで。

Why this timing?

 

たくさんメンバーがいたから

Well, they had a lot of members.

 

自分は何々ちゃんが気に入っているとか

It was like, “I’m into so-and-so”,

 

何々ちゃんが好きっていう代わりに

or instead of saying “I like so-and-so”

 

推しを使い始めて現代今となっては、なんですかね、

people started using “oshi”, and now in the current time, I don’t know

 

ハンバーガーにも「推し」を使うし何にでも推しを使うように

I guess it’s used for hamburgers, just like using “oshi” for everything.

 

ハンバーガでも「推し」?

People even use “oshi” for hamburgers?

 

なんかこれはマクドナルドのキャンペーンだったんですけど、

Something like, there was a McDonald’s campaign,

 

好きなバーガーを投票するものがあって

 where you vote for your favorite burger.

 

「ハッシュタグ推しバーガー」っていうので

“Hashtag Oshi Burger.”

 

自分の好きなバーガーをツイートする

Tweet your favorite burger.

 

みたいなキャンペーンがあったんですよ。

There was a campaign like that.

 

面白いですね。

That’s funny.

 

バーガーを「推している」という

“Pushing” for a burger.

 

好きなだけなのに

Yes, when you just “like” it right?

 

テリヤキ推しみたいな

It’s like they’re pushing teriyaki.

 

面白いですね。

It’s pretty interesting.

 

ニュアンス的に推してるということは結構なんというですかね?

As for the nuances associated with “oshi”, does it mean you’re 

 

行動的に

actively,

 

推してる感じになるんですか

actively pushing?

 

好きだけじゃなくて。

As in, it’s not just that you “like” them?

 

例えばコンサートに行ったりその人のために友達に、

For example, going to the person’s concerts, going to a friend 

 

宣伝したりこの人いいよと言ったり

and promoting the person to them, telling them how good they are.

 

そういうニュアンスですかね。

Is that the nuance of the word?

 

推しのレベルもあるんですよ。

There’s different levels to “oshi”.

 

さっきハンバーガーぐらいの軽いものだと

There’s like a “light” level, like with the hamburger,

 

ただ好きっていうレベルですね。でも

where you just like something.

 

もしかしたら、

But, I don’t know,

 

その自分の人生の一部と考えている人もいますね。

some people consider the “oshi” as taking up a part of their life, don’t they?

 

「推し」を

The “oshi”

 

そういう場合は本当に、何ですかね、

In those cases, what would you say,

 

その人の行動をチェックしてその人の活動を

they’re checking what the person is up to

 

いいなとか、本当に自分のもののように、

and they’re thinking “I love that” like it’s something that belongs to them

 

なんですかね、思う気持ち

だと思います。

Or I think that’s how they think.

 

ちょっとわからないですけど、ごめんなさい。

I’m not sure.I’m sorry.

 

いいえ。

No.

 

じゃあさゆりさんは誰かを推してますか。

So, Sayuri, are you someone’s “oshi”?

 

全然ないんですよ。すいませんつまらなくて。

Not at all.Sorry, I’m so boring.

 

ないんですかね!

Isn’t there!

 

ないんです。

ピーターさんは推しありますか。なんか?

No, I don’t. Do you have an Oshi, Peter?

 

この前はちょっと考えてて。あの。。

I was thinking about it the other day. You know

 

だから推しのニュアンス 100 パーセントわかってないから

But I don’t understand the nuances oshi 100 percent.

 

ちょっと分からないんです。

I’m not too sure about that

 

私も分からないんですけど。

Neither do I!

 

まあ、好きなミュージシャンとかいるんですけどね。あの。。

Well, there are musicians I like. You know

 

まあ、自分も音楽をやったりしているからもちろんすごい尊敬している。

Well, I’m also a musician and so on, so of course I have great respect for certain people.

 

ミュージシャンとかがいます。

There are musicians and stuff.

 

で、あの。。

And, um

 

あるミュージシャンがアルバムを出したらそれを必ず聴きますとか、

Like, there are some musicians who if they release an album, I would definitely listen to it.

 

そういうのは何人が言いますね。でもそれが「推し」、「推してる」

I have some people like that.But I don’t know if they are people that would be my “oshi”

 

その人が僕の「推し」になっているかどうか、

I don’t know if that person is my “guess.”

 

ちょっとわからないんですね。

I’m not too sure about that.

 

そこまで言ってないんじゃないかなと。

I feel like it doesn’t go that far.

 

今のお話を聞くとファンですね。

I think what you’re saying, you’re a “fan”.

 

ピーターさんはそのミュージシャン、

The musician to you.

 

あのそうですね。

yes.

 

その、アーティストとかのファンですね。

So, you’re a fan of those artists.

 

たぶん

Probably not 

 

自分は推しですという。。。そうですね。

“I’m an oshi”..that’s right.

 

でもこれもまた難しいですね。

But it’s tricky.

 

自分が「推し」です。でも「推し」ってその推されている人のこと推しと、

But “oshi” means the personwho is being “oshi-ied” right?

 

言います。

Is’nt it?

 

言うしょう。

That’s right.

 

でもファンのことも「推し」というんですか?

But do you call the fans “oshi” too?

 

ファンのことは推しとは言わないと思います。

I don’t think so.I don’t think you can call an a fan an “oshi”.

 

ファンそうですね。

“I’m a fan”.

 

ファンですね。面白いですね。

Wait…hold on…yes “fan”. It’s interesting.

 

どっちも使えるんですか。なんかどっちもそういう風に使ってるのを

見た気がします。

Can it be used either way?I think I’ve seen it used both ways.

 

でも僕が間違ってるだけかもしれないです。

But maybe I’m just wrong.

 

そうですね。たぶん。

Yes, well.Maybe.

 

私はそこまで推してる人がいないし

Sorry, I don’t have anyone I’m an oshi for.

 

その文化にいないので

ちょっと答えは、答えるのが難しいです。

I’m not in that culture.So it’s kind of hard to answer.

 

でも。

But.

 

じゃあ、誰かコメントとかで教えてくれるかもしれないですね。

Then maybe someone will let us know in the comments or something.

 

そうですね、でも友達にはいましたよ。そういう、

Yes, but I had friends who were like that.

 

ビジュアル系バンドとかにハマっている子とかは

You know, kids who are into visual bands and stuff.

 

推しが必ずいました。

Without fail, they had an “oshi”.

 

推し不思議な言葉ですね。この小説の中に

“Oshi” is a mysterious word.In the novel,

 

主人公が自分の推しのこと「推しくん」とかで呼んだていましたね。

the main character calls their oshi, “oshi-kun”or something like that.

 

「推し様とか」もあります。

There’s also “oshi-sama.”

 

「推し様」もあるんですか?

Oh, there’s “oshi-sama” too?

 

その人の名前を使わずに「推しくん」が何何しましたとか

Without using the person’sname, they say things like “oshi-kun did such and such”

 

だから。そういう言い方もあるんですね。

So, there’s that usage as well.

 

ありますねとか、なんですかね。

There is.

 

多分推しとファンの違いは、

Maybe the difference between an oshi and a fan,

 

今、思ったんですけど

I just thought of something.

 

私のオタクの友達が言っていて思い出したのが、

My otaku friend said.

 

推しの方がなんか、全然知らない人なんですよ、

For oshi, even if someone doesn’t know the artist 

 

そのアーティストは。

でも友達とか恋人のように心配したりするんですね。

from a bar of soap they worry about them like a friend or a lover.

 

例えばちょっと歌、失敗したとかでも、

For example, if they messed up their song,

 

また推し失敗してかわいいな、みたいな。

it would be like, “They stuffed it up againagain, they’re so cute.”

 

なんとなくそういう風に「推し」を使うと

If they use “oshi” in that way, somehow

 

その人が自分のものになった気がしますね。

it feels like that person has become like a possession.

 

人の名前を使わずに、

Without using the person’s name it’s like

 

「推しくん」が何何しましたとか、

“Oshi-kun did such and such”.

 

なんとなくペットっぽくないですか?

Doesn’t it sound kind of like a pet?

 

そうですね。

Yes, it does.

 

あの、昔のその憧れとかっていうのじゃなくてもっと近い存在ですねって。

It’s not like some kind of “adoration”from the past, it’s a much closer feeling. 

 

AKB 48も、あの。。

AKB48 is also that.

 

実際に会える、アイドルって呼んだりもしますね。

They have the concept of “idols you can meet”.

 

そうですね。

Yes, they do.

 

あんまり語弊があるかもしれないんですけど

It might not be the right thing to say,

 

めちゃくちゃきれいなわけじゃないですか。

but they’re not so extraordinarily beautiful,

 

AKB フォーティーエイトさんは、

AKB48.

 

そうですか。

Oh is it so?

 

クラスで 1 番とか 2 番にかわいい子ぐらいの感じなんですよ。

I guess they would be, say, the 1st or 2nd most beautiful in their class.

 

感覚的に、

That’s my feeling.

 

普通にかわいいと思います。

I thought they were just straight cute.

 

普通にめちゃくちゃ可愛いんですけど。

Well they’re really cute

 

でも女優さん。

but like an actress…

 

美人の中の美人じゃないです。

Not a “beauty amongst beauties”?

 

そうその通りです。あの。。

That’s it.

 

なんだっけ、boys next doorとかありますよね。

What was that thing…There’s something like “Boysnext door”.

 

The girl next door

 

そんな感じの感じですね。

I think it’s something like that.

 

近くにいそう。

Someone that could be close by.

 

あの。。

Well…

 

どの人でもこの言葉を使っているんですか?

Does any person use this word?

 

もちろんお年寄りを使わないと思いますけど。

Of course, I don’t think old people use it.

 

でも 30 代ぐらいまでは一般的にみなさんわかりますし

But in general, everyone can understand, in their 30s or so.

 

使う人もいると思います。

I think some people use it.

 

だいぶ広まっている感じ。

It seems to be spreading a lot.

 

そうですね。

Yes, it is.

 

多分、僕は誰もしていないんじゃないかな。

I don’t think I’m an “oshi” for anyone

 

でももうひとつ思ったのは、あの。。

but the other thing I thought was, um

 

昔結婚バンド活動とかしていて友達のバンドとかよく見に行ってました。

I used to play a lot in bands, andI used to go see my friends’ bands.

 

お互いのバンドを見に行ったりするんじゃないですか。応援するでしょう。

You would go and see each other’s bands.

You would support each other.

 

その中に自分の気に入っている友達のバンドがあったりしますね。

And amongst those there are bands that you take a special liking to.

 

そのバンドを応援します。それ「推してる」というんですかね。

And you become a supporter of that band. Is that called “oshi”?

 

「推しや合っている」

Is being mutual “oshi” 

 

推し合うことがあるんですかね?

for each other a thing?

 

でも推し、推しを使う場合はもっと

If you use “oshi”

 

限定的な気がします。

 I think it’s more limited.

 

例えば、その 1 つのバンドしか応援していない

For example, “I only support that one band”.

 

そうか?

Really?

 

特別な力を入れている。

Like you’re putting special energy in somehow.

 

じゃあ、あの。

Well, um

 

3人推してることはあんまりないんですかね?

You wouldn’t usually be an oshi for three people

 

ないんですね。

ちょっとそれだと浮気者な感じがします。

No you wouldn’t.

It would be like you were “cheating” on someone.

 

だってテリヤキバーガーもチーズバーガーも

It’s like, “I love teriyaki burgers and cheeseburgers

 

スパイシーチキンも好きとかだったら

and spicy chicken”, 

 

じゃあ何が好きなの?みたいな。

it’s like “which do you really love”?

 

いいじゃないですか。全部おいしいやん。

What’s wrong with that? They’re all delicious!

 

それでいいじゃないですか。

I don’t see a problem.

 

何がだめですか。

What’s wrong?

 

まだ分からないですね。

I still don’t get it.

 

ごめんなさい、私の説明。。。私もそれがないので

I’m sorry, my explanation.Because I don’t have an oshi either.

 

あまり代弁できないんですけど。

I can’t really speak to that.

 

「推し」、「推し」は、あの。。

“oshi”, you know.

 

難しいですね。ちょっと、あの。。

It’s difficult. 

 

この本に出てくる引用

Let’s look at some quotes from the book,

 

セルフをちょっと読んでみましょうか。

let’s read some lines from it, shall we?By doing that,

 

それによって

もうちょっと分かってくるかもしれない。

I might be able to figure out a few more things.

 

じゃさゆりさんに日本語の方を読んでもらって

I’ll get you, Sayuri, to read the Japanese parts

 

僕が英語に訳したものを読みます。

i’ll read my English translation.

 

はい、分かりました。じゃあ、

Yes, Ok. Well, then.

 

有象無象のファンでありたい。

I want to be one fan amongst the riffraff.

 

I want to be one fan amongst the riffraff.

 

この言葉は聞いたことがなかったんですけど、

I’d never heard the term before.

 

有象無象と読むんですか?

Do you read that as “uzomuzo”?

 

私もさっき調べたんですけど

I looked into it earlier myself.

 

有象無象ですね。有象無象です。

It’s”Uzomuzo”

 

有象無象なんかかわいいですね。有象無象の有象無象

“uzomuzo” “uzomuzo” is kind of cute.”uzomuzo”

 

この英語の方もちょっとかわいいですね。”Riff Raff”.

this English is kind of cute, too,” Riff Raff”.

 

聞いたことありますか。

Have you heard it?

 

ないです。

No, I haven’t

 

あまり使わないですけどね。

It’s not used much though.

 

有象無象も使わない

“uzomuzo” isn’t used much either.

 

でも要するに、あの。。

But what it is saying is

 

目立ちたいというより、で見てほしいというより、もみんなと混ざって普通のファンに、

“I don’t want to stand out, I don’t want to be seen, 

I just want to mix witheveryone and be a normal fan.”

 

なりたい。そういう風でありたいということですね。

That’s what I want that’s how I want to be.

 

そう陰で支えたいって感じですかね。

Maybe like you want to be a support in the shadows.

 

どう思いますか。これは

What do you think? 

 

普通ですかね。みんなこういう気持ちですかね。

Is that normal? Is this how everyone feels?

 

そうなんじゃないですか。

Well, perhaps that is the case?

 

たぶんいろんな、ファン

Maybe there are lots of different types of fans.

 

はあるでしょうね。後で、

Later we will talk about…

 

そう言う、あ、これですね。。。

This is the bit.

 

じゃあこれを読んでもらってもいいですか。

Then can I have you read this?

 

アイドルとの関わり方は十人十色。

For every 10 fans of an idol, there are 10 types of fandom.

 

For every 10 fans of an idol there are 10 types of fandom.

 

だから 、今一色じゃないですね。

So, you can’t tar everyone with the same brush.

 

いろんなファンのあり方があるんですね。

There are so many different ways to be a fan.

 

はい。

Yes.

 

あの、ここに

Um, here.

 

アイドルと書いているんですけど。。。だからこの小説の中にも

it’s written as “idol”. So in this novel.

 

いろんな

there are various

 

言葉、呼び方を使っていますね。

words that are used.

 

推し、アイドル、

Oshi, Idol, and

 

どう思いますか?この「アイドル」と「推し」の違いは何ですか。

What do you think? 

What is the differencebetween this “idol” and a “Oshi”?

 

アイドルはただの職業の名前じゃないですか。

Isn’t Idol just a name for a profession?

 

そうですか?職業になるんですか、「アイドル」?

Really? Is being an idol a profession,

 

アイドルじゃないですか。

it’s an idol, isn’t it?

 

職業、職業だと思いますよ。

I think it’s a profession, an occupation.

 

アイドルとか俳優とか、これが他の名詞でも成り立つと思います。

like idol or actor,the same another nouns, 

 

日本でアイドルと言ったら。

So, in Japan, if you say “idol”

 

俳優も入るですか?俳優と歌手入らないですか。

do you include actors? Both actors and singers are included?

 

いいえ、入らないです。

No, they’re not.

 

アイドルっていうのは、

Idols are,

 

歌手の中でも。。。

even within “singers”…

 

難しいですね。

It’s difficult.

 

アイドルは、

The idol is…

 

かわいい感じの作られた

Maybe a cute, manufactured kind of…

 

 

そうですね、作られた、その通りですね。

Yes, manufactured, that’s right.

 

メインストリーム、そういう感じなんですね。

Kind of mainstream, right?

 

そうですね。

Yes, it is.

 

モーニング娘とか、そういう何でしょう。 SMAP とか。

Morning Musume, something like that.

Or like SMAP and so on.

 

そうですね。

Yes, it is.

 

じゃあ、アイドルは職業、

So, “Idol” is a profession.

 

面白い。

Interesting.

 

多分英語のアイドルとはまた違うと思います。アイドルといったら

Maybe it’s different from theEnglish word “idol”. When we say “idol”

 

いろんな有名人が入ると思います。あんまりそこまで特定してないと思います。

I think a lot of different celebrities will be in it. I don’t think it’s that specific.

 

この辺にここにも書いているんですけど、

We’ve got some words written here too…

 

英語のidol偶像と読むんですか。

about the English “idol”, Do you read this as “guzo”?

 

ぐうぞうと読むと思います。

Yes, you read it as “guzo” I believe.

 

もともとそういう意味ですね、アイドルというのは。宗教で使われる神様の代わりに

That’s what “idol” originally means.

Something in religion that is used in place of a god,

 

置くもの、あの像のことidol。

like an object or a statue.

 

辞書で見たら崇拝される人や物って書いてますね。

I’m checking the dictionary here, and it says a person or thing that is worshipped.

 

もともとそういう意味で

That’s what it originally meant.

 

たぶん英語だと結構幅広くいろんな意味で使われますね。

Probably in English, it’s usedin quite a wide variety of ways.

 

そうですね。

Yes, it is.

 

日本語のアイドルとちょっと違いますね。

It’s a little differentfrom the Japanese アイドル

 

また「推し」と違うんですね。

and different again from “oshi”.

 

「推し」はもっと広いですね。

The word “oshi” is broader than that.

 

なんでも、

Anything.

 

有名人でもいいですから

Any famous person.

 

作家さんなんでここでアイドルを使ったんでしょうね。

I wonder why the writer used “idol” here?

 

たぶんこの推しの人は

Probably because this “oshi”

 

アイドルグループの一員だからだと思います。

is part of an idol group.

 

ああ、なるほど。

Oh, I see.

 

いろんなファンがいるということですね。

So you have all kinds of fans.

 

だから多分こういう風に、

So maybe it’s like 

 

みんなと混ぜて普通の陰で応援したい言う人もいれば、

some people want to blend in with everyone and cheer from the shadow.

 

その人に見てほしい人もいるでしょうね。

and there are some people that want to be seen.

 

そうですね。

Yes, it is.

 

次行きますか

Shall we continue?

 

推しは命に関わるからね。

Being an Oshi is a matter of life and death.

 

すごいですね。重いですね。

Wow.That’s heavy.

 

Being an Oshi is a matter of life and death

 

だからそれくらい、真剣に。

So that’s about as serious as it gets.

 

推しを推しているんですね、

That’s really getting behind your oshi.

 

そうですね。推しをしていますね。これは、

That’s right.You’re really committing.This is.

 

生きがいかもしれない。

Maybe it’s a reason to live.

 

それではどうぞ、どうぞ、どうぞ。

After you.

 

多分、推しこの人にとって推しは生きがいなんだと思います。

Maybe having an oshi is a way of life for this person.

 

そのために生きているという。

That’s why they’re alive.

 

ことですね。

That’s the thing, isn’t it?

 

なんででしょうね。

I wonder why.

 

さゆりさんはこの小説を読んで

Sayuri, reading this novel,

 

どういうふうに思ったのですか。

what do you think?

 

ちょっと深いというか

It’s a little deep.

 

話がややこしくなるんですけど

It’s a bit of a complicated story.

 

日本人って宗教をあまりね、あの。。

Japanese people are not very religious, you know

 

熱心に信仰しないと言われていると思うんですけど。

I think it’s been said that they don’t believe fervently.

 

だからその神とかに変わるものなのかなと思ってて

So I was just wondering if it’s something that replaces god or something.

 

この人を信じていれば、あのなんですかね、

If I believe in this person, then maybe

 

自分はいいことが起こるというか?

Something good might happen.

 

祈っている。

Like praying.

 

何かすがる感じなんですかね。

It’s like you’re hanging on to something.

 

頼る感じ。

A feeling of dependence.

 

何もしてくれるわけじゃないんだけど。

It’s not like they’re actually going to do anything for you though.

 

まさにその英語の方のアイドルと似てますね。

It’s exactly like the original “Idol”, English meaning.

 

そうですね

That’s true, isn’t it

 

日本人は宗教とよく言われるんですけど

It’s often said that Japanese people have no religion.

 

それもあんまり単純に考えることはできないですね。

I think you can’t think of it that simply.

 

ある意味で熱心だと思うし。例えばみんなお寺とか行ったら

In some ways, they are very fervant.For example, 

for most people if they go to a temple or somewhere

 

ほとんどの人が必ずお祈りをするし。

they almost always pray.

 

みんな結構、

And they all pretty

 

真面目に、

seriously

 

お守りとか、

believe in the power of good luck charms.

 

はい、厄除けとかね。

Yes, for warding off bad luck.

 

そうこれは絶対本当に効く、

Yes, like “this definitely works”.

 

と信じている人も

I think nearly everyone

 

ほとんどだと思うし、

believes that.

 

だからある意味で無宗教ですけど、

So in a way, they’re not religious.

 

ある意味でそうじゃないと思います。

But in a way, that’s not true.

 

どうですか。

What do you think?

 

そうですね確かにそのお守りを買ったり、なんですか、

Yes, it’s true that they buy omamori

 

お参りに行ったりするんですけど、

And go to the temple.

 

たぶん四六時中、まあ、ずっとは考えてはないと思うんですね。

But they probably don’t think about it 24/7,all the time, 

 

でもこの「推し」っていうものはその人ずっと考えていると思います。

But I think people with an “oshi” are thinking about them all the time.

 

じゃあ、次に行きますか。

Well, let’s move on…

 

日本は無宗教というよりはたぶん多神教だから

Japan is probably more of a polytheist than a non-religious country.

 

日本人の友達と話していると、なんかすべての、

When I talk to my Japanese friends,they say that everything is

 

いろんなところに命があるとかいろんなところに神様がいる

There’s life in many places.There’s god in many places.

 

という

ニュアンスのことを言う人が多いと思います。

I think that I think a lot ofpeople would say something in that sense.

 

そうだから宗教をもっと広い意味で考えたら

Yes, so if you think of religion in a broader sense.

 

日本は全然無宗教と思わないですね。

I don’t think Japan is irreligious at all.

 

結構

yes

 

いろんなことを信じている気がしますね。

I feel like they believein a lot of things.

 

面白いものがあって、

I saw something interesting.

 

その、宗教にちょっと関係するんですけど

Well, it’s a little bit related to religion.

 

日本で駐車場があって

There was a parking lot in Japan.

