Japanese Essays – Inamoto

「笑顔にする」と「批判されないようにする」には、
大きな差がある。
There is a big difference between “trying to make people smile” and “making people not want to criticize you”

Today’s Japanese translation draws attention to a subtle change of perception that can have big differences in your life. It talks about the difference between “trying to make people smile” and “trying to make people not want to criticize you”. It is about how this switch from a more inward looking to a more outward looking focus can help you experience more joy in what you are doing. I found it to be a really helpful essay, and I’ve been trying to use it in my own work since I first read and translated the piece. It was written by Inazo Inamoto 稲本稲三 and appeared on his note.com blog

See all Japanoscope Japanese translations here.

Approx Japanese level

Themes

Text Type

Original Japanese

「笑顔にする」と「批判されないようにする」には、大きな差がある。

自分がやっていて熱中してしまうものと、そうでないものには、どういう差があるのだろうかと考えてみました。

仕事だろうが、遊びだろうが、やたらと何かを企画することが多い僕は、その全てが楽しいわけではなく、ときどき辛いこともあります。

逃げ出したくなったり、負担に感じたりして、なかなか企画に着手できなくなる時は、意外と多いものです。

しかし、それとは反対に、一度やり始めたら、ずっとやり続けてしまうこともあります。

目が疲れていたり、お腹が空いていたりしても、その時間に終わりが来てほしくないから、いつまでも続けてしまうことがあり、楽しくて仕方がなくなります。

 

 

Translated English

There is a big difference between “trying to make people smile” and “making people not want to criticize you”

I’ve been thinking about what the difference is between the tasks I find myself getting lost in the act of doing, and those that I do not.

Whether it’s as part of my work life or my recreational life, I’m often planning something or other. Not all of it is fun. Sometimes there are things that I have to do that are just a pain.

There are actually many times when I feel like running away from what I have to do, or feel my tasks are a burden, and find myself procrastinating from what needs to be done.

On the other hand, there are some things that once I start on I feel I could just keep going on with forever.

Whether my eyes are getting tired, or my stomach is rumbling, at those times I don’t want what I am doing to ever end. I don’t want to quit because I’m just having so much fun.

 

僕が「楽しい」、「ハマってるなぁ」、「終わりたくない」と思っているときは、意識が他人に向いています。 The times when I feel like I’m “having fun” or “swept up in something” or that I “don’t want something to end” are the times when my focus is on other people.

Inazo Inamoto trans. Peter Head Tweet

 同じようなことでも、なぜ違うのだろうか。

その原因は、僕が向ける意識にありました。

僕が「楽しくない」、「辛い」、「逃げ出したい」と思っているときは、意識が自分に向いています。

自分の肉体的な疲労や精神的な疲労ばかりに意識が向いてしまうと、どんなに楽しいことをやっても休みたいと思ってしまいます。

その他にも、自分ができなくちゃいけないというプレッシャーも、危険なものです。

そんなプレッシャーの中では、何をやっても楽しくありませんし、逃げ出したくなってしまうだけです。

それとは反対に、僕が「楽しい」、「ハマってるなぁ」、「終わりたくない」と思っているときは、意識が他人に向いています。

「目の前のことを早く終わらせたい」という気持ちよりも、「どうやったら面白くなるか」ばかりを考えているので、自分の都合が介入してくることはありません。

他の人の笑顔を具体的にイメージすれば、そこに向かって走っていくのは、楽しいものです。

 

Why do I experience such similar things so differently?

I’ve found that difference has lay in where I’ve been directing my focus.

When I am experiencing something as being “a bore”, or “a pain” or “something I want to escape from”, it is when I am focusing on myself.

If I focus on my physical and mental fatigue, I find myself wanting to take a break no matter how enjoyable a task may be.

Another dangerous factor is feeling the pressure that I must be able to do something.

Under such pressures, anything I do is rendered unenjoyable and all I feel is the urge to escape.

Conversely, the times when I feel like I’m “having fun” or “swept up in something” or that I “don’t want something to end” are the times when my focus is on other people.

Rather than thinking “I can’t wait to finish the task at hand”, I’m just thinking, “how can I make what I’m working on really interesting?” so my own circumstances don’t get a look in.

If you concretely picture the smiling faces of other people, it becomes only natural to feel the urge to move towards them, and to enjoy the process.

 

同じようなことでも、なぜ違うのだろうか。 その原因は、僕が向ける意識にありました。 Why do I experience such similar things so differently? I’ve found that difference has lay in where I’ve been directing my focus.

Inazo Inamoto trans. Peter Head Tweet

このとき大事なのは、他の人から批判されないことを目指さないことです。

「笑顔にする」という意識と「批判されないようにする」という意識には、大きな差があります。

「笑顔にする」のは、積極的な工夫を仕掛けたくなるものですが、「批判されないようにする」のは、消極的な考え方になって、必要以上のことをしようとは思えなくなります。

相当な向上心がある人は、「批判されないようにする」という意識でも、十分に機能すると思いますが、向上心に疲れやすい人にとってはネガティブになってしまうだけです。

「笑顔にする」という意識を持てば、人間関係も嫌にはなりませんが、「批判されないようにする」という意識は、人と関わること自体がストレスになります。

物事を楽しむ人とそうでない人の差は、常にこういうちょっとした差で開いていっているのかもしれません。

稲本稲三

The important thing here is not to aim at avoiding criticism from others.

There is a big difference between “trying to make people smile” and “making people not want to criticize you”.

“Making people smile” is something that leads you to proactively innovate, but “making people not want to criticize you” is a negative idea and leads you to want to do no more than the bare minimum.

For people with a truly considerable urge towards self-improvement, “making people not want to criticize you” may be enough to get by, but for those that tire more easily of self discipline, this way of thinking only leads to negativity.

If you come from a place of trying to “make people smile”, neither will you be annoyed by human interaction. Whereas if you come from a place of “make people not want to criticize you”, the very act of interacting with others becomes stressful.

It may be that this fine distinction is the only thing that separates those that enjoy life, from those that don’t.

Inazo Inamoto

Unfamiliar words for me

疲労 Fatigue, weariness

消極的 half-hearted, unmotivated

向上心 Desire for Self-Improvement

Inamoto’s essay urges us to change from an inward to an outward focused orientation to achieve a more fulfilling, and absorbing, existence. You may want to follow up this article with the intriguingly courageous social media commentary of Todoron on