 

駐車場って無断駐車止めちゃいけないのに

where unauthorized parking isn’t allowed.

 

止めちゃったら罰金普通を払うじゃないですか。

If you park there, you have to pay a fine, right?

 

罰金 2 万円ですとか書いているのが普通なんですけど

It usually says, like, “20,000 yen fine”.

 

その面白い看板は、

But there was this funny sign I saw

 

駐車すると罰が当たりますって書いてました。

it said if you park, you will “receive punishment”.

 

罰っていうのは、

Bachi is “Punishment”

 

それって何か宗教的な罰ということですかね。

Does that mean it’s some kind of religious punishment?

 

多分、でもダメみたいな。

Probably,but, it’s like, “who from”?

 

どこからみたいな。

Like, from where?

 

 

面白いなと思って日本っぽいと思いました。

I thought it was interesting and very Japanese.

 

さゆりさん駐めましたか。その、

Sayuri-san, did you park there?

 

罰当たります「の」ところに?

In the place where you get punished?

 

駐めたでしょ。

No I didn’t!

 

駐めていないですけど

You didn’t?

 

駐めたら怖いですから

I’d be afraid to park there.

 

罰が当たりますからね。

You’d be punished for it.

 

お金よりなんか厄介です。

It’s more trouble than money.

 

よかったです。

I’m glad.

 

次、行きましょうか?

Shall we go ahead?

 

はい。

Yes.

 

生まれてきてありがとうとか

Like thanks for being born into this world,

 

チケットを当たんなくて死んだとか、

I couldn’t get the ticket my life is over.

 

目が合ったら結婚だとか

Our eyes met so we’re married.

 

仰々しい物言いをする人は多い。

There are many people who talk about such extreme things

 

Lot’s of fans make outrageous comments,

 

Like thanks for being born into this world,

 

I couldn’t get the ticket my life is over.

 

Our eyes met so we’re married.

 

これもかなり、

This is  also quite

 

極端ですね。

 extreme.

 

生まれて来てくれてありがとうとか、

Like, “Thank you for being born.

 

チケット、

I didn’t get a ticket

 

当たんなくて死んだとか

my life is over.

 

目が合ったから結婚だ。

Our eyes met, so we’re married.

 

この目が合ったから結婚だというのがあんまり

This “Our eyes met, so we’re married.”

 

わからなかったです。

I didn’t quite understand.

 

Our eyes met so we’re married.

 

目が合っただから結婚したということになります

Our eyes met so we are married.

 

という風に訳したんですけど。

That’s how I translated it.

 

そうですね。

Yes,that’s right yes, 

 

そうですね。

it is.

 

ちょっと頭おかしいと思うんですけど

I think it’s a little crazy.

 

目が合ったからもう私たちは結婚したに違いないとか、

Like, we must already be married because our eyes met.

 

結婚するに違いないとか

Or “We must be getting married.”

 

そういう思い込みですね。

It’s that kind of presumption.

 

ね、すごいですね。

That’s really something.

 

この発想。

This way of thinking.

 

言い方がおかしかった。

Was my way of describing it a bit weird?

 

いやホントすごいですよね。

No,it’s just really amazing,

 

この発想が本当に、

this way of thinking.

 

この後ツイートも読むんですけど。

After this we’ll read through some tweets.

 

このようなちょっと極端な発言とか実際に

ありますね。小説だけじゃないんですね。

but these kind of extreme statements are really being used

it’s not just in novels, is it?

 

そうですね。

Yes.

 

リアルですね。

It’s real.

 

この最初のやつ「生まれてきてくれてありがとう」

This first one, “Thankyou for being born.”

 

ぐらいだったらまだわかるかな。

I still get.

 

でも「チケット買えなかったから死んだ」というのは

But the “I died because I couldn’t buy a ticket” thing.

 

たぶん、これも冗談というか嘘で、

Maybe it’s more like a joke or a lie.

 

死にそう、死にそうなぐらい辛いっていう意味だと思いますよ。

I think it means “I feel like I’m dying, or it’s so painful that I’m dying”.

 

そうでしょうね。

I’m sure that’s what they mean.

 

はい。

Yes.

 

次行きましょうか?

Shall we go on?

 

推しを推すときだけ私は重さから逃れられる。

When I root for my idol, I escape my sense of heaviness.

 

When I root for my idol, I escape my sense of heaviness.

 

これもね、あの。。

This too, you know

 

主人公。いろんな意味で重さを感じていますね。

The protagonist,in many different ways is feeling great weight.

 

 

そこから逃げるためには推しを推している。。

To get away from that, they follow their “oshi”.

 

 

と言っていますね。

They say, 

 

どう思いますか?これは?

What do you think? What about this?

 

現実世界が辛いからもう1つの推しの世界を応援して、

The real world is hard, so by being a part of another “oshi” world

 

現実の世界を忘れたいという意味じゃないですかね。

I think it means you want to forget the real world.

 

そういう、あの、ために人を推している人が多いかもしれない。ですね。

There might be a lot of people who are following people for that kind of reason.

 

この前、その。

Just a moment ago

 

さっき、言ってた

we said it earlier

 

AKB 48のドキュメンタリーも見て

and in the AKB48 documentary.

 

圧倒的に中年の男性が見に行っていて

It was overwhelmingly middle-aged men who were going to see the concerts.

 

これもまた面白いなと思いました。

I thought this was interesting as well.

 

そういう人たちは

まさにそういうことじゃないですかね。

People like that Isn’t that exactly what it is?

 

毎日の、ちょっと、

The everyday,

 

苦しいこととかそういう楽しくないことを忘れるために

painful things that aren’t fun. To forget about those,

 

若い、かわいい女の子、歌ったている女の子を見に行く、

they go see young, cute girls, girls who sing, 

 

という感じですかね。

I guess.

 

そうですね。若い子を見るとうれしくなるらしい。

That’s right.When they see young girls, they become happy, apparently.

 

元気が出るらしいです。

I hear it gives them energy.

 

わかりますかこの感じ?

Do you feel like you understand that?

 

わからんでもないですね。

I wouldn’t say I don’t understand.

 

でも、

But

 

不思議の現象ですね。

It’s a mysterious phenomenon

 

逆はありますか。さゆりさんは

And in reverse? Sayuri,

 

ちょっと変な話になるんんですけど、さゆりさんも若い男の人を見て

this is might sound a little strange,but Sayuri, when you see a young man

 

なんか、

or something like that

 

元気、出たりしますか。

Does it give you a feeling of having more energy?

 

そうですね、この間、甥っ子に追いかけられて元気が出ました。

Well, I was chased by my nephew the other day and it gave me a feeling of having energy.

 

そういうのもあるんですね。

There’s that as well.

 

めっちゃくっちゃ子供を見て、

You look at a child and get energy…

 

でもそれは恋愛とかじゃないですね。

But it’s not about love or anything.

 

ただ何か必要とされているというか遊んでほしいんだな、

It’s just that you feel necessary,that they want you to play with them.

 

っていうのがわかってうれしくなったかな。

I guess I was happy to know that.

 

でも元気が出るとかじゃないんですね。

But it’s not so much like it gives you energy.

 

だから多分いろんな要素が混ざっていると思うんですね。

So I think it’s probably a mixture of various elements.

 

中年男性でそういうアイドルが好きな人には 

For middle-aged men who like those idols.

 

多分、単純にそういう、

Maybe it’s simply that

 

若い人から元気がもらう面もあれば

In some respects, young people give you energy,

 

まあ、もっと性的な面もある

and there’s a more sexual side to it as well,

 

あると思う。

I think.

 

最近あったのは

Recently, 

 

私日本語を教えてるんですけど

so I’m teaching Japanese.

 

すごいカワイイ生徒さんがいて、

There was this really cute student.

 

女性ですよ。

I mean a woman,

 

性的な対象じゃないんですけど

not a sexual object of any kind,

 

なんか若くてなんか可愛くて元気で、

and she was kind of young, kind of cute, kind of energetic.

 

元気ですかって聞かれてみたら元気になったって言っちゃった。

When she asked me how I was I blurted out that I was well now that I’d seen her.

 

おじさんと同じ感覚かもしれない。

So maybe that is similar to what those middle age men feel

 

面白いですね。

that’s interesting.

 

だから「推し」、「推し」っと言うにはそういうのもあるかもしれないですね。

So there might be something about having an “oshi” that is like that.

 

逆に年いった人を推している人は

On the other hand, are there people that have an oshi that is older?

 

いると思いますか?どう思いますか。

What do you think?

 

ああ、いますね。

Oh, there are.

 

ちょっと、推しじゃないですけど

It’s not an “oshi” but

 

私の好きな YouTuber で

one of my favorite YouTubers

 

柴崎さんという人がいるんですけど

is a man called Mr.Shibasaki.

 

おじいさんなんですけどね。

He’s an old man, though.

 

水彩画の YouTube チャンネルをやってます。

He has a YouTube channel on watercolor painting.

 

あの人のファンが多いと思います。

I think there are a lotof fans of him.

 

見ていると落ち着きます。

It’s calming to just watch him.

 

推してるわけじゃないけどいいなと思う。

It’s not like an “oshi” think, but I like him.

 

じゃあ、推しイコール若くてかわいいとかかっこいい人ということではないんですね。

So it’s not just about being young and cute or cool?

 

そうですね。

No, it’s not.

 

僕もちょっと話が変わるんですけど、昔バンドを見にに行って。

I’m going to change the subject a little bit, but I once went to see a band

 

年、ちょっと年とったバンド

a bit of an older band

 

が復活して、

who were getting back together,

 

ライブすることになったんですけど

I went to see their gig,

 

そのバンドを見に行って

もめっちゃパンクで激しい感じでやっていて、

I went to see that band.And they were playing in avery punk and intense way.

 

あの。。

Um

 

なんというかまた同じようにパワーをもらった気がしました。

I felt like I had received some kind of energy from them.

 

あの。。

Um

 

その時に思ったのは、

And that’s when I thought

 

そういう若いバンド

Those young bands,

 

見るときにいつもそういう元気な感じはして

I always feel that kind of energy when I see them,

 

若いからそういう感じかなと思っていたんですけど

I thought it must be because of their youth,

 

年いったガンガン激しい感じパンクでやってるバンドを見て

But when I saw this old punk band letting rip

 

すごいかっこいいと思いました。

i thought it was really cool.

 

やってることかもしれないですね。So, maybe it’s actually what you are doing.

 

そうですね。

Yes, that’s true.

 

あとマラソンに出た時も

And when I ran in a marathon,

 

自分よりもすごいスタイルが良くて

When I saw older people with a great running style,

 

めちゃくちゃ頑張ってるおばちゃんとか見ると

older women just really giving it their all,

 

なんか元気をもらいましたね?

it really gave me energy too.

 

同じ感じかな、多分。

That might be the same feeling.

 

ちょっと話がズレましたね。

I’m sorry, we’re a little off topic.

 

すいません。

Excuse me.

 

じゃあ次、いきましょうか?はい。

Shall we go on

 

はい

yes

 

ワイヤーに吊るされた推しが

you could say the moment my idol 

 

頭の上を飛んでいった瞬間から

flew over my head on a wire

 

人生が始まったといってもいい。

was the moment my life began.

 

ちょっと変な印象ですけど。

It’s a bit of a strangequote but

 

You could say the moment my idol flew over my head on a wire

 

was the moment my life began.

 

たぶんこれは、あの。。

I think this was, you know,

 

小説の中の主人公が、

The protagonist in the novel,

 

若いときに主人公が

when she was young,

 

5 歳くらいで推しが 12 歳くらいのときに見て、

when she was about five and the oshi was about twelve, she saw,

 

多分ピーターパンの芝居で見て。

I think in a Peter Pan play,

 

ワイヤーに吊るされたのを見て、

her Oshi on suspended from a wire.

 

これを言ったと思うんですけど。

I think this is in reference to that.

 

その人を見て「人生が始まったといってもいい」、

She looked at that person and said, “It’s fair to say, my life has begun.”

 

という感じですね。

It’s like that.

 

これは強烈ですね。

This is intense.

 

強烈ですね。

It’s intense.

 

すごいいい文章ですけどね。

It’s a great piece of writing, though.

 

いい文章ですか。

Is it good writing?

 

どういうふうにいいと思いますか。

In what way do you think it is good?

 

それぐらいインパクトがあった。

That moment had such an impact

 

それくらい何か影響を受けた瞬間を、なんですかね、

that tremendous moment 

 

とらえているから。

is just captured. That’s why.

 

 

そう訳したときもちょっと、

And when I translated it

 

苦労したというか、ちょっと頑張りました。

i had a hard time, or rather,I worked a little harder.

 

This “You could say”…

 

最初は、

At first,

 

“the moment my life began was when this happened.”

 

という風に訳したんですけど

That’s how I translated it.

 

でもやっぱりこの「言ってもいい」というのが大事と思って、

But I thought it’s important to have, “You could say” in there

 

“You could say the moment my idol flew over my head,

 

flew over my head on a wire was the moment my life began.”

 

インパクト、インパクトがありますね、この文章。

Yes, this does have impact.

 

そうですね。

Yes, it does.

 

こういう

Such

 

思い出とかないですかね、さゆりさん、

Do you have any memories like this, Sayuri?

 

初めてさっき言っていたバーが食べた時、

Maybe the first time you ate that burger you were talking about before?

 

バーガー食べないです!

I don’t eat burgers! 

 

じゃないですか。

No?

 

さゆりさんの人生がそこから、じゃないですか?

That’s not where Sayuri’s life begins?

 

なかったですね。

No, It wasn’t there.

 

なんか面白くない人生ですいませんでもないです。

I’m sorry that my life is so uninteresting, but it’s not.

 

はい、次、行きましょうか?

Yes. Shall we go next?

 

はい、推しの見る世界を見たかった。

Yes, I wanted to see the world as my Oshi sees it.

 

I wanted to see the world my idol saw.

 

これは、

This is a…

 

推しの見る世界を見たかった。

I wanted to see the world as my Oshi saw it.

 

推しが見ているのを、自分もそのような目線から見たい。

I want to see my Oshi from that perspective as well.

 

ということですか。どう思いますか。

Is that what it means? What do you think?

 

これを推しじゃなくても、

This is true not just for oshis.

 

別に普通の人間関係でも

そうあり得るのかなと思ったんですけど

I think it’s also true in a normal relationship.

 

どうですか。

What do you think?

 

どういうふうに?

In what way?

 

例えば友達の考えその人から見たらどう思うだろうとか

For example, a friend’s thoughts,what that person would think of you.

 

どういうふうに見えているんだろうとかよく考えません。

You don’t really think about that, 

 

私だけ、わかんない。

is it only me?

 

でも、ありますね。

Yes, I do.

 

何か人と、

Something…

 

すれ違った人とか自分がぼーっとしているときにこの人は、

When you pass someone, or when you’re daydreaming

 

何かどんなことをしているんだろうとか

you think what is this person doing?

 

どんなふうにここに来ているんだろうとか?

Like, how did they get here?

 

そうですね。

Yes, that’s true

 

車で運転しているときに隣の車を見て。

when you’re driving in your car,and you look at the car next to you,

 

全然違う雰囲気の人が乗っていて

there’s a whole different type of person on board.

 

よくそういうふうに考えたり。。。

I often think like that

 

この文章をもし見る世界からもっと限定された感じですかね。

In this text, it’s more limited.

 

特に何かを作るときに、

Especially when you’re making something.

 

人の他の人の目を意識すると思います。

I think people are aware of other people’s eyes.

 

例えばこのビデオを作るときに他の人は、

For example, when making this video, 

 

どう思うかなとか

what will others think?

 

基本的に作品を作るときはよくいろんな作家さん自分のために、

Basically, when we create something, 

all kinds of creators often say that they are making their creations

 

作ってます。

for themselves

 

僕からしたらちょっと偉そうに言うんですけど

and, to me, that always comes off sounding a bit conceited.

 

どうしても何かを作るとき

When you make something,

 

作製するときは人の目を意識すると思います。

I think you are aware of people’s eyes when you make it.

 

そうですね。

Yes, that’s true.

 

私もそう思いますよ。

I think so, too.

 

なんか毎回 YouTube を作るときはちょっと簡単すぎたかなとか、

Every time I make a YouTube video,I feel like “maybe it’s a little too easy.

 

難しすぎたかなとか。

maybe it was too difficult.”

 

ね、考えるでしょ。

Yes you think about it right?

 

考えますね。見てくれている人のことを考えます。

I think about the people who are watching.

 

次は行きましょう。

Let’s go on.

 

はい、自分自身の奥底から生徒もフタもつかない膨大なエネルギーが

Yes, there’s a huge amount of energycoming from deep inside of me, that doesn’t know good or bad,

 

噴き上がるのを感じ生きているということを思い出す。

I feel it erupt and remind me that I’m alive.

 

From the death of my being, I feel a great energy,

 

that has no sense of good or bad,

 

come spurting up and I remember

 

what it is to be alive.

 

特に最後に来るのが印象的ですね。

It’s especially impressive what comes at the end. 

 

「生きるということを思い出す。」

“It reminds me of what it means to be alive.”

 

確かに。

Indeed.

 

さゆりさんは、

Sayuri-san

 

大きい、大きい質問ですけど

it’s a big question, but

 

いつまで生きるということを思い出すんですか。

When do you remember that you are alive?

 

最近思い出してないですけど、

I haven’t remembered lately, but

 

思い出してないですか。

You haven’t remembered lately?

 

思い出してよ!

Job your memory!

 

生きていますよ!

You’re alive!

 

生きていますけど。

I’m alive, but…

 

そうですね。ケガした時とかはよく考えますね。

I think about it a lot when I get injured.

 

話がずれるかもしれないけど

This may be off topic, but

 

怪我した時に何か身体って、何ですかね、

When you’re injured, what is the body, what is it?

 

普通にあるのが、何ですかね、

Just the fact that it exists

 

ラッキーなんだな、生きてるな。

is lucky.I feel alive.

 

その気持ちはわかります。

I know the feeling.

 

また話しがずれるんですけど、

I’m getting off track again but

 

精神障害者とか自分を切ったりすることがあるじゃないですか。

you know, there are times when people with mental disabilities cut themselves.

 

たぶん似たような気持ちでやっているんじゃないかなと思ったり。

I sometimes think that they probably feel similarly about it.

 

自分が本当に生きてますというのを感じたいかなと。

Maybe, they think they want to feel that they’re really alive.

 

ごめんなさいね、こんなくらい話出して

Sorry for bringing up something so dark.

 

でもそうかもしれないですね。

But you might be right.

 

確かに。

Indeed.

 

この正とも負ともつかない、

This “beyond just or failure”

 

というのがあるんですけ、訳した時は

when I translated it,  I said

 

Good or bad.

 

いいか?

Good 

 

悪いか?

or bad

 

ともつかないという風に訳したんですけど

I translated it that way

 

そういう意味ですかね。

is that what it means? “sei” and “fu”

 

この正と負とていうのはたぶん数学から来ていると思うんので

i think this is positive and negative from mathematics.

 

まあ、プラスマイナス。

Well, plus or minus.

 

いい悪いでいいんじゃないですかね。

So I guess good and bad is about right.

 

なるほどだからそういうの、そういう日常的な、

I think, so that kind of everyday,

 

常にいろんなことを判断している。

constantly making decisions about many things,

 

これがいいこれが悪いというのを忘れるくらい

that this is good and this is bad, that there are some things that are enough to make you forget about all that

 

生きているということを思い出すんですね。

that reminds you that you’re alive.

 

ここの主人公。

Like the protagonist here.

 

そうですね。

Yes.

 

普通の人生はたぶん本人にとってはつまらないと思っていて

She thinks that her normal life is, probably, boring

 

推しを推している瞬間は自分が生きている、

that moment when you’re supporting your oshi,that’s when you’re living, when you’re

 

生き甲斐を感じる瞬間なのでしょうね。

 life feels worth living.

 

夢中になっているということですね。

I think, like you’re totally absorbed in something.

 

そうですね。

Yes.

 

夢中になる時は

When you get carried away,

 

日常生活から逃げれる、ね。

you can escape your daily life, you know.

 

今、自分がどういう時に夢中になるかなと思ったり。

I wonder what kind of times I get carried away now.

 

思ったりしているんですけど

I’m thinking about it,

 

 

テレビ見るときぐらいしか思いつかないですね。

but the only thing I can think of is when I watch TV.

 

テレビを見るとき夢中になるんですか

You get carried away when you watch TV?

 

そうじゃないですか。

Isn’t that right for anyone?

 

みんな、誰でも面白いドラマとか見たら

If anyone sees a funny drama or something.

 

夢中になるじゃないですか。

You get carried away, don’t you?

 

確かに映画とか見ているとき。。。

Sure, when you’re watching a movie or something

 

でも自分はどれだけつまらない人かと、

But now I’m thinking about just how boring I am.

 

今ちょっと思いました。

That’s what I’m thinking

 

テレビ見ている時は夢中なっている。

“when I’m watching TV, I’m carried away”

 

私最近夢中なったGeoGuessrとか、

I’ve recently become obsessed with things like GeoGuessr.

 

ゲーム、地図の当てるゲームも夢中になりましたね、一時。

The game, GeoGuessr, alsogot me hooked, for a while.

 

ジオゲサ?

Geoguessr?

 

、ゆうすけさんとも対戦した。

I also played against Yusuke.

 

もしもゆうすけさんとも対戦したんですけど、

I also played against Yusuke.

 

じゃ、また見てみます。

Okay, I’ll take a look at the video.

 

何でやってるんですか。

What do you do it on?

 

任天堂の何かとか

Nintendo or something?

 

普通のウェブベースのゲームで

In a regular web-based game.

 

グーグルマップを使った場所を当てるゲームなんですよ。

It’s a game where you have to guess the location using Google Maps.

 

ストリートビューが出てきてここはどこですかみたいな。

Like, the street view comes up and says where is this?

 

じゃあ距離が分からないといけない。

Then we need to know geography?

 

そうですね。

Yes, you do?

 

僕は駄目です。

I’d be no good.

 

本当?写真を動かせる

のでそれで予測してどこだろうっていうゲームです。

Really?You can move the picture.It’s a game where you can move the picture and predict where it is.

 

面白いですね。

That’s interesting.

 

それをビデオでやったんですか。

Did you do a video of it?

 

ユースケさん、生放送しました。

With Yusuke, we broadcast live.

 

それは相当勇気がいるんじゃないですか。

That takes a lot of courage, doesn’t it?

 

いやいや、グダグダ喋りながら。

No, no, no…we were just banging on about this and that.

 

さっき読んだのは、全部小説の引用,
Everything we have just read has been quotes from a novel,

小説からピックアップした
selections from a novel

文章で
quotations.

次は実際に人がネットで
Moving on, we will look at quotes of what people have actually

言っている文章ですね。
been saying online.

読めますか。字が。。。
Can you read the words?

読めますよ。
Yes, I can read them.

読みます。
I’ll read them.

推しの笑顔を見ているだけで
Just looking at my oshi’s face

自然と笑顔になれるのだから
it just makes me smile.

推しにはどうしようもないぐらいに、
So I want my idol to smile

笑っていてほしい。
beyond all sense of reasonableness.

どうしようもないぐらい心からそう思うよ。
That’s how I feel from my very heart

おはようございます。
Good morning.

笑っている顔文字
Laughing emoticons

最後におはようございます。
Finishing with, good morning.

って面白いですね。
That’s interesting, isn’t it?

Just through seeing my idol’s smiling face

I can’t help but smile myself.

So I want my idol to smile beyond all

sense of reasonableness.

That’s how I feel

from my very heart. Good morning.

凄い朝のあいさつですね,これは。
That’s quite the morning greeting, isn’t it?

これは誰に挨拶してるんですかね。
Who are they talking to here, I wonder?

分からないですね。
I don’t know.

世界に、
To the world!

世界に、推しと世界に
To the world? To theoshi and the world?

多分同じように同じ人を推している人たち
Probably to the other people that are behind the same oshi.

に言ってるじゃないですかね。
Wouldn’t that be who they are speaking to?

そうかもしれないですね。
That sounds right.

僕、すごい好きな
Even if there are certain

アーティストとかミュージシャンとかいても、
artists and musicians I really like

ここまで常に笑っていてほしいと思ったことないですね。
It’s never been to the point of thinking about how “I want them to smile all the time.”

そうですよね。
That’s the truth!

わからないけど、
I don’t know.

でも要するにさっきこの小説に出てきた文章
Which is to say, the things written in the novel

そんなに過言してないですね。
are not over-exaggerations,

もう、普通にあることですね。
they are quite typical statements.

そうですね。
Yes, they are.

ちょっとエアコン切っていいですか。

寒くなってきた。

しました。

はい寒いですか。

今、

暑かったんですけどエアコンがちょっと効きすぎて。

普通は結構強烈に寒いです。

なんかすごいかわいいセーターを着てますよね。

いいでしょうこれ?

クリスマスみたい、

クリスマスみたいですよね。

ちょっと季節がずれてきている。

こっちのクリスマスは暑いかなね。

次読みましょうか。
Let’s read the next one, shall we?

はい。
Yes.

すごいな。海をバックにしても
Amazing. Even with the ocean as a background,

全然チャラさが出ずに
there is nothing cheap and nasty

こんなに優しくほほ笑んでくるのズルイな。
about the way my idol is able to smile with such warmth.

バージョンが 1 から 4 までで揃ったけど。
I’ve brought together pictures 1-4 here

どれをどこから見ても本当にイケ散らかしてるな。
whichever way you look he just exudes hip.

かっこいい。
He’s so cool.

スキが 、
I’m so into him.

一日のパワーになるのありがたいな。
And I’m so grateful for the energy that that gives me to get through the day.

推しがかっこよすぎて感謝してしまう。
My oshi is just too cool so much that I can’t help but feel a sense of gratitude.

そしてやはり3が歴代級。
And, no surprise, number three is of historic proportions.

まだこのパワーになるというのが出たんですね。
Once again, we have the idea of “receiving power”.

よくこういうふうに言っている感じですね。
It seems that a lot of people talk about that.

そのを推している人のパワーをもらう。
You get power from the person you are supporting.

笑顔になると笑顔になるみたいだね。
It’s like “when you smile, I smile.”

多分これ元々のツイートを見た方が、こんなツイートでした。
It might be best to look at the original Tweet, like this.

この写真が
This picture.

そうか、バージョンは何かの
Okay, so the “version” is something like,

何かシリーズだったんですね。
some kind of series.

何かなと思ったんですね。
I wondered what it was.

僕もよくわからないですけど
I’m not sure either.

これ 1、2、3 、4の何かのバージョンですね。
It’s some version of 1, 2, 3, 4…

で英語に訳した時は
When translating into English I wrote,

Amazing even with the ocean as the background.

There is nothing cheap and nasty about the way

my idol is able to smile

with such warmth.

I have brought together pictures 1 to 4 here.

Which ever way you look,

he just exudes hip.

He’s so cool.

I’m so into him.

And I am so grateful for the energy that

that gives me

I am so grateful for the energy that that

gives me to get through the day.

My idol is just too cool, so much that I

can’t help but feel a sense of gratitude.

And no surprise number 3 is at the level of

representing the next generation.


ne

好きなんですねっていうのが伝わってきますね。
You really get a sense of how much they love their Oshi.

言葉的に、
Linguistically.

いくつか、
There are a few things

面白いと思ったのがあったんですけど
I thought were interesting.

この「イケ散らかしてる」とか、
Like “ike-chirakashteiru” etc.

初めて聞いたんです。
It’s the first I’ve heard of this

イケ散らかしている。
“Ike-chirakashiteiru”

これは、たぶん普通っていうか、よく聞く。
this is quite normal, you hear it a lot.

何か散らかってるっていうのは
as in “Something-or-other chirakashiteiru”

ハゲ散らかしてるっていうのはよく聞きます。
You often hear “hage-chirakashiteiru”

ハゲ散らかしている?ハゲているということ?
“hage-chirakashiteiru”? As in, going bald?

めちゃくちゃハゲてる人のことを
Yes, people who are really balding a lot

ハゲ散らかしてるって言うんですけど
are called “hage-chirakashiteiru”

それは一般的な用語としてあります。
so that is a commonly used word.

イケ散らかしているはたぶんもっと上の、何だろう、
“Ikechirakashiteiru” is probably like the next step up,

イケメン過ぎ、イケメンをばらまいている感じですかね?
like “just too handsome”, it’s like they’re just giving off handsomeness all over town.

さゆりさんが最近イケ散らかしていますか?
Sayuri, have you been “giving off hansomeness all over town” of late?

これはイケさがたぶん男性に使うと思います。
I think this is something that is used for men

ああ、そうか?
oh, right.

女性は
Women…

わからない
I don’t know

この使い方が
about the correct usage

女性だったらなんでしょう
What would it be for a woman?

かわいくなり散らかしてる?
“Being cute all over town”?

なんか語呂。。。
But the sound of that phrase,

よくないじゃないですか、音が。
it doesn’t have a ring to it does it?

何と言うんですか
What would you say?

ちょっと無理やりでした。
I was trying to force that one!

ハゲ散らかすとかいけ散らかすがいい感じです。
But “hage-chirakasu” and “ike-chirakasu” are pretty good.

あとこのチャラ。チャラって
And this “Chara”

Cheap and nastyで訳しました。
I translated it as Cheap and nasty,

これは一つ決まり文句みたいな感じですね
which is like a set phrase

Cheap and nastyというのは
“cheap and nasty”

そうですね。チャライっていうと、
Yes, When you say “charai,

この意味のチャライはたぶん男性で女性のこと遊ぶような、
I think the word “charai” in this senserefers to a man who likes to fool around with women.

チャラチャラしている。
Someone who is a flirt.

品がないとかそういう感じかとそう思うですけど。
I thought it was more like “someone with no taste”

ちょっと違うか、
But I guess it’s different

品がないそうですし。
Yes, it also means, “with no class”.

そうですね。
Yes, it does

うーん難しい。
hmmm, it’s tricky

チャライというとそういう意味もあります。
Well, if you say “charai”, it also has that meaning.

品がないいうと、
It has the meaning of “no class” and also of,

女性
with women…

をなんて言うんですかね。
what would you say,

いつも女性がいる感じ。
like “there’s always women around”.

いいますね。
It’s used that way.

モテている。
As in popular with the opposite sex?

モテてる。テてるけど
yes, popular with the opposite sex, but

モ女性は、なんですかね、よくない扱いをする感じ 、
like, not treating women well.

たくさん彼女がいる感じもチャラいといいますね。
Someone who is really “playing the field” is called “charai”.

後、この「好き」を訳す時はいつも苦労するんですけどね。
Also, I always have a hardtime translating “suki”

Loveにするか、likeにするか。
Do you make it “love”? Do you make it “like”?

これは難しいところですね。
This is a difficult one.

本人に聞かないと分からないですね。
Well, there’s no way of knowing without asking the person in question.

訳したときはどっちも使わずに、
When I translated it, without using either I said,

I am so into himにしておきました。
“I’m so into him.”

なるほど。
I see.

めちゃくちゃ好きです。
“I really suki that person”

でもそれが、
for that…

愛しているかもしれないし、
They might be loving

Likeしているだけかもしれないし、
they might be liking

言い方にしました。
So I said it that way.

なるほどこれは翻訳難しいですね。絶対できない。
I see. This is difficult to translate. I could never do it.

できるでしょ。
You could do it.

で、この3歴代級
And this “san reki dai kyu”

3歴代級いあんまりわかんなかったですけど。”representing”
I didn’t really understand…representing..

次世代の人、に並ぶ、人。そういうのことですかね?人
The next generation, the next person in line?

歴代級は、今までの、
“rekidai-kyu” Does this mean

写真と比べてその中でも歴史に残るぐらいいっていう意味ですね。
compared to all the photos up until now this will go down as one of the most memorable

確か。
That sounds right.

Historicとか、そういう、
So like “historic”

そうですね。
yes, it is.

次行きましょうか?
Shall we go on?

じゃ、どんなに辛い日々が続いても、
No matter how many hard days come your way

どんなに嫌なことがあったとしても、
No matter the crappy things that have happened

本当に嬉しいことがあると
When you have something that makes you glad

人は自然とどうしようもなく笑顔になる。
You can’t help but smile

信じられないくらいに心の底から笑顔になる。
Almost beyond belief, you smile from the bottom of your heart.

どうしようもないぐらいに嬉しくて仕方がないんだ。
Beyond all sense of reason, you are just happy.

推しの力って半端ない。
My idol’s power, is no small thing,

どうしようもない。
there’s nothing you can do.

半端ない。
it’s no small thing.

また、推しの力とかパワーとかあったんですか?
So there here we have more about an oshi’s power or energy.

どうしたんですか。
What’s up?

これポエムみたいにうまいこと書いてますね。
This is written so well, like a poem.

そうですか?
Really?

そうですね。
Yes, I think so.

形式的に
Well, formally…

ポエムっぽいなと思いました。
I thought it was poem-like.

そうか?詞のつもりで書いたか?
Oh, so it was written with the intention of being a poem.

詩を意識して書いてるんじゃないですかね。
I think it’s written with an awareness of being a poem.

ちょっと、訳、読みますね。
Let me read the translation.

No matter how many hard days come your way,

no matter the crappy things that have happened,

when you have something that makes you glad

you can’t help but smile.

You can’t help but be happy.

My idol’s power is no small thing, no small thing.

また、その推しに力もらうというのが出ましたね。
Once again, we have the idea that you can get power from your oshi.

ピーターさん
Peter

感情が入っていました。
You’re reading had feeling in it

ピーターさんの音読も感情が入ってきました、最後。
there was a lot of emotion in it, towards the end.

入れようとしていました。
I was trying to put that in.

頑張りました。
I did my best.

ね、でも、ね
Hey, but, you know,

それが一番、その、パワーをもらおうというのが一番
it seems the thing about receiving power

大きいですかね。推しを推すこと。
is the big thing about supporting an oshi.

そうですね。
Yes, it does.

励ましになる。
It provides a consolation.

つらいことがあってもこういう
Even when things are hard, if you have

人がいるのが励みになる感じですかね。
this kind of oshi, it is a consolation.

たぶんこれが最後です。お願いします。
Ok. So, I think this is the last one.

推し活が辛くなったら
When your oshi activities becomes too hard,

それはお仕事ではなく推しごとですよ。
That’s not your oshi-life, it’s your work-life.

社畜ですよ、ただの。
It is no more than the consequence of your corporate servitude.

これがダジャレですか。
Oh, so this a pun?

初めて気づいたんですけどお仕事、推しごと
I never noticed. “oshigoto” and “oshigoto”

気づいていなかった。
I hadn’t noticed.

推ごと、お仕事こと。
oshi-life and work-life

ちょっとピッチが違うのかな。
I think the pitch of these is a little different

推し事ではなくお仕事、ではなく推しごとですよ。
“That’s not your oshi-life, it’s your work-life.”

ちょっとだけ。
I guess the accent is a little…

それを意識して書いてるでしょう?
but the writer is aiming for that?

うんそうですね。韻を踏んでいますね。
Yes, it’s rhyming.

When the business of being a fan becomes hard to bear.

that is not from being a fan in and of itself

It is because of your day job.

It is no more than the consequence of your

corporate servitude.

で、これいろんな面白いことがあるんですね。「推し活」
So, there are many interesting things about this. “Oshi-katsu”

「推し活」てあるんですか。
Is there such a thingas a “oshi-katsu”?

はい、なんでも日本は言葉作るので
Yes, Japan makesup words for everything.

「推し活」とか、よくあるのがコン活、パパ活。
“oshikatsu” or “konkatsu” or “papakatsu”.

ハバ活で何でしたっけ。
What was “papa-katsu” again?

シュガーダディを探すやつです。
That’s when you are here looking for a sugar daddy.

シュガーダディを探すやつです。
The one where you look for your sugar daddy.

じゃあ、僕がお父さんだからパパ活ができない。
Okay, so I can’t do Papa-katsu because I’m a dad?

間違ったらダメです。
No, that’s no good!

ごめんです、ごめんです
This is one you don’t want to get wrong.

「推し活」。あと
“Oshi katsu”. Also,

推しごとっていうんですか?
“oshigoto”?

これは初めて見た言葉なので、よく分からないけど
This is the first time I’ve seenthis word, so I’m not sure.

推しごとではなく、お仕事ですよ。
but “oshigoto de wa naku, oshigoto desu yo”

うまいこと言いますね。面白いですね。
That’s a clever way of saying it. It’s interesting.

この社畜も面白い言葉ですね。
This “Shachiku” isalso an interesting word.

社畜ですね。
Yes, “shachiku” eh?

「社畜」。社会とか会社で飼われている畜は、なんですかね、
“Shachiku”, It’s like being held in captivity by society or a company

豚とか牛とかのイメージがあるので。
“chiku” is like, I have an image of like a pig or a cow

会社の動物って
So like a “company animal”

会社、そういうことです、ようは
That’s about right.

Corporate slaveとかで訳したりするんですけど。
It’s sometimes translated as a “Corporate Slave”

Corporate servitudeとして訳しました。
I translated it as “Corporate servitude”.

辛くなっているときはそういう推し活
So it’s saying, when things get hard, it’s not because of your activities as an oshi

推しを推しているからじゃなくて
it’s because your

他の日常
everyday life

生活がダメです。
is no good

そういうことですかね?
Is that right?

日常生活にも支障が出ているからそれは、何ですか、
Yes, It’s also interfering with yourdaily life, so that’s, well,

ダメです、ということですね。
I mean, it’s not good.

よくないよってことですね。
Not good.

以上で
Let’s finish there.

これくらい、ちょっとツイッターから、「推し」に関してのツイートを
So we’ve taken about this much from Twitter about “oshi”

ピックアップしました。

面白いですね。日本の「推し文化」と言っていいですかね。
It’s pretty interesting. I guess you could call it Japan’s “oshi culture”.

本当に勉強になりました。
I really learned a lot,

たくさんの掘り下げて。
after digging right down into it.

こっちこそ勉強になりました。
I think it’s me who’s learnt the most.

もうすぐ、ちょっと、終わった方がいいと思うんですけど、
I think we’d better finish up but,

僕の好きな英語の作家
amongst my favourite English language writers

Alain De Bottonと言う人がいるんですけど
there’s one by the name of Alain De Botton.

彼がいろんな,
He’s got a lot of things to say about,

何でしょうね、芸能
What would you say, celebrity,

有名さ、有名になるになるというのは何か。
fame. What does it mean to be famous?

あと、
And

みんな何で有名人、そこまで好きになるか。
What is it with people andcelebrities and loving them so much?

それがどういう社会的な役割を果たしているか
What social role does it play?

の話とかをしているんですけど、
He talks about things like that.

ちょっとその文章を読んでみます。
So let me read something.

The impulse to admire is an ineradicable

and important feature of our psyches

Ignoring or condemning it won’t kill it off

it will simply force it underground

Rather than try to suppress our love of celebrity,

We are used to thinking that anyone

who “copies” a celebrity

is sad and inauthentic

but in its highest form, imitation founded on admiration

is integral to a good life.

To refuse to admire, to take no interest

in what distinguished others are up to, is to shut ourselves off,

grandly and implausibly, from important knowledge.

だから、彼が言うには、そういう、
So, you know, this says

誰でも
everyone

英雄が必要です。
needs heroes.

ヒーローは必要です。誰かこういう人に
Heros are a necessity. To have someone

のようになりたい人がいるのは、
that you want to be like

ごく当然のことですと言っていますね。
is only natural, is what he says.

だからそういうのを抑えようと、無理に抑えようとしたら、
So if you try to suppress thosethings, if you try to force them down

変になるから、それを意識して、
They will become strange, so you should be aware of that,

誰かを推しってかったら、推したらいいし、
if you want to be someone’s oshi, then you should be someone’s oshi.

でも誰を推すかを決めてこの人すごい
But you have to think about who you will be an oshi for, someone amazing,

いいことをやっているから
someone doing something really good,

いい人だから推しているにしなさいと言っています。
someone who is a good person, so you get behind them. He says it should be like that.

どうですか。人格が大事ってことですか。
What do you think? So your oshi’s character is important?

いいことをやっているとかその人の人格が人格なんですかね?
They are doing good. That person’s character is…

性格というよりその人に合っていること人格
It’s not about personality, it’sabout what they do.

そうですね、人格だと思いますね。
Yes, I think it’s about character.

なにか辛いことを乗り越えた人とか
Say, someone who’s risen above something tough.

世のために何かをやっている人とかを推して
Or someone who is doing something for the world at large. You get behind them.

自分もそうなれるかどうか
And think about whether you could be like them,

想像しなさいとか。
that you should imagine that.

そういうことを言っていると思います。
I think that’s what he’s talking about.

なるほど。
I see.

たぶん軽蔑してこの人、何、
So I think people look down on others and say

すごいオタクとかこの人が、
“that person’s such a nerd, or a geek.”

ただのファンですとか。
or “they’re just a fan”

何か軽蔑して言う人が多いと思わないですか。
don’t you think a lot of people say that with some disdain?

ただのファンですっていうの
What do you mean?

自分で私はただのファンですってことですか。
“Just a fan”? Like they say to themselves “I’m just a fan”

いや。
No,

ある人があんまりにも人に夢中になってその人のファンになって。
One person is so enamored with another person,they become that person’s “fan”,

その推してる人が、
the guy you’re an “oshi” for,

なんでしょう?
what would you say,

重みがないとも思われるとかそういうのはないんですか。
they’re thought of as having no gravitas, don’t you think?

軽いことで打ち夢中になっているのはよくないとか。
Like, “it’s not good to get obsessed with trivial things”.

別にいいんじゃないですか?
There’s nothing wrong with that is there?

そのファンによりますよね。そのファンが
It depends on that fan,doesn’t it? If that fan,

アイドルとか自分の推しに命をかけたい人もいるし
some people want to put their lives on theline for their idols or their oshi and

ただパワーをもらっているぐらいの人もいるし
some people just want to get energy from them.

それはたぶんその人が決めること。
That’s probably what that person decides.

その辺で終わりましょうか。
Well, let’s end it there, shall we?

はい、ありがとうございます。
Yes, thank you.

これからさゆりさん推しますから。
I’m going to be an oshi for Sayuri from now on.

やめてください。
Please don’t.

怖いです。
I’m scared.

怖いか、ごめんなさい。
Oh you’re scared? I’m sorry.

「応援します」でした。
That should have been, “I’ll be a Sayuri supporter from now on.”

応援ありがとう。
Thanks for the support.

ピータさんのチャンネルも応援してます。
I also support your channel, Peter.

はい。
Yes.

録画ここまでにしましょうか。
Let’s end the recording here, shall we?

 

Follow Japanoscope on social media:

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts doing a Masters Degree, have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1). I’ve written songs in Japanese and have released several albums through Tokyo label Majikick Records. You can hear my music at my bandcamp page:

ピータージョセフヘッドです。4年間京都市立芸大の大学院として日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

僕の音楽はBandcampで聞けます。

Naomi Osaka Japanese Tweets

Translating Japanese Tweets About Naomi Osaka

大坂なおみ選手についての日本語ツイートを英語に訳す

 

Today I’m going to read through and translate some of the Japanese Twitter commentary about Naomi Osaka pulling out of the French Open.

This caused a stir when it was reported that Osaka faced fines and disqualification from the tournament for refusing to do press conferences. This ultimately led to her saying that she was pulling out of the Open due to mental health issues.

As always on the internet, people voiced every opinion under the sun about this. Generally, the ark of commentary went from being quite anti Osaka when she first refused the press conference to being more sympathetic once she announced she was struggling with depression.

Personally I think that they could pay the players that want to do the press conferences extra for their troubles, but not make it a requirement of playing. Because, at the end of the day playing tennis and speaking to media are two very separate things.

Anyway, let’s look at what Japanese people were saying online.

Follow me on social media to see my translations of Japanese social media posts in real time.

An example of some of the colorful language people use on social media. I translated こいつ as “this character”, but could have gone with “joker” or, if I wanted to be crass about it, “asshole”.

Don’t you love it when there are parallels in language? In English, we have the quasi-religous phrase “all that’s fair must fade”, meaning bad things can happen to anyone, even you. In Japanese they have the phrase 盛者必衰 (じょうしゃひっすい)

Lots of references to Nettouyo. “Right wing netizen”. One of the many wonderful Japanese portmanteau. A combo of “Net” and “Uyoku”, meaning right wing. Language wins again.

「日本人らしくない」is un interesting phrase. In Australia, people sometimes refer to people they don’t agree with as “Unaustralian”. Strikes me as similar.

I found it interesting that a Japanese person was using this phrase:

いかに世界と乖離した感覚で日本人が生きているかよく分かる例。

“This is a prime example of how Japanese people live with a sense of being separate from the world.”

As non-Japanese people we often feel this sense of Japanese people seeing us as somehow fundamentally seperate to them. Here’s a Japanese person voicing the same idea.

 

And one tweet to finish off with a positive message!

Follow Japanoscope on Socials For Latest Content!

Want more Translations? Try a topic from this list:

Language Learning Program Reviews

Latest Posts

Songs In Translation

smells like teen spirit 和訳

スメルズライクティーンスピリット 歌詞の徹底解説 。ネットですでに存在しているNirvana Smells Like Teen Spiritの和訳を見ましたが、どれもいいところと悪いところがあって、かなり間違っているのも多いと思いました。
自分の納得行く訳を作ろうと思いました。

Read More »
JLPT3

Magic Party Believe In Paradise

https://youtu.be/9judaFLVS_4 If you haven’t skipped the ending credits after watching “Midnight Diner Tokyo Stories” (深夜食堂 Shinya Shokudo in Japanese) season 1 you will remember the bold, female vocal

Read More »
Language

Japanese Song Lyrics

An ever growing list of Japanese Songs translated into, and performed in, English. Most songs presented with a detailed background to song context and history.

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

What’s Trending in Japanese Social Media #3

What's New In Japanese Social Media? #3

日本のSNSまとめ in 英語 and 日本語

Some of the hashtags I’ve seen trending on Japanese social media this week include
#倫理観が無すぎる
#I can’t believe the lack of all sense of ethics

#か突然ですが占ってもいいですか
Excuse me, can I tell your fortune?

#てりやき食べたくてすみません
“Sorry, I just want to eat Teriyaki”

#ネットにつなげると便利なもの
#It would be handy if you could connect this to the internet

#新幹線運転士
Shinkansen driver

Follow me on social media to see my translations of Japanese social media posts in real time.

https://twitter.com/japanoscope
https://www.instagram.com/japan.oscope/
https://www.pinterest.com.au/japanoscope/
https://www.facebook.com/japanoscope/
https://www.youtube.com/channel/UC0rPzOftAFIF2zHwQpeu6eQ

Follow me on social media to see my translations of Japanese social media posts in real time.

#倫理観が無すぎる #I can’t believe the lack of all sense of ethics

Rainy Season Comes Early In Japan

Beautiful Japanese Quote

#か突然ですが占ってもいいですか Excuse me, can I tell your fortune?

#てりやき食べたくてすみません “Sorry, I just want to eat Teriyaki”

#新幹線運転士 Shinkansen driver

Follow Peter's Japanoscope on Socials For Latest Content!

Want more Translations? Try a topic from this list:

Language Learning Program Reviews

Latest Posts

Songs In Translation

smells like teen spirit 和訳

スメルズライクティーンスピリット 歌詞の徹底解説 。ネットですでに存在しているNirvana Smells Like Teen Spiritの和訳を見ましたが、どれもいいところと悪いところがあって、かなり間違っているのも多いと思いました。
自分の納得行く訳を作ろうと思いました。

Read More »
JLPT3

Magic Party Believe In Paradise

https://youtu.be/9judaFLVS_4 If you haven’t skipped the ending credits after watching “Midnight Diner Tokyo Stories” (深夜食堂 Shinya Shokudo in Japanese) season 1 you will remember the bold, female vocal

Read More »
Language

Japanese Song Lyrics

An ever growing list of Japanese Songs translated into, and performed in, English. Most songs presented with a detailed background to song context and history.

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

What’s Trending In Japanese Social Media? #2

What's New In Japanese Social Media?

日本のSNSまとめ in 英語 and 日本語

#池江選手 Rikako Ikee, the Japanese Olympic swimming star people have been asking to stand down from competing in the Games.
#メイドの日 Maid day – so named because it falls on the tenth (Tou in Japanese) day of May (Mei). It’s kind of like a Japanese version of May 4th Star Wars day, but with sexier outfits.
#国会騒然 Japanese parliament descended into a moment of chaos this week when Renho parliamentarian asked Prime Minister Suga a question and replied with a pre-written answer to a different question.
#俺の股間 This one translates as “My nether regions”. Very internet.

Follow me on social media to see my translations of Japanese social media posts in real time.

Rikako Ikee asked to pull out of Olympics

In 2018 Rikako Ikee won six gold medals at the Asian games – a new record. In 2019, she was diagnosed with Leukemia. In 2021, she qualified for the Olympics and became a national hero. She was also called on by a lot of people to withdraw from and denounce the Olympic Games because of Covid. So she put out this statement:

My Nether regions are...

The hashtag #俺の股間がの後に曲名を入れると性的 was trending this week.

It translates as my nether regions are…(place name of famous song here to make sexy sentence). So I gave it a go with the Beatles in English and Japanese –

May 10 is "Maid Day"

The West has Star Wars Day, Japan has Maid Day. Make of that what you will.

This Maid Cafe worker tweeted about how she had to struggle to be allowed to work in a Maid Cafe.

Chaos in the Diet

Things got heated in the Diet this week when Renho parliamentarian asked Prime Minister Suga a question and replied with a pre-written answer to a different quesion.

Government Admits Less Trains Equals More Congestion. Suprise!

There’s some more stuff in the video/podcast version of this. Please let me know if you like this “Social media roundup” format!

Follow Japanoscope on Socials For Latest Content!

Want more Translations? Try a topic from this list:

Language Learning Program Reviews

Latest Posts

Songs In Translation

smells like teen spirit 和訳

スメルズライクティーンスピリット 歌詞の徹底解説 。ネットですでに存在しているNirvana Smells Like Teen Spiritの和訳を見ましたが、どれもいいところと悪いところがあって、かなり間違っているのも多いと思いました。
自分の納得行く訳を作ろうと思いました。

Read More »
JLPT3

Magic Party Believe In Paradise

https://youtu.be/9judaFLVS_4 If you haven’t skipped the ending credits after watching “Midnight Diner Tokyo Stories” (深夜食堂 Shinya Shokudo in Japanese) season 1 you will remember the bold, female vocal

Read More »
Language

Japanese Song Lyrics

An ever growing list of Japanese Songs translated into, and performed in, English. Most songs presented with a detailed background to song context and history.

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

Japanese Social Media Roundup 1

What's New In Japanese Social Media?

日本のSNSまとめ in 英語 and 日本語

There’s been trending hashtags on Japanese Twitter recently for the Olympics, changing the Japanese Constitution, Nakiri Ayame’s new clothes, and who’s the best Token Ranbu character to hook up with.

Follow me on social media to see my translations of Japanese social media posts in real time.

Should Tokyo Olympics Go Ahead?

五輪やってもいいかやらない方がいいか?

There are various views being expressed about whether the Olympics should go ahead in the midst of the Corona virus. This image got a lot of traction on Twitter. It shows a crudely erected sign in a hospital with a blunt message about the olympics. I also saw another tweet saying they believed this was a hospital connected to the Communist party, and that they may be using the hospitals for political purposes. Where this sits on the spectrum of false news is hard to say…

Quite a few people seemed to draw a parallel between language used by Japanese wartime administrations and the current government. Perhaps that’s not surprising, given sport’s analogue nature with war…

This tweet used more colorful language by calling Liberal Democratic members カス or scumbags and Prime Minister ガースー “Gasu”, presumably as an inversion of the Prime Minister’s name? Subversio, inversion, potato, potaato, it’s all the same.

Japanese Borders & India

日本水際とインド

There was plenty of fretting over the borders in Japan this week, as is happening around the world.

Which Character from Token Ranbu Do You Want To Marry?

結婚したい刀剣男士

One of the great trending hashtags in Japan this week was the intriguing-to-the-layman #付き合いたい刀剣男士結婚したい刀剣男士, translating as “Swordsmen that you would like to hook up with, Swordsmen you would like to marry”. These are the hashtags that make us love Japan. It is in reference to the online game franchise Touken Ranbu “Dancing Riot of Swords”. The tweets gave a strange little insight into what some Japanese women (or non-women lovers of men) want in a man, as people espoused there reasons for why that would love, or get turned on by, which character from the game, and for what reason…

New Music From Yumo's Koji Shibuya

ユンボの澁谷浩次から新しい音楽

I love the band Yumbo. I’ve had the pleasure of playing music with front man Koji Shibuya in the  city of Sendai in the past. He is the bomb. So it’s great to hear he has new music coming. In the mean time, you can hear their music, and a lot of other great Japanese independent music, on the Minna Kikeru site

Japanese Constitution

日本拳法

One of the days that makes up the curiously English-titled Golden Week, is the Constitutional Memorial Day. Which inevitably brings up discussion of the Japanese Constitution. Usually centered around the 9th Amendment, which limits Japan’s ability to maintain an active army. The hills were alive with a-twittering on the issue this week. Most of the Tweets here actually talk about different articles of the constitution. They’re just the ones that caught my eye….

Nakiri Ayame's New Clothes

百鬼あやめ新衣装

Mid-week saw a big spike of the popularity of hastag #百鬼あやめ新衣装 or “Nakiri Ayame’s new clothes”. Nakiri Ayame is a vTuber. Which is an anime doing live streams on youtube with an actor providing a cute voice. The live stream this week went for four hours as the character’s new outfit was gradually revealed. That’s one big bucket of nori flavored popcorn.

The best part of it all was that I became familiar with かっこかわ for かっこういい and かわいい combined, and まじかわ for まじで and かわいい. 

Language lives.

That’s about the size of what caught my eye. Follow along here to see me Japanese social media translations in real time.

Follow Japanoscope on Socials For Latest Content!

Want more Translations? Try a topic from this list:

Language Learning Program Reviews

Latest Posts

Songs In Translation

smells like teen spirit 和訳

スメルズライクティーンスピリット 歌詞の徹底解説 。ネットですでに存在しているNirvana Smells Like Teen Spiritの和訳を見ましたが、どれもいいところと悪いところがあって、かなり間違っているのも多いと思いました。
自分の納得行く訳を作ろうと思いました。

Read More »
JLPT3

Magic Party Believe In Paradise

https://youtu.be/9judaFLVS_4 If you haven’t skipped the ending credits after watching “Midnight Diner Tokyo Stories” (深夜食堂 Shinya Shokudo in Japanese) season 1 you will remember the bold, female vocal

Read More »
Language

Japanese Song Lyrics

An ever growing list of Japanese Songs translated into, and performed in, English. Most songs presented with a detailed background to song context and history.

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

Jun Togawa Suki Suki Daisuki

戸川純 好き好き大好き
Togawa Jun Suki Suki Daisuki

Who is Jun Togawa?

Jun Togawa was once asked in an interview whether she was an “Idol” or an “artist”. She replied, “would it be bad if I said I was both?”.

She is one of those people that you can truly say straddles the boundary between pop and art,in a similar way to, say, a Bjork, or a Lady Gaga or even her country woman Kyary Pamyu Pamyu. In her ability to constantly change form and shape shift into various pop and sub cultural forms, there’s also a bit of Madonna or David Bowie about her. Vocally, she often uses a tight warbling vibrato that sounds to my ear similar to Johnny Rotten. Certainly, there is a punk sensibility about a lot of what she does. Like most great artists, she is an exquisite mish-mash of various seemingly disparate but somehow destined to meet elements.

日本語の解説は下記にあります。

Approx Japanese level

Themes

Suki Suki Daisuki Japanese

好き好き大好き

 

常識をはるかに超えてつのる想い

突然変異的に勃発したバラ色の恋

もはや暴力的とも言える程の純愛

既に昭和史に刻む勢いのジュ・テーム

 

Kiss me 殴るよに唇に血が滲む程

Hold me あばらが音を立てて折れる程

好き好き大好き 好き好き大好き

好き好き大好き

愛してるって言わなきゃ殺す

 

日常を打破して具体化するエロス

本能で重ねる情事 無限地獄

アンチニヒリズムの直観認識は

潜在的幼児性暴力癖を誘発

 

Kiss me 殴るよに唇に血が滲む程

Hold me あばらが音を立てて折れる程

好き好き大好き 好き好き大好き

好き好き大好き

愛してるって言わなきゃ殺す

 

Kiss me 殴るよに唇に血が滲む程

Hold me あばらが音を立てて折れる程

好き好き大好き 好き好き大好き……

 

Suki Suki Daisuki English Translation

Love You, Love You, Really Love You

Beyond all common sense, this feeling just keeps getting worse

A sudden and strange mutation, a rose coloured love escalation

A love so pure and violent

I wonder if I can survive it

A je t’aime that could cut right through

The showa epoch too

Kiss me, like you’re hitting me

Till the blood comes running from my lips

Hold me, till my ribcage

Makes the sound of bone as it breaks

Cause I love you love you really love you

You better tell me that you love me or I tell you that I’ll kill you

Pummelling the everyday 

An eros getting more concrete 

An instinctual affair

Over and over in a hell endless

A direct premonition

Of anti-nihilism

Awakens a latent devious fixation

Kiss me, like you’re hitting me

Till the blood comes running from my lips

Hold me, till my ribcage

Makes the sound of bone as it breaks

Cause I love you love you really love you

You better tell me that you love me or I tell you that I’ll kill you

Kiss me, like you’re hitting me

Till the blood comes running from my lips

Hold me, till my ribcage

Makes the sound of bone as it breaks

Cause I love you love you really love you

You better tell me that you love me or I tell you that I’ll kill you

「アイドルなのかアーティなのか、どちらなんですか」とインタビュアーの方に訊かれたときも「両方、ってわけにはいきませんかね」と答えました(笑)。 Jun Togawa was once asked in an interview whether she was an “Idol” or an “artist”. She replied, “would it be bad if I said I was both?”.

Jun Togawa Background

Jun Togawa As A Purveyor of Toilet Technologies

From the early 80s, she managed to work within and without the system as an actress, a singer, creator and destroyer of aesthetic worlds. In Japan, strangely, her early career was often associated with her role in toilet commercials. She appeared in ads for the company Toto, who had just created a questionably revolutionary toilet innovation called the “Washlet”, an electronic bum cleaner that was a forerunner to the high tech toiletry that Japan has come to, also strangely, become well known for. Her television talk show appearances of the time inevitably started with hosts referencing the tagline from the commercials 「オシリだって洗ってほしい」, which translates as “Your butt wants some cleaning-love too”.  Such are the ignomonies an artist attempting to make their way in the world must endure. The thrust of the advertisements was the fairly convincing argument that “you wouldn’t just wipe your hands clean if they were covered in the bog, so why don’t you wash your arsehole you dirty slobs”. 

Jun Togawa as Singer

In appearances singing on Japanese television during this time, she often seems to be making herself up to look like many of the cute girl-idols of the time, but with a glint in her eye. Flying just south of all out parody and just north of purist sincerity, you get the sense that no one quite realised that, on some level, she must have been taking the piss.

Musically, she got her start singing at the ultra hip, Nylon 100% cafe in Shibuya, Tokyo. She impressed the cognoscenti patrons of the coffee shop such as young musician Koji Ueno by singing a 1940’s imperial Japanese ballad called Soshu Yakyoku.  A song written for the film Shina no Yoru “China Nights”, which you can see here,  and originally sung by iconic pan-asia-atlantic star Yoshiko Yamaguchi, Soshu Yakyoku isn’t what you would expect to hear a young up and coming singer cutting their teeth on.

Jun Togawa & Guernica

Togawa started a group called Guernica with Ueno, where they dressed like a couple of clean-cut war-era Japanese entertainers. They played covers and original songs based on the music of the time, but all of it was given a disembodied, and electronic, twist.

The feeling of futuristic nostalgia that pervades Guernica’s music would go on to be one characteristic of much of Togawa’s work to the present day.

Jun Togawa’s Most Well Known Song – Suki Suki Daisuki

The song Sukisuki Daisuki is the title track from the 2nd album released under Togawa’s own name. The album is number five if you include her work with ゲルニカ and ヤプーズ. Sukisuki Daisuki has become perhaps her most iconic song internationally.

Suki Suki Daisuki Meme

Suki Suki Daisuki inspired a meme of the same name in the late Twenty-Teens where various various international manga and anime artists created a myriad of more or less cute-cum-grotesque images to go with the song’s iconic pre-chorus and chorus.

Suki Suki Daisuki & The Concept of “Yandere”

The song is a precursor to what came to be known as やんでれ Yandere, predominantly in the anime world, in the new millennium. Yandere is a portmanteau of the words 病んでいる, meaning sick or suffering, and でれでれ, meaning flirting, fawning or being lovestruck. On the surface, the word sounds linguistically pretty close to the English word “Love Sick”, but it has a different nuance to it. It suggests a sort of stalkerish sensibility in a lover. It hints at something dark, sinister, and sadistic. Characters of this type, especially female characters, perhaps reflecting the male sensibility of many of the people creating the comics, are prevalent in the anime world.

Though the term ヤンデレ hadn’t been coined when Jun Togawa released “Suki suki daisuki” the song offers a good representation of the Yandere concept. Indeed, the song has played a role in the creation of the idea in Japanese popular culture. It is most clearly crystallized in the iconic end line of the chorus. “You better tell me that you love me or I tell you that I’ll kill you.” Stephen King and Annie Wilkes couldn’t have said it better in “Misery” (though Annie probably would have been a lot cuter if the story had been set in, say, suburban Saitama).

Suki Suki Daisuki Lyric Notes

The lead up to the chorus is visceral in its imagery: 

Kiss me 殴るよに唇に血が滲む程

Hold me あばらが音を立てて折れる程

Kiss me, like you’re hitting me

Till the blood comes running from my lips

Hold me, till my ribcage

Makes the sound of bone as it breaks”

At the same time as being raw and physical, it’s also comes across as intellectually cerebral, with line like:

本能で重ねる情事 無限地獄

アンチニヒリズムの直観認識は

An instinctual affair

Over and over an hell endless

A direct premonition

Of anti-nihilism

“Anti-nihilism” isn’t a word that finds its way into a lot of pop songs.

Suki Suki Daisuki’s Strangest Line

It was probably the following line that gave me the most trouble to translate:

潜在的幼児性暴力癖を誘発

In my translation of the song I’ve gone with “Awakens a latent devious fixation”. But this is a bit of a sanitised, generalised version of Togawa’s original Japanese. 

The original has two interpretations that you could take, depending on where you place the “性” that comes between the words 幼児 and暴力癖.

The less confronting interpretation you get by attaching the 性 to 幼児 gives you the word “infantile” making a sentence meaning something like:

“Invites a latent infantile violent propensity” 

If you attach the 性 to 暴力, you get the word 性暴力, meaning “sexual violence” or “sexual assault”. In this translation  幼児 and 性暴力 would needed to be translated as “infant sexual violence”, or paedophilia, which you would need to translate as:

“Awakens a latent paedophilic urge.”

Ouch. I’m not sure that would fly in the Western pop charts, then or now.

But there is no shortage of Japanese people confused about this sentence also. See this thread (in Japanese) on Yahoo Answers (or Yahoo 知恵袋 in Japan) where someone has has posted a question asking what the line means. The answerer refers to a quote from Jun Togawa’s own book that (and which you can read an outstanding translated excerpt about the song here, also see juntogawaforever translation of the song here), thankfully, confirms that the line is closer to “Invites a latent infantile violent propensity” translation.

『それと言葉でいう幼児性ね。最近は全然暴力ふるいませんけど、幼児的な暴力癖があるんじゃないかという気がするので、意識の上では謙虚にしなきゃなと思いますよ。』

“The word is “”Infantile””. I haven’t exhibited any violence at all of late, but I feel like I must have some kind of infantile propensity towards violence within me, so I think I should keep a sense of modesty at the front of my mind.”

So, that is a relief.

Not that Jun Togawa seems to have many concerns about broaching taboo subjects in her lyrics. The title track from her debut, and previous to Suki Suki Daisuki, album was Tamahime-sama, which was a song about menstruation. In the intro video that accompanies the song Suki Suki Daisuki, Togawa holds a cat and tells us that she is moving from the theme of “menstruation” on the last album to the theme of “Eros” for this one. 

Now that’s a transition of themes that proves that she is indeed an “artist”, even if sonically she was aiming at something akin to an “idol”.

Other notable Versions of Suki Suki Daisuki

In 2013 the Japanese Idol girl group BiS did an unlikely collaboration with legendary noise band 非常階段 Hijokaidan to form the BiSKaidan and cover Jun Togawa’s Suki Suki Daisuki. The result sounds like this:

This inspired Jun herself to team up with Hijokaidan to form 戸川階段 Togawa Kaidan and record a version that seemed to dispense with cute veneer of the song and do a version of the song that sounds like some kind of bedraggled Yakuza hag singing the song to an unfaithful lover in a dark before committing grizzly murder.

Vampilla has also lent their slew of guitars to give the song a slow doom rock vibe as evidenced by this clip of them playing the song live in 2018:

Other Jun Togawa Connections & Stuff

Togawa has also worked with other artists we have looked at on Japanoscope including Haruomi Hosono who has produced music for Guernica. 

She has also worked with groups such as Halmens:

Jun Togawa is also written a lot including publishing several books of essays and works about her own life:

世界の「好き好き大好き」:戸川純の歌の英訳と背景

戸川純はかつて インタビューで「あなたはアイドルそれともアーティストですか」と聞かれたことがあります。そして彼女は「両方と言ったら悪いかしら?」と答えました。

 

彼女は本当にそういう2つの世界にまたがることができるアーティストだと思います。

おそらく、 レディー・ガガとかビョークとか、戸川純さんと同じく日本人の きゃりーぱみゅぱみゅ、といった感じの人かもしれません。さらに彼女は全く異なるイメージになりきる能力 を持っているところはマドンナ、あるいは デヴィッド・ボウイと似ています。そして、彼女の歌い方にはひとフレーズごとにちょっとした音の震えるようなビブラートがあり、どこかジョニー・ロッテンを彷彿させます。また、彼女の振る舞いには、どこかパンク的な要素がある気がします。他の著名なアーティストと同様に彼女は様々な異質な要素を寄せ集めて、新しく絶妙で彼女独自のものを作り出します。

80年代戸川純とマスコミ

80年代初頭から芸能界の表舞台だけでなく、マスコミから離れた場所でも、彼女は女優として、歌手として、クリエイターとして 美的世界の創造者として、また時には破壊者として活動を続けてきました。

面白いことに、彼女が芸能活動を始めて間もないころ主にトイレのコマーシャルで世間一般に知られるようになりました。彼女は当時、TOTOの「顔」のような存在となっていました。TOTOは当時、革新的なトイレ「ウォッシュレット」を販売開始したところでした。これは、お尻を洗う小さなノズルが出てきて、水を吹き出すというものです。「ビデの自動化」といったようなものです。コマーシャルに出てくる彼女はとても印象的でした。そして、必ずと言ってもいいほど彼女が出演するテレビのトークショーの殆どの 司会者はそのCMの広告のキャッチコピーについて言及しました。

「オシリだって洗ってほしい。」

英語訳すとEven your bum wants to be washedという意味です。

駆け出しの若いアーティストたちにとって少し恥ずかしいものだったに違いありません。(しかし、この広告のフレーズは確かに説得力がありました。手にウンチが付いていたら自分の手で、紙を持ってきて拭いただけで終わることはないでしょう。 洗いますよね。 じゃあ、お尻も同じように洗えばいいのでは、と。)

 

しかし、当時の彼女が歌手として出演しているテレビ番組では、 アイドルのような格好で出演していました。 ところがそれは彼女がわざとそれを演じていたようにも見えます。パロディとして演じているのと、本気でやっているのと、二つが交わるところから少しずれているところで活動していました。

おそらく当時の世間一般の人々には、彼女のこのような感覚が上手く掴めなかったのでは、と思われます。 彼女とどう付き合えばいいか、どこに分類すればいいかよく分からなかったかもしれません。

 

ミュージシャンとしては、彼女は独創的な東京のカフェ「ナイロン100 %」にてデビューしました。「蘇州夜曲」という1940年代の日本の帝国的な歌謡曲を演奏しているところをミュージシャンの上野耕路さんに見つけられたのです。

それは「シナの夜」という映画の曲でした。英題は「China Nights」という映画。1940年の戦時の中国が舞台となっています。この曲は、普通なら若い新鋭ミュージシャンが歌うような曲ではありません。

それで上野さんの目に留まったのです。そして、二人がゲルニカというバンドを始め引き続き同じような音楽をやることになりました。

戦前の日本のポピュラー音楽のような音楽をやっていました。見た目もとても印象的で。当時の非常に真面目なミュージシャンに見えました。皮肉的で無表情だったからです。どことなく暗い感じがしました。

しかし、彼らはそれを未来的な意味でやっていたのです。電子音楽的な要素もあり、彼らの解釈で皮肉的に演奏していたのです。そのような美意識は、彼女のミュージシャンとしてのキャリアの中で一貫して多くの戸川さんの作品に見られます。 懐古的な未来主義とでもいうのでしょうか。

 

世界の好き好き大好き

「好き好き大好き」は彼女の名義で出したセカンドアルバムのタイトル曲です。「戸川純」として。もしゲルニカやヤプーズも含めるなら彼女の5枚目のアルバム、ということになります。彼女は、ヤプーズというバンドの一員としても活動していました。

これらのソロとバンドの間に一線を画しにくい、 ジュン・トガワとヤプーズ。時には、それが 戸川純とヤプーズ、そして時にはただのヤプーズ、そして時には 「純」、「戸川純」。いずれにしても、これは完全にソロ名義でのセカンドアルバムです。

 

好き好き大好きミーム

この曲は おそらく彼女の最も世界で著名な曲となっています。この曲がミームになった、というのも一理あります。発売されてから30年以上経っているのに。様々な人々は様々なアニメのアニメーションを のイメージをつけたりしています。ちびっこキャラのような、かわいいとグロテスクの間のようなキャラ。

いわゆる「ヤンデレ」ですね。

好き好き大好きと「ヤンデレ」

この曲は、いわゆるヤンデレの一例になると思います。これは アニメでよく見かける概念です。これは、「病気」や「苦しみ」を意味する「病んでいる」という言葉を組み合わせた造語です。そして「デレデレ」という言葉。「デレデレ」とは誰かを大げさに褒めたり、媚びたりする意味があります。あるいは、愛に打たれること。

 

それは文字通り直訳すれば「Lovesick」という言葉に近いものがあります。しかし、そのニュアンスはかなり違います。この言葉は暗い意味合いを持ち、ほとんどある種の、ストーカー的な意味合いが含まれています。少し暴力的であったり、サディスティックであったりちょっと病んだ感じで夢中になっているような、ちょっと病的なくらいに夢中になること、を指します。しかし「ヤンデレ」という言葉は、戸川純が活動していた。当時は存在していませんでした。

歌詞の中に出てくる描写には、誰かが誰かのことに夢中になって、人に暴力を振るうようになり、その人に暴力をふるってほしくなってしまう、というところがあります。

この作品は日本の現代文化、特にアニメにおける「ヤンデレ」の概念 に影響及ぼしているかもしれません。そして、そのコンセプトは最も明確に、象徴的なある一行に集約されています。サビの部分が「スキスキ大好き」で、可愛い感じになっていながら、最後の一行は、あの

「愛していると言わなきゃ殺す」

です。

愛していると言ってくれないと 君を殺すよっと。これがいわゆる、純粋に液晶化された「ヤンデレ」の典型例だと思います。おそらくスティーブン・キングの著書『ミザリー』の中でアニー・ウィルクスは、これ以上うまく言えなかったでしょう。アニー・ウィルクスがもし日本にいたとしたら、おそらくもっと可愛くなっていたと思いますが。

好き好き大好きの歌詞・英訳

 

多くのこの歌のイメージ、歌詞は、とても直感的で、生々しく、かなり暴力的です。例えばサビに入る前の部分で、

「キスミー殴るように 唇に血が滲む程」

というところがあり、英訳すると、

「Kiss me, like you’re hitting me

Till the blood comes running from my lips」

その後 「Hold me, till my ribcage

Makes the sound of bone as it breaks」と続きます。

しかし、この歌詞は 生々しく、直感的であると同時に知的で頭脳的な ところもあります。歌詞の一部に

「本能で重ねる情事 無限地獄

アンチニヒリズムの直観認識は」

というところがあり、英訳すると、

「an instinctual affair. Over and over in a hell endless. A direct premonition of anti-nihilism.」となります。

「アンチ・ニヒリズム」

というような言葉が出てくることはポップ・ソングの中には、 欧米でも日本でも、ほとんどないでしょう、と言えると思います。

しかし、僕の中でおそらく次の一行が実際に英訳するのに一番苦労しました。

「潜在的幼児性暴力癖を誘発」

これはかなり奇妙です。何か問題が起きるような、ある種の心配させるようなフレーズでもあります。

「Awakens a latent, devious fixation」と訳しました。しかし、これはかなり寛大な翻訳ではないかと思います。

一般的な、クリーンな感じに訳しているものです。このフレーズにはいくつかの解釈があります。「性」という言葉をどこに置くかによっても。「性」」をどこに付けるのか。たとえば 「幼児」に付けることができます。だから「幼児性」は”infantile”になります。 しかし 、これはあまり一般的な言葉ではありません。一方で、「性」を付けられるもう一つの言葉 に「暴力」があります。つまり、「性暴力」、 その場合の意味は sexual violenceやsexual assaultを意味します。だから、「幼児」に 「性」をくっつけると次 のような翻訳ができます。Invite’s a latent, infantile, violent propensity というような。 これでもかなり変な感じがしますが、「暴力」に「性」を付けるほど問題にはなりません。この場合「性暴力」になります。これだと、おそらくawakens a latent paedophilic urge」と訳すことになります。 潜在的な小児性愛者を目覚めさせる、というようなつまり、幼児に対する性的暴力。

この場合 それ以外の呼び方はありません。

「paedophilia」になってしまいます。

多くの日本人もこのセリフに戸惑っているようです。ヤフー知恵袋で誰かが質問を投稿していました。

“この曲のこのセリフの意味は?”

これに対して、誰かが 戸川純さんの本からの引用を投稿していました。

『彼女は自分の言葉で「それと言葉でいう幼児性ね。最近は全然暴力ふるいませんけど、幼児的な暴力癖があるんじゃないかという気がするので、意識の上では謙虚にしなきゃなと思いますよ。」』

だから、いろいろな意味で安心しました。彼女によると、「性暴力」ではないということです。そのような問題ではありません。とはいえこの曲の全体的な文脈を見ると、明らかに、暴力とセクシュアリティの関連性について述べたもの、といえると思います。考えさせられますね。ジェーンズ・ アディクションの曲でもペリー・ファレルが「セックスは暴力的だ」と言っています。つまり、この関連性を考えていたのは彼女だけではない、ということです。しかし、直訳して「小児性愛者」と訳す必要はありません。

助かりました。しかしながら、戸川純さんにはタブーとされるテーマをよく歌で表現します。

たとえば彼女のデビューアルバム「玉姫様」には同タイトルの曲があります。このアルバムのコンセプトというか、「玉姫様」という曲は月経の謎に迫る、というようなものでだから、彼女は物議を醸すような話題に触れることを恐れません。

「好き好き大好き」のプロモーションビデオの最初の部分でも猫を抱きかかえて可愛い印象です。

しかし、『前作が女性の「生理」をテーマにしていて、

今回のテーマは、「エロス」です』と彼女自身が言っていました。 このようなことから、私は、彼女がただのアイドルでもアーティストでもなく、 彼女はその2つを兼ね備えている存在だと思います。

Want more Translations? Try a topic from this list:

Other Song Translations

Songs In Translation

smells like teen spirit 和訳

スメルズライクティーンスピリット 歌詞の徹底解説 。ネットですでに存在しているNirvana Smells Like Teen Spiritの和訳を見ましたが、どれもいいところと悪いところがあって、かなり間違っているのも多いと思いました。
自分の納得行く訳を作ろうと思いました。

Read More »
JLPT3

Magic Party Believe In Paradise

https://youtu.be/9judaFLVS_4 If you haven’t skipped the ending credits after watching “Midnight Diner Tokyo Stories” (深夜食堂 Shinya Shokudo in Japanese) season 1 you will remember the bold, female vocal

Read More »
Language

Japanese Song Lyrics

An ever growing list of Japanese Songs translated into, and performed in, English. Most songs presented with a detailed background to song context and history.

Read More »
Music

カネコアヤノ祝日歌詞 英訳 Kaneko Ayano Lyrics Shukujitsu

カネコアヤノさんの「祝日」を英語に訳して演奏しました。歌える訳を心がけたのであまり直訳ではないですが出来るだけ歌の心が伝わるように頑張りました。 原曲にはちょっと90年代インディーズっぽいコード進行があると思ってそのような編曲をしてみました! I made an English translation of the lyrics to Ayano Kaneko’s “Shukujitsu”. It is a “singable” translation, rather than a word-for-word. But  I’ve

Read More »
Graded Japanese Reading & Listening Practice

Jun Togawa Suki Suki Daisuki

戸川純 好き好き大好きTogawa Jun Suki Suki Daisuki Who is Jun Togawa? Jun Togawa was once asked in an interview whether she was an “Idol” or an

Read More »
Graded Japanese Reading & Listening Practice

David Bowie Space Oddity 和訳 in Japanese

Deniさんがデヴィッド・ボウイの曲「スペイス・オディティ」を日本語に訳しました。
その歌を翻訳するにあたって難しかったところ、また日本語と英語の歌詞の違いなどについて話をしました。
Ever wondered what Bowie’s Space Oddity lyrics would be in Japanese? Probably not. But we tell you anyway.
We go through and translate the song line by line, and discuss what it all means – in Japanese.

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Language Learning Program Reviews

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

David Bowie Space Oddity 和訳 in Japanese

デヴィッド・ボウイ ・ スペースオディティ

So recently I came across a Japanese person, Deni, who does translations of English songs into Japanese on Youtube. So, because I’ve done a lot of going the other way round, of translating Japanese songs into English, I thought it would be fun to have a conversation
with Deni about how he does it.
He’s done a translation of the David Bowie song Space Oddity. So we had a conversation about what challenges he had with translating it,what the differences are between lyrics in Japanese and English.

先日Youtubeとウェブサイトで英語の歌を和訳する日本人のDeniさんに出会いました。

私は彼とは逆にこれまで色々な日本語の歌を英訳してきたので、Deniさんと歌詞の翻訳について話をしたら面白いのでは、と思いました。 

Deniさんがデヴィッド・ボウイの曲「スペイス・オディティ」を日本語に訳しました。
その歌を翻訳するにあたって難しかったところ、また日本語と英語の歌詞の違いなどについて話をしました。

Approx Japanese level

Themes

Original Lyrics

Ground Control to Major Tom
Ground Control to Major Tom
Take your protein pills and put your helmet on
Ground Control to Major Tom 
Commencing countdown, engines on 
Check ignition and may God’s love be with you 
This is Ground Control to Major Tom
You’ve really made the grade
And the papers want to know whose shirts you wear
Now it’s time to leave the capsule if you dare

 
地上管制よりトム少佐、
地上管制よりトム少佐、
プロテイン錠を飲んでヘルメットを装着せよ
地上管制よりトム少佐、
秒読み開始、エンジン始動
点火チェック、では神の愛が君と共にあらん事を願う
(10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、発射)
こちら地上管制よりトム少佐、
成功だ、よくやった
君がどんなシャツを着ているか新聞社が知りたがっている
さあ準備が良ければカプセルを切り離す時間だ

“This is Major Tom to Ground Control
I’m stepping through the door
And I’m floating in a most peculiar way
And the stars look very different today
For here
Am I sitting in a tin can
Far above the world
Planet Earth is blue
And there’s nothing I can do
Though I’m past one hundred thousand miles
I’m feeling very still
And I think my spaceship knows which way to go
Tell my wife I love her very much she knows
Ground Control to Major Tom
Your circuit’s dead, there’s something wrong
Can you hear me, Major Tom?
Can you hear me, Major Tom?
Can you hear me, Major Tom?
Can you “Here am I floating ’round my tin can
Far above the moon
Planet Earth is blue
And there’s nothing I can do”

こちらトム少佐より地上管制、
ドアをくぐっているところです
すごく妙な感じで浮かんでいて
今日は星が全然違って見えます
それは僕が世界の遥か上の
このブリキ缶の中に座っているから
惑星地球は青い
でも僕に出来る事は何もない

 

100,000マイルも旅して来たけれど、
気分はすごく落ち着いている
我が宇宙船は進むべき道を知っているかの様
妻に愛していると伝えて下さい、そんな事は百も承知だ
地上管制からトム少佐、
回線が落ちてしまった、何かおかしい
聞こえるか、トム少佐?
聞こえるか、トム少佐?
聞こえるか、トム少佐?
聞こ…
今ブリキ缶の周りを浮遊している
月の遥か上で
惑星地球は青い
でも僕に出来る事は何もない


Deniさんの翻訳と解説はここにあります

Talking about the Space Oddity Translation

Space Oddityの翻訳について話す

A conversation between Peter & Deni

P: So in this were there parts that were
difficult to translate?

D: For example, yes, “Take your protein pills”

It’s not saying, “Take the pills to the space ship.”

P: No, it’s not. I think it’s talking about swallowing the pills.

D: “Take the protein tablets.”

P: Yes, it is.

D: It could be…

 

ピーターとデニの対話

P: これで訳しにくいところとかあったんですかね。

D: 例えば、そうですね。Take your protein pills は

It’s not saying, “Take it to the space ship” ではないんですよね。

P: そうですね。飲むことだと思います。

D:  プロテイン錠を飲んで

P: そうですね。

D: It could be…

 

 

P: Was there a question that there might bea different interpretation?

D: I thought there might be, but,
well, I guess there’s not?

P: “Take your protein pills
and put your helmet on”. Hmmm I wonder. Grammatically speaking, it’s possible. But based on the context, it’s hard to imagine.But if just looked at this one sentence. Yes. It’s possible.

D: Take your protein pills with you…

P: If it was “with you,” you wouldn’t be “swallowing”.

No, I think it’s a good translation. It’s pretty much a perfect match, isn’t it?

 

P: 解釈によれば違うかもしれないという疑問があったんですか。

D: かなと思ったんですけど、まあ、それはないですか。

P: “Take your protein pills and put your helmet on”. うーんどうでしょうね。文法的にはあり得る。でもこの前後関係からしたら考えにくいかなと思います。でもこの文章だけ見たらそうですね。ありえる。

D: Take your protein pills with you…

P: “With you” だったら飲んでないですね。

いや上手に訳してると思います。ほぼ完全に一致してるじゃないですかね。

 

P:But, there’s one thing. In English, it rhymes.

“Ground control to Major TOM.

Take your protein pills
and put your helmet ON”.

“On” and “Tom” rhyme.

Do think about those
things when you translate?

D: I’d love to, but that’s pretty difficult. It’s always at the back of my mind though. You’re right.

P:So you just let that
stuff go in the first instance.

D: That’s right, it’s more of an “if possible”. If it happens to rhyme, well that’s more a matter of luck.

It’s tricky.

P: What do you think? Looking at the difference between English lyrics and Japanese lyrics, is that rhyming part different? Or is it pretty much similar in Japanese?

D: Well, no surprise,

I think the lyrics of Western
music have a lot more rhymes.

Japanese songs don’t really do that much. There are some, though.

I don’t know. In Japan, it’s more like

alliteration?

P: Alliteration.

D: There may be more of that.

P: So when we say alliteration, we’re talking about words that start with the same letter.

D: Yes, that’s what we mean.

If you’re asking me to give you an
example right now, I can’t think of one.

P: So in English, it might be like

“Peter piper picked a
peck of pickled peppers”

which is a tongue-twister where every word starts with the letter “P”.

D: Yes, that’s right.

P: But why would English
rhyme more?

I guess it may be because the Japanese
language has fewer sounds.

D: Well I think…

“Fewer sounds”. Yes, I think you’re right.

P: But it’s not like there is just no rhyming in Japanese.

The fact that there is a word for rhyme in Japanese would suggest that rhyming exists.

D: Yes, that’s true.

But in the case of Japan, rather
than rhyme, what would you say?

Word play?

I think there is more of what you would call word play.

 

P:でも こういうふうに英語だと韻を踏んでますね。

“Ground control to Major Tom

Take your protein pills and put your helmet on”.

“On”と”Tom”は韻を踏んでいる。

そういうところとかは訳すとき何か考えたり。。。

D: やりたいですけどなかなか難しいですね。それはいつも思ってるんですけどね。おしゃるとおりです。

P: じゃあ大体そういうのをちょっと一旦放っといて

D: そうですね。

できたらラッキーっていう感じですね。

難しいですね。

P: どうですか。英語の歌詞と日本語の歌詞の違いといえば

その韻を踏んでいるところは違うんですか。それとも結構 日本語でも踏んでることが多いですかね。

D: やっぱりでも

洋楽の歌詞の方が圧倒的に多いと思いますね。

日本のはあんまりいないんです。あるのもありますけど

どうかな日本だとむしろ

Alliteration?

P: Alliteration.

D: の方があるかもしれないです。

P: じゃあalliterationと言っていたら同じ文字で始まっている言葉。。。

D: そうですね。

の方が

ちょっと今あげろと言われても例が思いつかないんですけど

P: 英語だとなんでしょうね。

“Peter piper picked a peck of pickled peppers”

という早口言葉があるんですけど全部Pで始まってる。

D: そうですね。

P: でもなんで英語の方が韻を踏むことにしているでしょうかね。

日本語のほうが音が少ないというか

D: 僕が思うに

音が少ない。おっしゃる通りだと思います。

P: でもまったくないことはないですね。

韻を踏むという。。。韻を踏むという表現があるくらいだから。

 

D: そうですね。

ただ日本の場合韻を踏むよりも何て言うんです
かね。語呂、語呂合わせのようなそっちの方が多いと思います。

 

P: And when I saw this translation

One thing I didn’t understand so much
was this “Arangoto Wo Negau”.

Aru, aru, “Arangoto” means aru, or is?

Is that what it means?
D: Yes, it does.

I think “aru” means the same thing.

But I guess it’s an old-fashioned way
of putting it.

P: Why did you use a slightly
old-fashioned way of translating it?

D: “May God’s love be with you”.

It’s also kind of old-fashioned.

That’s the impression I got from the phrase.

P: Yes, it does sound a little old fashioned.
D: It’s not casual.

P: No.
D: I guess.

That’s what I thought, so
I translated it that way.

P: I see.
“May God’s love be with you”.

And in the commentary.

Somewhere in there was the question,
“I wonder if people actually use this phrase?”

D: Yes.

I’m very curious about it.

P: I’m not sure either, but

I feel like maybe in America they would.

In America, I feel like they would
say something like this.

D: Really?

P: Well,

I wonder where the song is set.

D: I would assume America.

P: It’s probably America.

Because I’m an Australian,
from my point of view,

Americans,

I have the impression of it being quite
a religious country.

Quite passionate.

D: Okay.

P: I feel like a lot of people
believe in religion.

So I feel they would use words
like this for some reason.Like when a person goes into space. At that moment.

D: Then, they may use it casually.

Possibly. I suppose.

In fact,

even though I don’t think Australia is as
religious as the US,

in parliament

i think that at the beginning of every day

they have some kind of prayer.

So, even in societies that are separated

from religion to some degree,

these kind of phrases are used from time to time.

Is there anything else want to say about this section?

 

P: で僕がこの訳を見て

あんまりわからなかったのは、この「上らんことを願う」

ある、ある、「あらんこと」って

あるということ?

D: そうですね。「ある」

でも同じだと思うんですが

何と言うのか古い言い方ですかね。

P: じゃあなんでこういうちょっと古い言い方にしたんですか。

D: “May God’s love be with you”.

それもなんというのかちょっと古い感じと。。。

そういうイメージがあったからです。

P: そうですね。ちょっと古いイメージはあるかもしれない。

D: It’s not casual.

P: No.

D: でしょう。

そう思ったからそういう風に訳しました。

なるほど。

P: “May God’s love be with you”.

で、解説のところに

「実際にこういうことばを使っているでしょうか」というのがどこかにあったんですね。

D: そうでね。

I’m very curious about it.

P: I’m not sure either, but

I feel like maybe in America they would.

アメリカだとなんとなくこんなん言ったりしそうな気がしますね。

D: そうですか。

P: ね、この話は

どこの設定になってるでしょうね。

D: アメリカでしょうね。

P: アメリカでしょうね。

でどっちかというと僕はオーストラリア人だからこっちからしたら

アメリカ人って。。。

結構そういう宗教的な国であるイメージがあるんですね。

結構熱狂的に。

D: そうですね。

P: 宗教を信じている人が多い気がして
なんとなくこんなことば使うんじゃないですかねこういう

宇宙に行く

ときとか

D: じゃcasualにいう。。。感じかもしれないですね。

そうですね。実際に。。。ね

オーストラリアもそんなにアメリカ程宗教的じゃないと思っているんですけど。

それでも議事堂とかで

たぶん毎日始まるときはちょっとしたそういう祈りあったりすると思うんですね。

だから。

ある程度宗教と離れている社会でも。

なんとなくこういうのを使ったりしますね。

他に何か気になるところとか?

 

D: “Commencing countdown”

“10,9,8,7,6,5,4,3,2,1 Blast off.”

I’ve never heard this phrase.

P: “Blast off”, yes.I don’t know which one is used, but, I don’t know, neither one of

them feels particularly unnatural to me.

“Lift off.” “Blast off.”

But in Japanese

there are more sounds than in
English.

D: I think you might be right.

P: Ground control to Major Tom.

D: Vowels are overwhelmingly prevalent in Japanese, aren’t they?

P: Yes, that’s true.

D: “Ground”, it’s one syllable but

P: “con-trol to Ma-jor Tom”

That makes seven then in Japanese.

Ground Control to

Major Tom.

Comes to 10 sounds.

D: “Tom” in Japanese.

It’s two different sounds, To-Mu.

P: Yes, it is.

D: “Tom” is one word, but if you say
“Tomu”, it becomes two words.

P: That’s why it’s quite difficult to

translate lyrics so that they
can actually be sung.

D: Yes, true. That’s why
with what you’re doing Peter,

like with Mayonaka no Doa (Stay With Me), I thought it was so great.

 

D: “Commencing countdown”で

“10,9,8,7,6,5,4,3,2,1 Blast off”

というのは僕は聞いたことないんですね。

P:”Blast off”そうですね。 どっちを使ってるから
分からないですけどどっちももあんまり不自然に感じないんですね。

「Lift off」「Blast off」

でもどうしても

日本語の方が音の数が多くなりますね。

D: そうかもしれないですね。

P: Ground control to Major Tom.

D: 母音はもう圧倒的に日本語が多くなりますよね。

P: そうですね。

D: “Ground”, it’s one syllable but…

P: “con-trol to Ma-jor Tom”

7 つですね。日本語だと

地上管理より

トム少佐

10っこになりますね。

D:「Tom」だって日本語だと

「ト・ム」二つの音になっちゃいますからね。

P: そうですね。

D:「Tom」は一つですけどトムとやると二つになっちゃいますから。

P: だから実際に歌える訳しようとしたら結構難しいですね。

D: そう、あ、そうかそれがだからピーターさんのやっていらしゃった

「真夜中のドア」あれがだからすごいなと思って

 

P: I’m making translations that can be sung but since I do it that way, they sometimes lose their direct meaning.

D: That’s why I don’t think about it when I translate.

P: It’s all about the meaning.

D: Yes, it’s simply TRANSLATION.

P: So I’m translating Japanese
songs into English, and I’m working on a translation that can be sung so I always end up with left over time.

English has fewer sounds, so you have more time. So I often take the liberty of putting in some extra things in those spaces.

D:Yes, one I really like was

“Till the morning light”.

I thought that was really cool.

P: Thank you.

And I’m often just doing stuff to create a rhyme.

D: No, I thought it was great.

P: Thank you.

Let’s move on.

 

 

P: 僕はそういうふうに歌える訳を作ってる。でもそういう風に作っているからそういう直接な意味もなくなったり。

D: 僕はだから翻訳するときにはそのことを考えていないですね。

P: とりあえず意味を

D: そうですね単純にtranslationだけです。

P: だから僕逆に日本語の歌を英語に訳しているから歌える訳を作っているからどうしても時間が余ってしまう。

英語のほうが音の数が少ないから時間が余って

で、僕が結果を勝手にその余っている時間に色々入れています。

D: はい、だから僕すごくいいなと思ったのが

「Till the morning light」が入っているのが、あれすごくいいなと思って

P:ありがとうございます。

あとけっこう適当に韻を踏むために

D: いや、素晴らしいと思いました、僕は。

P:ありがとうございます。

じゃあ次行きましょうか。

 

 

P: I’ve loved these lyrics for a long time.

From the first, the concept of making a song in the form of a conversation between an astronaught and a control centre is amazing.

D:Yes, I agree. I think so too.

P: It’s genius.

David Bowie is often praised for
his fashion and the way he dresses.

For some reason, he doesn’t seem to get as muchpraise as a songwriter.

I think it is very strange.

D: Peter, as an Australian, you think so too?

P: Yes, I do.

Of course David Bowie is a really well-respected person, and I think he is put up as being a great man.

But it’s usually about that kind of
fashion and that kind of taste.

Those things come up a lot.

But somehow, even with such amazing lyrics, songs, and technique, he’s not appreciated in this way very much.

It’s strange.

D: Maybe.

P: I especially like

in this second verse,

, my favorite part is,

“The paper wants to know
whos shirts you wear”

I like it a lot.

D: It’s good.

P: The newspaper wants to know
what shirt you’re wearing.

Yes.
It’s such an amazing everyday thing.

I love the way the song does this.

D: Yes,

It’s not, “The papers want to
know WHAT shirts you wear”.

“WHO’s shirts”.

P: “Want to know what shirts you
wear” – “Who’s shirts you wear”

Well, it doesn’t really change the meaning.

D: Oh, really?

P: “What shirts”?

No. Do you think it changes the nuance?

D: “What kind of shirts”,
so they may be asking

the color, or the pattern

But with “Whose”

Which company’s shirt is this?

or

What team’s

P: Oh, “team”?

D: For example, I looked up
the lyrics on a website.

If you’re British, it could be about the soccer team.

So, like you’re asking which team you’re a fan of. 

Some people seem to interpret it in a different way.

P:Okay.

I hadn’t really thought about that.

D: Then I guess, that might be hard to read into it?

P:No, but when you put it that way

D: Only “when you put it that way”?

P: Well, it’s possible.

That’s one way to look at it.

It depends on how you interpret it.

D: So,

Bowie’s being ironical

or satirical

on the media

I’ve read things like that.

P: Yes, well, either way, it’s really about how the media wants to know the specifics about what the astronaut is wearing.

They want to know what kind of everyday routine he has. Wouldn’t you say?

And I think these lyrics do a great job of demonstrating that.

It’s often said “Show, don’t tell”.

That’s one expression.

So when you write something, you shouldn’t talk about something, you should “show” it.

I think this is a good example.

So this sentence is saying this guy is incredibly famous.

Everyone wants to know everything about that person.

But it doesn’t use “I’m famous” or “You’re famous”.

Instead of writing, “I want to know everything about you.”

It writes “The paper want to
know who’s shirts you wear.”

I think it really “shows” it well.

Moving on…Wasn’t this
difficult to translate?

“You really made the grade.”

D: You have succeeded

Is that okay?

P: I think so.

D: You’ve made it.

P: “You’ve really made the grade.”

D: “You’ve really made it.”

P: I think it’s a bit of
an unusual expression.

I don’t hear it so much.

“You’ve really made the grade.”

D: Okay.

P: Well, it’s not that I’ve never heard it.

But it’s rare.
D: So people don’t use it much?

P: People don’t say that very often.
D: Okay.

P: I wonder why he used this expression.

“Ground Control to Major Tom,
you’ve really made the grade”.

D: It’s not a rhyme, is it?

P: There’s no Rhyme either.

Why did he go out of his way to use this?

D: But in a peculiar way.

Grade. It’s unrelated.

P: “The paper want to know who’s shirts you wear.

Now it’s time to leave the capsule if you dare

And here too, “Where” and “Dare”.

D: “Where” and “Dare,” yes.

but

P: The other thing I think is a
little more difficult is

“Planet Earth is blue and
there’s nothing I can do.”

D: yes. 

P: I think this “Blue” has two meanings.

D: Okay.

P: The meaning of “sad” and the normal meaning of “Blue”, the color “Blue”.

But no matter what you do you’re going to lose that meaning.

D: Oh, so, if you
see this phrase, you see both meanings.

P: Yes.
I thought it was kind of clever.

When I first heard it.

“Planet Earth is blue and
there’s nothing I can do.”

It can’t be helped.

The earth is sad.

D: Oh, the Earth?

P: But there’s nothing we can do about it.

D: “The Earth is Blue”? It’s not
that “I’m feeling blue”?

P: No, no. I think he’s
saying the planet earth is, it’s both blue, the color is blue.

But it’s also, “planet earth is
sad and there’s nothing I can do”

So you could leave this phrase as is…
D: Yes, you could. As for me i never thought of that until you told me about it just now. For the first time.

“So it gives that impression”, is what I thoughts.

P: But you can also use Blue in Japanese.

D: Yes, you can. Yes, “Blue” has become a Japanese word.

P: “Planet earth is blue and there’s nothing I can do”

And it rhymes again, doesn’t it?

“Blue, and there’s nothing I can do”.

P: This “Tin Can” is also interesting.

“For here am I, sitting in a Tin Can”.

Because I’m sitting in this tin can.

What did you think?

D: So…

His

As I say below, should we call it “emptiness”?

I think it’s a reflection of that.

P: Yes, it is.

The description is interesting again.

D: Really it’s a huge machine,
but it’s just a Tin Can

P: Yes.
At the same time.

Yes.

D: Bowie, played in a
band called “Tin Machine”.

This is a little off topic, but

P: He played in a band called Tin Machine?

D: I think it was around 1990. Tin Machine

They didn’t sell very well though.
P: Okay.

I haven’t heard that all.
D: Okay.

So

the spaceship’s a big machine.

To him it’s a Tin Can. He’s, what do you call it? Turning it into a Tin Can.

P: Okay let’s continue.

 

 

P: 僕この歌詞結構昔から大好きで

そもそも地球管理と宇宙飛行士

の会話という形式で歌を作っているのはすごいと思います。

D: はい、同じです。僕もそう思います。

P:もう天才的ですね。

David Bowieよくファッションとかそういう格好とかで評価されるけど

なぜか作詞作曲家としてそこほど褒められない

のがすごい不思議に思います。

D: ピーターさんオーストラリア人としてもそう思うんですね。

P: そうですね。

もちろんDavid Bowieすごい

尊敬されている人で偉大な人物として立てられていると思うんですけど

だいたいそういうファッションとかそういうセンスの

がよく出てきます。

でもなぜかこんなに素晴らしい詩、曲、

すごい技術で作っているのにそういうのがそこまで評価されないのが

すごい不思議です。

D: そうですか

P: 特に僕この

「2番」というんですかね

のところで好きなのは

The paper wants to know whos shirts you wear

すごい好きです。

D: いいですね、これ。

P: 君がどんなシャツを着ているか新聞記者が知りたがっている

そう。そういうすごい日常的なところ

を描いている、るすごい好きです。

D: これは

“The papers want to know what shirts you wear”じゃないですね。

“Who’s shirts”

P: “Want to know what shirts you wear” – “Who’s shirts you wear”

まあ、でも意味としてあんまり変わらない。。。

D: そうですね。ああそうですか。

P: “What shirts”だと

いや雰囲気的に変わると思っていますか。

D: “What kind of shirts”, so they may be asking

the color, or the pattern

だけども「Whose」だと

どこの会社のシャツですかね

or

どこのチームの

P: ああチームか。

D: 例えば僕歌詞のサイトで調べたりしたんですけど例えば

イギリス人だとサッカーチーム

のどの、だから、

どのファン、どこのファンかというふうに聞いているみたいな

解釈をする人もいるみたいですね。

P: そうですか。

そういうのあんまり考えてことなかったですね。

D: じゃ、やっぱりこれを見た感じではそんな解釈は。。。

P: いや、でも、そう言われてみれば

D: 言われてみればという感じ

P: じゃあねそういう可能性もありますね。

そういう解釈も

解釈によっては

D: その

Bowie’s being ironical

or satirical

on the media

みたいなことを読んだりもしますけど

P: そうかそうかどっちにしても

すごい具体的に宇宙飛行士はどんな服を着てるか

どんな日常生活をしているか知りたがっているんですね。

それがすごい上手いことを歌詞として示していると思いますね。

よく「Show, don’t tell」という

表現があるんですけど

だから何かを書くときにそのまま言うんじゃなくて「見せる」って

 

これはいい例だと思います。

だからこの文章が入っているのはこの人がすごい有名で

みんながその人の何でも知りたがっている。

でも「僕は有名です」、「あなたは有名です」。

「あなたのすべてを知りたい」を書くんじゃなくて

“The paper want to know who’s shirts you wear”を書いて

うまいことを描写しているなと思いますね。

後は。。。これ訳しにくくなかったのですか。

“You really made the grade”とか

D: You have succeeded

でいいですか。

P: んんだと思います。

D: You’ve made it.

P: “You’ve really made the grade”

D: “You’ve really made it”

P: ちょっと珍しい表現だと思います。

あんまり聞いたことないですね。

“You’ve really made the grade”

D: そうですか。

P: 聞いたことないことはないかな。

でも珍しい

D: じゃあまり言わないんですね

P: あんまり言わないですね。

D: そうですか。

P: なんでこんな表現を使ったんでしょうね。

“Ground Control to Major Tom, you’ve really made the grade”

D: rhymeでもないんですね。

P: rhymeもないですね。

なんでわざわざ。。。

D: でもpeculiar way

Grade遠いなあ。

P: “The paper want to know who’s shirts you wear

Now it’s time to leave the capsule if you dare

でここも「Where」と 「Dare」を。

D: 「Where」と 「Dare」を、そうですね。

あるけど

P: 後もう一つちょっと難しいと思ったのは

“Planet Earth is blue and there’s nothing I can do”

D: はい

P: この「Blue」は二つの意味あると思うんですけど。

D: そうですか。

P:「悲しい」の意味と普通の「Blue」の色の「Blue」の意味している。

でもどうしてもそれがなくなってしまうんですね。

D: ああそうですか、じゃあピーターさんはこれを見たらその両方。。。

P: そうですね。ちょっと賢いと思いました。初めて聞いたとき

“Planet Earth is blue and there’s nothing I can do”

どうしようもない。

地球が悲しんでいる。

D: あ、地球が?

P: でもこっちから何もできない。

D: “The Earth is Blue” not that “I’m feeling blue”

P: No, no. I think he’s saying the planet earth is…

it’s both blue, the color is blue.

But it’s also, “planet earth is sad and there’s nothing I can do”

でもそれは、そのままにして。。。

D: そうですね。それは僕だから今

ピーターさんに言われるまでそれは思ったことないですね。初めて

そういう印象を持つんだなと思いました。

P: でも日本語でも Blue 使ったり

D: そうですね。

もう、それは日本語になっていますね。 Blueは

P: “Planet earth is blue and there’s nothing I can do”

で、また韻、踏んでいますね。

“Blue, and there’s nothing I can do”.

P: この「Tin Can」も面白いですね。

“For here am I, sitting in a Tin Can”

このブリキ缶の中に座っているから。

どう思いましたか。

D: それはだから

彼の

下にも書いてますけど虚無感といいますかね。それを

反映しているんじゃないかなと思ってるんですけどね。

P: そうですね。
また描写がちょっとおもしろいですね。

D: 本当は大きなシーンなんだけどもIt’s just a Tin Can

P: Yes

D: At the same time.

P: Yes

D: Bowie, 「Tin Machine」というバンドやりましたね。

ちょっと話がずれますけど

P:「Tin Machine」というバンドをやったんですか。

D: 90 年頃ですかね。Tin Machine

あんまり売れなかったですけど

 

P:そうですか。

それは全然聞いてないです。

D: そうですか。そうだからね。スペースシップは大きなマシンなのに

彼にはTin Canに 彼が、何って言うんですかね。

Tin Canに見立てるというか。

P: じゃあ次行こうか。

 

 

Planet Earth is blue.

And there’s nothing I can do.

It’s kind of a sad section.

Was there anything that
struck you about this verse?

D: “She Knows.”

So

She knows.

Here it is

“Tell my wife I love her very much.
She knows.”

“She knows.” Who’s the speaker?

You’ve done,

Tell my wife I love her.

This is the astronaught

I think it’s right, what you’ve done

So this is the astronaught talking.

I can see that.
So, “She knows.

so,

the guy at the ground control.

I think so.
So

I’m not sure if that’s a good translation.

Yeah, I think that’s good.

I think that’s about the
only way it can be thought of.

Tell my wife I love her very much.
She knows.

Yes

i don’t think there’s no chance
that someone is talking to himself.

But I’m pretty sure it is someone else talking.

Especially in the song, “She knows.”

He’s saying it with great intensity.
Yes, he is.

That’s true, then.

It’s ground control.

saying something
like “Don’t say that.”

Well, yes.

I think that’s how it is.

He also might have simply wanted
create a rhyme with “Go”.

Yes.
“Knows which way to go, she knows.”

It’s the only place where there are two speakers in on line.

I think.

“Tell my wife I love her
very much, she knows.”

“Ground Control to Major Tom”.

They are completely divided elsewhere.

And I hadn’t heard much about
this next one.

“I know all about that”.

Yes, what is it called?

“Of course”

that’s it.

You don’t need to say that,
’cause I know it very well.

If here

“She knows it very well.”

Okay, um

Rather than saying “I know”,

this is better.

Yes, it is.

so

It would be “Needless to say,” I guess.

Yes, I get it.

So, for me,

I also like the line before that one.

“And I think my spaceship
knows which way to go.”

It’s as if my spaceship
knows the way forward.

This. By the way, it rhymes with
the original English, doesn’t it?

Ha ha ha

It’s true.

that’s true

I hadn’t thought of that.

What do you think,of this line?

It’s sad.

For me, it makes feel a sense of fate.

Yes, it does.

The spaceship is moving on
its own without anyone flying it.

I mean, you know.

That person’s life is
also moving on its own.

This also is defly “Showing, not telling”.

Yes, it is.

Right her

You could have said, “I’m so
anxious,” but Bowie said it this way.

But he’s also “Feeling very still”.

Yes, he is.

So it’s a great contrast, or a
good comparison of those two states.

That’s right.

That’s why I think the ground control
people would be even more surprised.

Yes, they would.

I know that Deni wrote something about this at the end

about how this is connected to the music.

F Major 7 is still.

Oh, yes.

It’s still

And F minor, didn’t you write that it feels very anxious?

So you get that vibe from the first chord.
Yes, you do.

That STILL feeling and that ANXIETY.

Is there anything else

interesting?

“Can you.
.

here am I sitting round my Tin Can”

So the “Hear” is a pun.

It’s the same sounding word.

Ground control to Major Tom

Your circuit’s dead

There’s something wrong

Can you here

That’s right. This means
two things, doesn’t it?

That’s interesting.

But there’s nothing you can do about that.

When you translate.

So I did “hear.”

Your circuit’s dead

something’s wrong.

Can you hear me?

There’s nothing more that can
be done about this in the Japanese.

True

so inevitably, when you translate
something, you lose something.

That’s right.

You’re right.PP: 

Planet Earth is blue. 

And there’s nothing I can do.

ちょっと悲しいところですね。

このverseで何か気になったところとかありましたか。

D:「She Knows」

これがだから。。。

She knows

これは

ここですね。

Tell my wife I love her very much. She knows.

「She knows」だれが Who’s the speaker?

You’ve done…

妻に愛してると伝え、伝えてください。

それはだからastronaught

I think it’s right, what you’ve done

これがastronaughtが喋っているんですね。

それはわかるんですけどね。

で, 「She knows」

それはだから

The guy at the ground control.

I think so.

ということはじゃ

その訳でいいのかなと思うんですけどね。

うんそれでいいと思います。

それくらい、そうしか思えないと思います。

Tell my wife I love her very much. She knows.

うん,そうですか。

自分に言っている可能性はまったくないことはないと思うんですけど

まあ、向こうは言ってるでしょ。特に歌の中で「She knows」

凄い激しく言ってる。

そうですね。

それはじゃ、そうですね。グランドコントロールが

「Don’t say that」みたいな感じで行っているということですね。

まあ、そうですね。そんな感じだと思います。

あと単純に「Go」と何かを踏みたかったかもしれないですね。

そうですね。

“Knows which way to go. She knows”

1行で2つが喋っているのはここだけですね。

だと思います。

“Tell my wife I love her very much. She knows”

“Ground Control to Major Tom”

他のところで完全に分かれていますね。

で、僕的にこれがあんまり聞いたことはなかったですね。

「そんなことは百も承知だ。」

はい何というのか

もちろんからそうですか。

そういうことですね。

You don’t need to say that, ’cause I know it very well.

ここだったら

“She knows it very well”

じゃあ、あの

もう「知ってる」とかより

これの方がよい

そうです。

もう

「Needless to say」ですかね

はい、分かりました。

で僕的に、この

その前の一行も好きですね。

“And I think my spaceship knows which way to go”

我が宇宙船は進むべき道を知っているかのよう。

これが。ちなみに元の英語と韻を踏んでいますね。

グーと

本当だ。

そうですね

初めて知りました。

どう思いますか、この一行。

1悲しい感じですね。

僕的にここですごい運命感じられる。

そうですね。

自分が飛行せずに宇宙船が勝手に動いている。

つまり、ね

その人の人生も勝手に動いている。それもまた上手に言うんじゃなくてみせてますね。

そうですね。

ここに

「僕ははすごい不安でたまらない」と入れても良かったけれどこういう風に言ったんですね。

だけど「Feeling very still」ですね。

そうですね。

だからすごい比較しているというか、その二つの状態を上手に比較していますね。

そうですね。だから余計に地上管制の人はびっくりするでしょうね。

そうですね。

デニさんがたぶん最後のほうに変えたとは思うんですけど

すごい音楽とちょっと位置している

F Major 7が

あ、そうですね

Stillな感じで

F minorすごい不安な感じでと書いていなかったですか。

だから最初のコードからその雰囲気が出ているんですね。

そうですね。

そのstillな感じと不安な感じ

あとは面白いところは

あるんですかね。

“Can you…here am I sitting round my Tin Can”

その「Here]をかけてところ

同じ音の言葉ですね。

Ground control to Major Tom

your circuit’s dead

There’s something wrong

Can you…here

そうですね。これは二つの意味してるんですね。

面白いですね。

でもそれどうしようもないですね。訳すときはだ

だから「聞こえる」

回線が落ちてしまった。何かおかしい。聞こえるか。

これはもう日本語にはもうどうしようもないですね。

そうですね。

だからどうしても何かを意訳するときは何かがなくなるんですね。

そうですね。おっしゃる通りですね。

If you’re interested in other Japanese artists that have the ability to shape shift and recreate themselves over time, check out Jun Togawa and her iconic song suki suki daisuki or the sonic traveller of YMO and beyond Haruomi Hosono.

Songs In Translation

smells like teen spirit 和訳

スメルズライクティーンスピリット 歌詞の徹底解説 。ネットですでに存在しているNirvana Smells Like Teen Spiritの和訳を見ましたが、どれもいいところと悪いところがあって、かなり間違っているのも多いと思いました。
自分の納得行く訳を作ろうと思いました。

Read More »
JLPT3

Magic Party Believe In Paradise

https://youtu.be/9judaFLVS_4 If you haven’t skipped the ending credits after watching “Midnight Diner Tokyo Stories” (深夜食堂 Shinya Shokudo in Japanese) season 1 you will remember the bold, female vocal

Read More »
Language

Japanese Song Lyrics

An ever growing list of Japanese Songs translated into, and performed in, English. Most songs presented with a detailed background to song context and history.

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

Gurenge

Gurenge (Demon Slayer - Kimetsu No Yaiba Opening Song) Translated To English And Explained

鬼滅の刃OP紅蓮華の歌詞を英語に訳して解説

The opening song for Demon Slayer Kimetsu No Yaiba, Gurenge by LiSA, is a power punch of determination, grit, darkness and hope. But what’s the Kimetsu No Yaiba OP all about? How were the Gurenge lyrics written? What does it all mean?

These are the things I want to shed light on today. Let me start by presenting my full translation of the song from the Japanese into English, sung by Cake Sullivan and arranged, just for something different, in a kind of latin feel. Then I’ll try and answer the questions about Gurenge’s meaning below.   

鬼 滅の刃の主題歌は紅蓮華という曲ですが 勇気と気合と熱望のパワーパンチのようなものでやや暗い曲と言ってもいいではないでしょうか。

それは何を意味しているのでしょうか?どのように書かれているのでしょうか?それは何でしょう?これらの疑問を、少しでも明らかにしていきたいと思っています。

まず最初に日本語からの翻訳から見ていきます。元の曲を翻訳して編曲してみました。友人のケーキ・サリバンが歌っています。ラテン風のような感じにしました、なんとなく。好き嫌いはあるかもしれませんがこっちの知ったことではありません。

まずは歌を聞いてもらい、それから先ほどの疑問について考えていきましょう。もしこれに気に入ってもらえたらサブスクライブしてください。 ではまた曲の後に。

Approx Japanese level

Text Type

紅蓮華 元の日本語歌詞

強くなれる理由を知った
僕を連れて進め
泥だらけの走馬灯に酔う
こわばる心
震える手は掴みたいものがある
それだけさ
夜の匂いに (I’ll spend all thirty nights)
空睨んでも (Staring into the sky)
変わっていけるのは自分自身だけ
それだけさ
強くなれる理由を知った
僕を連れて進め
どうしたって!
消せない夢も 止まれない今も
誰かのために強くなれるなら
ありがとう 悲しみよ
世界に打ちのめされて負ける意味を知った
紅蓮の華よ咲き誇れ!
運命を照らして
イナビカリの雑音が耳を刺す
戸惑う心
優しいだけじゃ守れないものがある?
わかってるけど
水面下で絡まる善悪 透けて見える偽善に天罰
(Tell me why, tell me why, tell me why, tell me… I don’t need you!)
逸材の花より
挑み続け咲いた一輪が美しい
乱暴に敷き詰められた
トゲだらけの道も
本気の僕だけに現れるから
乗り越えてみせるよ
簡単に片付けられた
守れなかった夢も
紅蓮の心臓に根を生やし
この血に宿ってる
人知れず儚い
散りゆく結末
無情に破れた
悲鳴の風吹く
誰かの笑う影
誰かの泣き声
誰もが幸せを願ってる
どうしたって!
消せない夢も 止まれない今も
誰かのために強くなれるなら
ありがとう 悲しみよ
世界に打ちのめされて負ける意味を知った
紅蓮の華よ咲き誇れ!
運命を照らして
運命を照らして

Gurenge English Lyric Translation

Now I’ve got a reason to be strong
I’m gonna be right her with you, come on
I know it’s only the play of the light
That shines on the dirt that plays tricks on the mind
And it’s only my shaking hands
That have something theyre tring to grab hold of I swear
It’s no use to glare at the sky
When there’s something about the scent of the night
There’s only one thing you can change
And that’s you yourself, don’t need noone to say it
Now I’ve got a reason to be strong
I’m gonna be right her with you, come on

Cause there are
some dreams that you can’t erase
And theres some times you can’t escape
If I’ve found someone who I want to get strong for
I’m going to say thank you for all the hu-rt
It took the world to beat me down, tell you I’ve my lesson now
Crimson Lotus show me how you flower
Light the way

to my fate

The sound of the lightening strike
Pierces my ears, strikes fear in my heart
I know that kindness is not
Not enough by itself to protect what I’ve got
Under the surface joins good and bad
look close and you can see through it
There comes a punishment
It’s not the bouquet its the flower
Grows all alone that is truly fair
You know the
road buried in thorns and strife
Reveals itself to only my
My sacred heart, now watch me as I
Watch me as I rise
My simply folded hopes and dreams
Which I swore I’d hold close to me
See them blooming in the Crimson Lotus
It’s roots in my blood to my heart

In the end Noone knows
The edge it frays
The wind it blows
Your calls into an air that has gone cold
Theres someone laughing in the shadow
Someone crying don’t you know

Everybody wants the same thing

Cause there are
some dreams that you can’t erase
And theres some times you can’t escape
If I’ve got found someone who I want to get strong for
I’m going to say thank you for all the hu-rt
It took the world to beat me down, tell you I’ve my lesson now
Crimson Lotus show me how you flower
Light the way

to my fate

 

Demon slayer Kimetsu No Yaiba Gurenge Background

Now, I’m going to assume that if you’re reading this you are aware of the Manga/Anime Demon Slayer Kimetsu No Yaiba. I myself was fairly late to the party hearing about it when the term “鬼滅の刃 Kimetsu no Yaiba” appeared on the list of top 30 new words to appear in the Japanese language in 2020. So, you know, you’ve got to be pretty significant to be considered a “new word in a language”.
You’ll already know that the story is about a young man who sets out on an adventure, or more a voyage of salvation and redemption, to save his possessed sister, and kick a lot of demon arse along the way.

仮に鬼滅の刃を見たことがあるとします。私がこの番組のことを知ったのはかなり遅かったです。2020年の流行語・新語のリストで初めて知りました。「新語」としてリストに載ることは極めて偉大なことであるに違いありません。

概ねの話の粗筋はご存知だと思いますがある少年が帰宅し 自分の家族が全員虐殺された事に気づいて旅に出ることを決意する。贖罪/救済の旅に。

Who wrote Demon Slayer’s opening theme song Gurenge?

The song was composed by two musicians that have had careers closely aligned to the world of Animation Songs, a world so well defined in Japan that it has its own conjugation, “Anison”.

The words were written by the, somewhat prosaic to the Western ear named LiSA, and the music by Kayuko Kusano with LiSA.

Kayoko Kusano Album Trigger

 

では、この主題歌はこの話とどのように関係があるのしょうか。この曲はアニメソング業界と深い関わりを持つ二人のミュージシャンによって作曲されました。日本で言う「アニソン」ですね。歌詞を書いたのはLiSAさんです。西洋人には 「LiSA]という名前はごく普通の名前に感じられると思いますが日本人にとってなんとなくエキゾチックに感じるのではないでしょうか。そして、彼女は草野華余子さんという作曲家と曲作りをしました。

Lisa got her first big break singing songs for the animation “Angel Beats”. In fact, she provided vocals for a band named Girls Dead Monster that featured within the show. The fictitious band was made up of a group of unliving “jyoshi kousei” type high school girls that were indeed dead, but anything but monstrous. Or at least if they were monsters, they were closer to, say, a kawaii kyary pamyu pamyu style fashion monster than a Godzilla type city-flattening beast.
Angel Beats Comic

Angel Beats DVD

LiSA’s big anime break seems to have somewhat defined her career trajectory, at least in the eyes of the general public, with her going on to work on songs for anime that lethally orbit through other-worlds of reincarnation and ultra-experiential conflict. She continues to be something of a guest of honor at animation related expos around the world.

So where did LiSA come up with the title for the song Gurenge? 

Gurenge literally means red lotus flower. The Gu can also be read as “Kurenai”, a word for a deep red color. You may know the character “Kurenai” from such roles as the 紅 from 紅茶, meaning western tea, which we see as black, but the Japanese see as red. Or if you’re an anime fan you might know 紅の豚, the Ghibli film known to the English speaking world as “Porco Rosso” about a pig who not only “might fly”, but did fly an aeroplane to  fight with pirates of the sky. 

The 蓮 ren, means “Lotus” and the 華 ge means flower. 

 

So literally it is:

紅 Crimson

蓮 Lotus

華 Flower

紅蓮華という題はどこからきたでしょうか?紅蓮華というのは文字通り Red Lotus Flowerの意味しています。つまり「グ」は赤ような、深紅色のような色この字を知っているかもしれません。「紅茶」の紅として良く知られている。洋風のお茶。 西洋では黒いお茶で呼びますが日本では 赤いお茶に見えるようです。
アニメファンなら知っているかもしれませんが、「紅の豚」もある。「クレナイ」は「グ」にもなります。ジブリ映画「ポルコ・ロッソ」

The Role Of The Lotus in Eastern & Buddhist Culture

Now most people interested in Eastern culture will be aware that the lotus is intimately connected with Buddhist culture and philosophy. You often see Buddha, if you see him at all, depicted sitting on his trademark Lotus Throne, looking all together too serene to have a “trademark” anything at all. Probably the main reason that the lotus is such a thing in Buddhism is that it is that the flower is an easily recognisable symbol of transcendence. The Lotus flower grows, almost miraculously, out of the swamps and wetlands to flamboyantly bloom above the water’s surface. It’s the proverbial, “head above the head” that you might hear your guru bang on about from the mount. 

And so the term “Gurenge ” brings with it all of these quasi-religious resonances. On it’s simplest level, the Crimson Lotus in the Kimetsu No Yaiba context is a symbol of our protagonist Tanjiro rising above his circumstances, which is, indeed the main thrust of the song, to use a fencing analogy. It’s also worth noticing that Tanjiro’s signature move in Demon Slayer is to bust a “Mizu no Kokyu” “Breath of water-element” type of magic attack on his foes, so a water flower fits in with that too.

そして「れんげ」は蓮の花。

東方哲学とかに詳しい人はご存知かもしれませんが蓮は仏教と深い関わりがあります。蓮の葉の上にブッダがすわっている像をよく見かけます。

これにはいくつかの理由があります。主な理由としては 世俗的なものを超越した象徴になっているからです。蓮を見たことがあれば沼地に生えていることを知っていると思います。根元は 泥の中にありますが水面から伸びて美しい花をみせます。非常に分かりやすいです。世界に存在しながら世界から離れたところに存在する象徴になっています仏教哲学者が話すのを聞いたことがあるかもしれませんが、「頭の上にある頭」とか 「肩の上の空間」とか顔の裏の顔と言った別世界のような概念が出てくることがあります。蓮はそういったところから来ています。

では、なぜ彼女は この「紅蓮華」を使うことにしたのでしょう。
まず蓮の「超越する花」としてのの文字通りの意味があります。
物語では炭治郎が困難を克服しやがて花を咲かせて英雄になる、ということと繋がっています。また、話に出てくる 炭治郎の「水の呼吸」といったような魔法の動き波打つような、水のような敵を倒す技,そのようなものとも繋がりもあると思います。

But why is it a red lotus in Gurenge, and not a green one, or a blue one, or indeed a vermillion, amaranth of gingerline one?

Well, LiSA has also said in interviews that she had in her mind the term “紅蓮地獄” Guren Jigoku, literally Red Lotus Hell.

In buddhism, there is the altogether un-placidity inducing idea of the 8 cold hells, called 八寒地獄 Hakkan Jigoku in Japanese, and which are situated a respectably far enough distance away from the 8 Hot Hells.
Image: Eight Hells

Now, you may think that ending up in one of the cold hells is a step up from the hot hells, but the Cold Hell which the Guren Red Lotus Hell takes its name from is named that way because it is so cold that it causes your skins to peel off and your blood to rush out, making you look like a rather disturbing, but nicely colored, flower.
LiSA has said that it struck her that this was a good metaphor for Tanjiro in Demon Slayer as he sets out on his quest for salvation amidst the carnage and gore of the massacre of his family.
「紅蓮には “紅蓮地獄”っていう紅色の蓮花が咲いたように血が噴き出す地獄を表現した言葉もある。心情を表す比喩表現としてすごくピッタリだなって。」
“The Crimson Lotus is also related to the term “Crimson Lotus Hell”, the hell where people’s blood spouts out from them, like a red lotus in bloom. It just felt like the perfect metaphor for expressing the emotions of the story.”

The Crimson Lotus is the flower that blooms in the very bud of the greatest pain.

しかし、LiSAさんはインタビューで 「紅蓮地獄」というのも関係していると言っていました。”グレン “はあの赤い蓮で 「地獄」はhellです。
仏教には 八寒地獄 と八熱地獄という概念があります。八寒地獄は 熱い方よりはマシと思うかもしれませんが八寒地獄の中にあるものの一つは「紅蓮地獄」と呼ばれている。なぜそう呼ばれるかというと 皮がむいてしまうほど寒いためが出てきて、いたるところに血が噴き上がったりする

気持ち悪いですが、それがまるで紅蓮の花ののように見えてしまうからだそうです。

インタビューでLisaさんは、これは炭治郎の話のいい喩えになると言っていました。彼は 残忍な血まみれの大虐殺により家族をなくしたことを乗り越えて成長していきました。

Gurenge’s Connection To LiSA’s Life

So you can see that the song has many clear references to the show. By all accounts, the lyric writing process was very much an all-in affair, with show producers routinely involved in vetting and vetoing certain words in the lyric writing process.

But LiSA has also described it as a very personal song, written as much in response to the circumstances of her one life as to those of the fictional story she was soundtracking. In interviews, LiSA talks about herself in the third person, 

“I feel like I can’t let people down, I can’t give up, I can’t stop. I can’t just stop living, and I can’t die, I can’t give up on being LiSA, I just have to keep going, and that includes an element of something that is frankly very hard. But I still want to continue to blossom.”

It was as if rather than just writing from Tanjiro’s perspective, it was like she had taken Tanjiro into herself, allowing herself to be possessed, like Nezuko in the story, and then written as LiSA.

She has said the central line in the song is 世界に打ちのめされて/負ける意味を知った, which a literal translation of would be “the world beat me down, and I came to know the meaning of defeat”.

Intriguingly, she has also spoken about how it is possible for any person to become a demon in the real world saying,

 

A person who disavows responsibility and refuses to defend what they should be defended may become a demon. A person who uses their own weakness as an excuse and thinks of everyone as an enemy can become a demon. A person who succeeds in discarding, or betrays, what they want to protect, may become a demon at any moment. I believe a person who holds onto a moral, to a belief that this is not who I am, to this is who I want to be, will not become a demon. In our world, there’s a lot of demons. But I read in Kazuo Koike’s book that you have to ignore the demons. Kazuo Koike’s book “If there’s no hope, then run! 225 words of advice to help relieve you of yourself” is like my own personal talisman. 

Kazue Koike

 

LiSA is a fan of the prominent writer and creator of the comic Lone Wolf And Cub 子連れ狼. Aside from his work on his comics that have been described as some of the authentic landmarks in graphic fiction, he also had a massive Twitter following where he would dispense pithy pieces of life advice, including his advice about avoiding “Demons”. This is another element that has an influence on the song Gurenge.

Lone Wolf And Cub Comic

このため彼女は緑色の蓮でも青い蓮でもなく、紅色の蓮にしたそうです。ということで、この歌はっきりと本編の話の内容と密接に関係しています。しかし、LiSAさんによりますと、この曲はまた彼女にとって非常に個人的な曲でもあるそうです。また、音楽・番組制作側からかなり細かく作品に関しての指示があったようです
「この言葉を入れてはいけない」とか「この言葉を省いてください」とか。

こうして多くのやり取りを経て作られたそうです。

しかし、彼女はまた、それが 自分にとってとても個人的なものだと言っています。

彼女がこの詩を書いたのは30歳の誕生日を迎えて間もない頃だったそうで世の中の悲しいことに 音楽の世界では女性は30歳を過ぎると「もう終わった」とみなされる。彼女が言うには この頃から自分に自信がなくなり苦しい時期だったそうです。

だからこの曲は、彼女が乗り越えようとしている困難についてでもあります。

「強くなれる理由を知った」というセリフから曲が始まりますが 彼女が言うには、自分と自分のキャリアのために「強くなれる理由」は彼女を支えてくれるたくさんのファンがいたという事実だったそうです。

しかし、この曲はその考えとは真逆の 「責任」というテーマもあります。彼女のインタビューの訳文 から引用を読んでみます。

「わたし自身が裏切れない、やめられない、止まれない生きることをやめられないし、死ねない。要するに、LiSAであることをやめられないやっていかなくちゃいけないっていうやっぱりその時点の素直な苦しかった気持ちも含めてます。だけど、自分がそれでもまだ咲きたい」。

彼女が言うには 諸刃の剣のようなファンとのの関係、そして自分自身との関係があるということであり、 また、おもしろいことに

他人事のように自分自身のことを「Lisa」と第三称で呼んでいます。自分のイメージを常に作り出し世に送り出していかないといけないということです。そしてその「Lisa」というイメージに対して感謝している 一方でそのお陰でまたとてつもなく辛い思いもするということ。

これが曲全体の核心を突いている部分だと思います。私たちにはこのようなとても困難な責任がありますが、いざそれから逃がれようとすると
Lisa曰く「実際に鬼になる」そうです。興味深いですね。
彼女が話しているのは 現実の世界ですが、彼女は、人間は実際に悪魔になることができる、といっています。
では、もう一つの彼女のインタビューの引用を読ませてください。

「責任や守るべきものを放棄できた人は、鬼になれる。自分の弱さを言い訳にして、すべてを敵だと思える人は、鬼になれてしまうんですね。人は、守りたいものを捨ててしまえば、裏切ってしまえば、いつでも鬼になれる。モラルや、自分の中に「こうはなりたくない」っていう信念、「こういう人でいたい」っていう理想があったら、鬼にはならないんだろうなって思います。

世の中には、鬼がいっぱいいるんです。でも、そういう鬼のことを気にしたらダメって、小池一夫さんの本に書いてあった。小池一夫さんの『だめなら逃げてみる(自分を休める225の言葉)』っていう本が、わたしのお守りなんですけど。」

彼女の発想は興味深いですね。現実世界には鬼が実際にいる、鬼にならないためには 責任逃れをしないしなければならないのは責任の中に含まれているいろんな課題に向き合ってそれを強さに変えてしまわないといけない
感謝の気持ちを持たないといけない。

歌の中で 「ありがとう 悲しみよ」という言葉が出てきますがこれは陰と陽的な考えでもあると思います。彼女は、苦しみのない幸せはないとも言っている。苦労せずに幸せはない、と。
もしそうだとしたら苦労に感謝しなければなりません。
責任にも感謝しないといけない、ということです。 諸刃の剣なのだから。このような点から、この歌には非常に深いメッセージが含まれている、といえると思います。表面的な部分から汲み取る以上に。

そして、二つの意味が重なっていて、実際の話である炭治郎のレベルと彼女自身の個人的な話。禰豆子が鬼に取りつかれるのとと同じように
自分が丹次郎に取りつかれたかのように
丹次郎を自分の中に取り込み、リサとして吐き出しています。
また、彼女にとってこの歌の一番中心的な歌詞は
「世界に打ちのめされて負ける意味を知った」という部分だそうです。
それを直訳すると “I’ve been beaten down by the world and I’ve come to know what
it is to be defeated”
その歌詞を思いついた時に作りかけていた歌詞の全てを一度投げ捨てこの1行を中心に再び全ての歌詞を書き直したそうです。
「全世界から叩きのめされてしまった。 でも今はそれが何なのか分かった。

LiSA draws a distinction between simply dreaming, and having a sense of responsibility towards dreaming. She talks about the privilege of having a mission, with all the weight that that entails.

In LiSA’s case, she says that it is her responsibility to her fans, her team and her staff that gives her strength, and it’s this that she is referring to in the opening line of Gurenge “I’ve found a reason to be strong”.

She had various reasons to need a source of strength. She had just passed that threshold out of youth age of 30. This age is, sadly, an especially significant one for a female singer working in an industry that consistently frowns upon age. She has said:

「30代を迎えることに恐怖も感じていた。30歳になって次の10年をどうやって生きていくか―、想像した時に何も見えなかった。できる限り走って行って、終わってしまえば、その時が燃え尽きた時だって。すごく苦しかったです」

I was feeling a great fear as I neared the age of 30. How on earth would I live the next ten years after the age of the 30? If I tried to imagine it, there was just nothing I could picture. It’s like I had ran my heart out, reached the finish line, and now I was burnt out. I was truly in pain”.

 

It was a time of great uncertainty about her future, her artistic direction, which way her quest would lead her next. In her own words,

 

「それまで、不安要素が多いところをみんなにたくさん見せてしまっていたので、今の自分の気持ちをちゃんと伝えなくちゃって思ったのが“紅蓮華”です。」

“I had demonstrated to everyone the things that I was feeling uncertain about. Gurenge was an attempt by me to actually convey a message about how I am feeling now.”

In this context, Gurenge becomes an anthem of self-motivation where LiSA draws on the strength of her fans, and embraces her responsibility to them to flower.

Kayoko Kusano’s Role in the making of Gurenge

Gurenge also represented a turning point for composer Kayoko Kusano. An alumni of the Kansai University 軽音部, or “Band Club” that has managed to spawn several notable musicians, Kayako had spent the last decade or so making music as a solo singer songwriter under the Name of Kayako. In 2019, two months before the release of Gurenge, she changed her name, switching to using her full name of Kayako Kusano, this time written in Kanji as opposed to the heretofore Katakana. She was undergoing her own journey of self discovery, or rediscovery.

On her blog she wrote

カヨコとしての自分と

そもそもの自分の差異が無くなり

完全にひとつになったこと

そして、やっと認め愛せるようになった

現在のありのままの自分を今まで以上に音楽で体現し

世界に産み落としていく為の決意表明として、

親から与えられた世界にひとつしかない大切な本名で

自分が信じる音楽をたくさん創り出していけたらなと思い

改名する運びとなりました

The gap between The “KAYOKO” that was me

And the me that had existed in the beginning disappeared

And was completely united

I came finally to acknowledge a love

And to experience now more than ever, through music, the unadorned me that now exists

As a statement of determination born into the world

With the single precious name that has been bequeathed to me by my parents

My wish is that I can create a large body of work that I myself can believe in

And so, a new name came into being

It almost seemed like there was a hand of fate at work when LiSA presented to her a song title name that even included one of the Kanji characters “華” in it. 

Gurenge was not the first song that Kayoko and LiSA had worked together on. They had notable success with collaborations on tracks like Adamas.

 

The process here was different though. LiSA, this time, presented a blueprint for the song with some chords and an outline of the words. She just needed a killer melody to make it really sing. It needed a melody capable of slaying a Demon.

Gurenge’s Final Message

So Gurenge is a combination of fiction and reality, of Tanjiro and LiSA. It celebrates the underdog. Those that have been cut up, but keep on going. But, deeper than that, it celebrates the fact that responsibility brings with it great sacrifice, and that there is a happiness that is only available to those who have been willing to accept that sacrifice. It says that we should pay thanks to hardship, because it is the yin that makes the yang of achievement possible. It asks us to see every circumstance as a gift, as a source of gratitude and strength. Just as the lotus takes its strength from the mud that it grows from to be the flower that blooms above. 

So LiSA, and Tanjiro, say thankyou for the pain, and we should say thankyou to them for reminding us that we should do the same.

そこから進んで、かつての自分よりも大きくなることができる。」と。すなわち、紅蓮華という歌は作り話と現実の融合だと言えます。負け犬を称えていたり、躓いたり、倒されたもの、叩きのめされたものをを称えています。
しかし、それ以上に自分の苦労に感謝するべきだというメッセージがあります。
自身の責任に対しても。そうすることによって自分を更に一つ上のレベルに上げることができるということです。蓮の花が日常世界の泥の中から生えてきて美しい花になるのとと同じように。そうやって、私たちは 人生を生きていかなければなりません。
それから逃れることはできません。それから逃れようとすると あなたは鬼になります。

だから、私のアドバイスは、鬼になるなということと、

LiSAの美しい「紅蓮華」という歌を楽しむことです。

Songs In Translation

smells like teen spirit 和訳

スメルズライクティーンスピリット 歌詞の徹底解説 。ネットですでに存在しているNirvana Smells Like Teen Spiritの和訳を見ましたが、どれもいいところと悪いところがあって、かなり間違っているのも多いと思いました。
自分の納得行く訳を作ろうと思いました。

Read More »
JLPT3

Magic Party Believe In Paradise

https://youtu.be/9judaFLVS_4 If you haven’t skipped the ending credits after watching “Midnight Diner Tokyo Stories” (深夜食堂 Shinya Shokudo in Japanese) season 1 you will remember the bold, female vocal

Read More »
Language

Japanese Song Lyrics

An ever growing list of Japanese Songs translated into, and performed in, English. Most songs presented with a detailed background to song context and history.

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

Hana Kimura, Her Mother’s Petition and The Rigging of Terrace House

Today we translate an article from the Shukan Bunshun that outlines how Hana Kimura’s mother, Kyoko Kimura, is petitioning Japan’s broadcasting watchdog to examine how the show Terrace House was set up in a way that ultimately led to Hana’s demise.

Along with the text, we read the article in Japanese, then in English, then sentence by sentence in both languages.

Original Article from Shukan Bunshun

自ら命を絶った木村花さん(享年22)の母・響子さん(43)が、7月15日、BPO(放送倫理・番組向上機構)に対し、放送による人権侵害があったとして審議を申し立てたことが、「週刊文春」の取材で分かった。
自殺の原因となったのは3月31日にNetflixで配信された第38話「コスチューム事件」。花さんが同居人の帽子をはたくシーンが流れ、花さんのSNSに誹謗中傷が殺到した。配信当日、精神的に追い詰められた花さんが自殺未遂を起こしたにもかかわらず、フジは5月14日にYouTubeで「コスチューム」事件の続編(未公開映像)を3本立て続けに公開し、5月23日には地上波で本編を放送した。その5日後の5月23日、花さんは自ら命を絶つ。
響子さんは「週刊文春」の取材に対し、「コスチューム事件」の撮影において、スタッフから花さんに対し「ビンタしたらいいじゃん」などとやらせ指示があったことを証言。それを裏付ける花さんのLINEメッセージも携帯電話に多数残されていた。また、帽子をはたかれた同居人の小林快さんも、生前の花さんから「(帽子をはたいたのは)本心からではなくスタッフに煽られた行為だった」と謝罪を受けていたことを明かし、やらせの常態化も告発した(7月9日発売号)。
花さんら出演者がスタッフからの理不尽な要求に従い続けた背景には、フジ側と交わした「同意書兼誓約書」の存在がある。28項目ある誓約書の中には「演出指示に従うこと」をはじめ、「途中リタイアしないこと」「写真週刊誌などの雑誌に口外しないこと」「(制作側に)SNSのアカウント情報を開示すること」などという文面が並び、これらの誓約条項に違反し、放送・配信が中止になった場合は、出演者が放送回分の制作費を無条件に賠償すると記載されていた。
パワハラや名誉棄損問題に詳しい大城聡弁護士が指摘する。
「台本はなく、自由に共同生活を送っているかのように放送しているが、巨額の損害賠償の可能性をちらつかせた現代の“奴隷契約”とも言える誓約書兼同意書によって出演者個人の意思が制作側に制限される強い支配構造があったといえる。制作側による演出の態様によっては、憲法13条の自己決定権が奪われていたことになる。また、凶暴な悪役という虚像が本当の人格として視聴者に結びつけられ、SNSの炎上は生まれた。この点から放送によって人格権も侵害されていたともいえる。BPOではやらせがあったかどうかの放送倫理の問題だけでなく、人権侵害があったかどうかも審議されるべきです」
フジは7月3日の社長会見で、「無理強いはしていない」「感情表現をねじ曲げるような指示はしていない」「花さんと話し合った上で撮影や配信を行った」と主張。また、社内調査中だとし、検証結果は遺族感情を踏まえながら公表するとしている。
こうしたフジの説明に不信感を抱く響子さんは7月15日付でBPOの放送人権委員会に申し立てを行い、「週刊文春」の取材に次のように答えた。

「花や共演者、スタッフの証言から分かってきたのは、フジテレビさんが花を人間として扱ってはいなかったということ。フジ側はあたかも制作側と花が対等かのように説明していますが、これはイジメやパワハラの論理と同じです。2度と同じ悲劇が起きないようにするためにも、フジは花の死にきちんと向き合って欲しい」

English Translation

As outlined in the Weekly Bunshun magazine, Kyoko (43), the mother of Hana Kimura who took her own life at the age of 22, lodged a request with the Broadcast Ethics and Program Improvement authority on the 15th of July to examine whether human rights infringements had occurred in Fuji Television’s Terrace House broadcasts.

The cause of the suicide is the “Costume incident” that aired on the 31st of March on the 38th episode of the Netflix program. In the episode, Hana is seen to strike the hat off one of her housemates, leading Hana Kimura’s social media accounts to be flooded with abusive comments. Paying no heed to the desperate mental state that led to Kimura’s failed suicide attempt  on the day of the broadcast, Fuji Television released 3 videos on youtube on the 14th of May featuring unreleased footage continuing the “costume incident” theme and then put to air a larger program on the 23rd of May. Five days later, Kimura took her own life.

In coverage by the Shukan Bunshun magazine, Kyoko Kimura stated that production staff had instructed Hana to “go ahead and give him a slap”. This statement is backed up by numerous messages in the Line app on Hana’s phone. Further, the house mate Kai Kobayashi who had his hat struck off has made clear that he received an apology from Hana saying “I never wanted to hit your hat off. I was made to do it by production staff.” and that “fake” scenes had become the norm on the show.

Behind the unreasonable demands that Hana and other participants continuously bowed to was the Letter of Consent cum contract that they had entered into. In the 28 items of the contract were a parade of statements that included (the participant must) “obey performance instructions”, “must not give up during production”, “must not communicate with weekly photographic magazines”, and “must inform production staff of all social media account information”. In the event of contract violation and broadcast cancellations participants were required to make recompense of the production costs of broadcast episodes.

According to one lawyer well acquainted with matters of Power Harassment and defamation, Oshiro Satoru

While creating an appearance of housemates freely going about their lives unscripted, we can say there was a compelling structure of domination controlling participants by holding the possibility of a large scale compensation claim over them, amounting to a modern “contract of slavery”. The terms set out relating to performance from the production staff stole the participants right to self determination as set out in clause 13 of the Constitution. In being presented as a violent villain, Kimura’s true character was entwined with a false image in the eyes of the viewer, leading to a social media explosion. In this way, we can say that the broadcast was in violation of Kimura’s personal rights. The BPO should consider not just the ethical implications of whether or not there was false staging, but also whether there was a violation of human rights.

 

In a statement on the third of July, Fuji television’s president said “we have not used any compulsion”, “ We have made no instructions to make people change their emotional expression”, “we shot and broadcast in full consultation with Hana”. He further said that the company was conducting an internal investigation, and the results would, in consideration of the feelings of family members,  be released to the public.

Holding suspicions regarding the veracity of these explanations, Kyoko Kimura lodged a statement with the BPO Committee on Broadcast Human Rights on the 15th of July, and told the Shukan Bunshun,”What we have understood from the statements of Hana and her fellow performers is that Fuji Television did not treat Hana as a human being. The Fuji camp is trying to make it out as if the production team and Hana were on a level footing. This is the logic of bullying and power-based harassment. In order for this tragedy to never ever repeat, I want Fuji to properly face up to the death of Hana.

Language Learning Program Reviews

Songs In Translation

smells like teen spirit 和訳

スメルズライクティーンスピリット 歌詞の徹底解説 。ネットですでに存在しているNirvana Smells Like Teen Spiritの和訳を見ましたが、どれもいいところと悪いところがあって、かなり間違っているのも多いと思いました。
自分の納得行く訳を作ろうと思いました。

Read More »
JLPT3

Magic Party Believe In Paradise

https://youtu.be/9judaFLVS_4 If you haven’t skipped the ending credits after watching “Midnight Diner Tokyo Stories” (深夜食堂 Shinya Shokudo in Japanese) season 1 you will remember the bold, female vocal

Read More »
Language

Japanese Song Lyrics

An ever growing list of Japanese Songs translated into, and performed in, English. Most songs presented with a detailed background to song context and history.

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

Nigo & James Lavelle 1997 Japan Interview Translated

You may know the Japanese clothing designer and DJ Nigo from his work with his clothing brand BAPE or his associations with artists such as Kanye West or Pharrell Williams. You may also know James Lavelle from his work as a musician and label owner working with the likes of DJ shadow, Mike D and Thom Yorke.

We’ve written about the general history of Bape, Major Force label, Tiny Punks/Panx here. Today we’ve translated an interview that Nigo and James did in a Japanese magazine in 1997.

SCENE 1:ウェンディーズ前。
NIGOとジェームス・ラヴェル。 かたや東京でいちばん刺激的なウェア・ブランド、 ベイジング・エイプの。かたやロンドンでいちばん 完激的なレーベル、モ・ワックスの。2人は若きジ ニネラルである。そんな2人が同じテーブルについ て話し始める―いったい何を? 経営をめぐる社対談? そうではない。これから始まるのは、2 人のルーツをめぐる対話。この8月から本格的に日 本国内でのディストリビューションを開始したモ・ ワックスからユニークな企画盤がリリースされるの知っているだろうか。『APE V.S. MO’WAX』。 NGOとジェームス・ラヴェルが各自モ・ワックスの 音源からチョイスした計20曲が、“NIGO’S DISC” “JAMES’S DISC” という形にまとめられた2枚のコンピレーションCDだ。まったく違うジャンル のプロフェッショナル同士の、思わぬ形での共演。
こうした作業を可能にしたのは、やはり2人の間に 共通する何かがあるからに違いない。それはいった い何なのか?
エイプの立ち上げとモ・ワックスの立ち上げっ ていうのは、ほぼ同時期ですか? . NIGO「いや、多分ね、ジェームスのほうが1年以上 早い。僕は原宿にノーウェアを開いたのが93年の4 月。で、ベイジング・エイプっていうブランドを始 めたのが93年の9月」
ジェームス「いや、僕は92年のクリスマスにモ・ワ ックスを作った。今年の12月で丸5年」
その頃から、お互い知ってました?
NIGO「うん、知ってましたよ。初めて会ったのは4 年くらい前? なんかちょっと意見が食い違うんで すけど(笑)」
ジェームス「最初に会ったのはロンドンなんだよ」
NIGO「覚えてない(笑)」 ジェームス「それはね、ほんとにパッと一瞬だけし か顔を合わせなかったせいだよ」
NIGO「僕が覚えてるのは東京で。いきなり彼が僕 の携帯を鳴らして、で、会おうと。すぐ近くのウェ ンディーズの前で待ち合わせして(笑)」
ジェームス「うん、そう(笑)。日本に行ったら絶対 にNIGOの服が買いたかったから」
NIGO「あげましたけど(笑)」。

ジェームスさんは、どうしてNIGOさんのこと を知ってたんですか?
ジェームス「ロンドンで服のディストリビューショ ンをやってる友達がエイプのTシャツを見せてくれ たんだよ。そしたらそこに“LAST ORGY”って書 いてある。『おい!! “LAST ORGY” って言ったらタイニーパンクスのレコードの名前じゃないか! 何だこれは!?』って。もう絶対に欲しいと思った。 とにかく僕はメジャーフォースのレコード全部持っ ていたから」
僕らは興味の対象が似ている。だから とにかくNIGOと何か作りたかったんだ。

SCENE 2: メジャーフォース!
キーワードはメジャーフォース。88年、東京で高 木完と藤原ヒロシのタイニーパンクス、中西俊夫、 工藤昌之、屋敷豪太の5人によって設立され、12イ ンチを中心としたリリース、さらに海外のヒップホ ッパーとの交流など独自の活動を展開したレーベル。 ちなみに「LAST ORGY」とはレーベル第1弾作品 としてリリースされたタイニーパンクスのシングル。 雑誌『宝島』で同じく「LAST ORGY」という連載 を持っていたタイニーパンクスであるが、前述のジ ェームスの発言は、このシングルのことを指してい ると、以上が概略。メジャーフォース”。その存 在が2人をつなげる直接のきっかけになったのだ。
ーNIGOさんはもちろんメジャーフォースのレコ ードは当たり前に買ってたんですよね。
NIGO「もちろん。高2、高3とかそのくらいかな。 隔週ペースで東京に来たりして買ってましたね」
でも、ロンドンにいるジェームスさんはどうや ってメジャーフォースのことを知ったんですか?
ジェームス「僕は学校をやめて15歳ぐらいからレコ ード・ショップで働いてたんだけど、当時ロンドン で人気のあったローニン・レーベルに友達がいたん だよ。で、ある時ローニンのスタッフがDJツアー で日本に行って、たくさんレコードを買って帰って きたんだ。それが友達経由で僕のところに回ってき た中に、何枚か入ってたんだよね、メジャーフォー スのレコードが。それがファースト・コンタクト。 もう、すぐに魅了されたよ!! どれも驚くほど素晴 らしかった。もともと僕はカラテとかカンフーをや ってたせいもあって……」
―え!?(笑)
ジェームス「小さい頃からやってたんだけど(笑)、 とてもアジアの文化に興味があったからね。そうい ったこともあって、なんとかしてメジャーフォース のレコードを手に入れようとしたんだ」
ジェームス「僕は16歳から“オネスト・ジョンズ” っていうレコード・ショップで働いてたんだけど、 そこは当時ロンドンでいちばんいい店で、よく日本 人のバイヤーがレアなファンクとかソウルを買い付 けにきてたんだ。そういう連中をつかまえては“メ ジャーフォースのレコードとトレードしよう!”っ て言ってた。とにかく片っ端から言ってた」
それが意外な出会いへとつながっていくのだから 面白い。
ジェームス「ある日、店に入ってきた2人の日本人 にタイクーントッシュ(中西俊夫)の12インチ を探してるんだ”って言ったんだ。そしたら片方の 男がさ、“オレがタイクーン・トッシュだ”って言っ たんだよ(笑)。トッシュとクドー(工藤昌之)だっ たんだ。もう信じられなかったね! 慌ててレコー ドをくれって頼んだら“あいにく持ってないんだ” って言われちゃったんだけど。でもそれが縁で、 日本に行った時にファイル・レコードの人を紹介し てもらったりした。いつもレコードくれ!”って 言ってたから嫌がられてたみたいだけど(笑)」
現在はメジャーフォース・ウェストとしてロンド ンを拠点に活動する中西俊夫と工藤昌之とのいささかできすぎた出会いが、ジェームスと東京とを結び 付け、やがてはNIGOとの出会いにまでつながって いく。まさにルーツとしてのメジャーフォース”。 直接的な出会いのきっかけとしても、感覚的な部分 でも、2人にとってその存在は大きい。では2人が 選ぶメジャーフォースのベスト・トラックは?
NIGO「うーん、なんだろ。『LAST ORGY』かな」 ジェームス「RETURN OF THE ORIGINAL ART FORM』。すべてのレコードの中でベストの1 枚だよ。それに当時イギリスのアンダーグラウン ド・シーンでこの曲は爆発的にヒットしたんだ」
ジェームス「僕らは興味の対象が似ているし、 NIGOにはこのCDを作ることで“キミもモ・ワック スの一員だ”って言いたかった。NIGOが僕をエイプ の一員とみなしてくれるように」 NIGO「僕ら、けっこう似てるかなって気はしますね」
どちらも今では再発CDで容易に聴くことができ る。ぜひトライしてみてほしい。

どちらも今では再発CDで容易に聴くことができ る。ぜひトライしてみてほしい。
SCENE 3: アンド・ナウ。

そして現在。東京とロンドン、ウェアと音楽。立 っている場所は違えども同じルーツを持つNIGOと ジェームス・ラヴェルの初めての共同プロジェクト が、冒頭で触れた『APE V.S. MO’WAXだ。ここ から見える2人の関係性とは……。
――そもそもこのCDを作ろうっていう話は、どっ ちが言いだしたんですか? NIGO「ジェームスのほうからですね。基本的に、僕 はこれはやらなくてもいいことなんですよ(笑)」 ジェームス「僕はとにかくNIGOと何かがやりたか った。今までにないやつを。このCDはお互いが得 意分野をいかして、その要素をすべて盛り込んだ、 ある意味マッドなプロジェクトだね」
マッドな(笑)。
ジェームス「今回NIGOと1曲共作してるんだけど、 そういうことも含めて今までにないコンピレーショ ンになっていると思う」
NIGOさん、ドラム叩いてるんですよね。
NIGO「まぁ一応(笑)。ロンドンに行って2日間で 録って。本当はもうちょっといたかったんだけど」
やっぱり服作りとは違うところが面白い?
NIGO「いや、なんかね、服を作るのと似てますよ。 昔、チャックDが“サンプリング・スポーツ”って 言葉使ってたじゃないですか。完ちゃんもよく言っ てたし。うん、そういうノリで。服も似てる」
小難しい“引用”ではなく、フィジカルなサン プリング・スポーツ”。ジャンルを越えてNIGOとジ ェームスが共鳴しあうクリエイティビティのスタイ ルを、これほど端的に言い当てる言葉もない。
ジェームス「僕らは興味の対象が似ているし、 NIGOにはこのCDを作ることで“キミもモ・ワック スの一員だ”って言いたかった。NIGOが僕をエイプ の一員とみなしてくれるように」 NIGO「僕ら、けっこう似てるかなって気はしますね」
ルーツをめぐる2人の関係は続く。

Scene 1 At the front of Wendy’s
Nigo and James Lavelle.
One is the most cutting edge clothing brand in Tokyo, Bathing Ape. The other is the most impactful label in London, Mo wax. Each is a Young General. Two people of such stature sit at one table and start to talk. What on earth do they talk about? Do they talk matters of company management? No. What ensues is a discussion of their mutual roots. Let me start by asking, are you aware of the unique record, organised by Mo wax, that is scheduled for major distribution domestically in Japan from August, “Ape V.S. Mo’Wax”? It is a two disc compilation CD, in the form of “Nigo’s Disk” and “James’ Disk”, of their own selections from the Mo’Wax catalogue. It represents an unexpected collaboration between two professionals from completely different fields.
Surely, it can only be a collaboration made possible by some kind of shared common ground between the two. So what is it that they have in common?
Were Ape and Mo Mo’Wax launched around the same time?
Nigo: Well, I think so. James was about a year earlier. I had Nowhere in Shinjuku in April of 1993. Then I launched the Bathing Ape brand in September ‘93.
James: I made Mo’Wax Christmas 92. In December this year it will have been just on five years.
Have you known each other from around that time?
Nigo: Yes, we have. I think we met around four years ago? I think we might have a difference of opinion on that though (LOL).
James: We first met in London.
Nigo: I don’t remember.
James: That’s because we only really crossed paths for a moment.
Nigo: I remember Tokyo. Out of the blue, I get a call from him saying “let’s meet up”. We met up at a Wendys nearby.
James: True. I’d been thinking when I went to Japan I definitely wanted to buy some of Nigo’s clothes.
Nigo: Well, actually I gave you the clothes.
How did you hear about Nigo James?
James: A friend who does clothing distribution in London showed me an Ape T-Shirt. It had “Last Orgy” written on it and I was like “Hey, that’s a Tiny Punks record! What is this?”
I thought, “I have to have this”. After all, I owned all the Major Force records.
The keyword here is Major Force. Major Force is a label begun by five people; Kan Takagi and Hiroshi Fujiwara from Tiny Punks, Toshio Nakaishi, Masayuki Kudo, Gouta Yashiki. Focusing on 12 inch releases, the label was in contact with hip hoppers from overseas whilst carrying on their own original practice. We should add that “Last Orgy” was the name of the first release from the label by the group Tiny Punks. Tiny Punks also had a column of the same name in the Magazine Takarajima but James is referring to the single release in the above. Major Force. That is the force that binds the two together.

Of course you were buying Major Force records also Nigo?

Of course. It would have been around 2nd and 3rd year of high school I think. I was coming to Tokyo every couple of weeks to buy them.

But how did you hear about Major Force in London James?

James: I quit High School around 15 and started working in a record shop. I had a friend who was part of Ronin Label, which was popular at the time. Then one of the Ronin people went to Japan on a DJ tour and came back with a whole lot of records they had bought. They came around to me via a friend. That was my first contact. It had an instant impact. All of them were shockingly good. I also had a background in Karate and Kung Fu.
-What.
James: I had been doing that since I was a kid, because I was really interested in Asian culture. So I really wanted to get my hands on the Major Force records.

James: From the age of 16 I worked in a record shop called Honest Jon’s, which was the best shop in London at the time. Japanese people often came to buy rare funk and soul records. I would pounce on those people and say “do me a trade for some Major Force records”.

That was fun because it would lead to getting to know some unexpected people.

James: One day, a couple of Japanese people came to the shop saying they were looking for a 12 inch of Tycoon Tosh. Then one of them says, “I’m Tycoon Tosh”. That was Tosh and Kudo. I couldn’t believe it. I hurriedly asked if he had any records and he said “Unfortunately, i don’t have any with me”. But through that connection, When I went to japan I was able to get an introduction to File Records. Because I was always asking them for records, I think I got on their nerves though.

Having almost too easily hooked up with Nakanishi Toshio and Kudo who were now based in London, James connected with Tokyo, eventually leading to his meeting Nigo. He had found himself at the very origins of Major Force. Major Force presented the direct opportunity for the two to meet, and an important middle ground of a shared sensibility. So what Major Force track does each choose as their favourite?

Nigo: Hmmm, I wonder. Maybe Last Orgy.
James: Return of the Original Art Form. That is my favorite record of them all. That track was already a smash hit in the London Underground Scene at the time.
Both are easy to find on CD reissue now. We urge you to give them a try.

Scene 3: And Now
And Now. Tokyo and London, clothing and music. Standing in different locations, but having shared roots, Nigo and James Lavelle embark on their first project together – the “Ape V.S. Mo’Wax. What can we see about the two people’s relationship from here?” that we touched on at the start of this article

So who was the one to say “let’s make a CD” in the first place?
Nigo: That was James. Fundamentally, for me this is something we don’t need to do (LOL).
James: I just wanted to do something with Nigo. Something that hadn’t been done before. This CD is a combination of our strengths, a blend of all of those elements. In a way, it’s quite a mad project.

“Mad” (LOL)
James: I’m working on a track with Nigo at the moment, so including things like that, this is a compilation like that nothing that has gone before.
Nigo, you’re playing the drums right?
Nigo: Well, I guess so. I went to London and we recorded in two days. Really, I wanted to go for longer.
I’m guessing making is interesting in that it is different from making clothes?
Nigo: Actually I would say that it’s quite similar to making clothes. In the past Chuck D has talked about “Sampling Sport” right? Kan often said the same thing. So, I guess it’s like that. Clothes are similar.
Not a difficult quotation, but a physical “Sampling sport”. Transcending genre, there is no better phrase to unequivocally use about Nigo and James’ symbiotic creative style.
James: Our interests are similar and with this CD I wanted to say to Nigo “you’re one of the Mo’ Wax family too. And I want Nigo to see me as one of the Ape family too.
Nigo: I feel like we are really pretty similar.
From shared roots, the pair’s relationship continues.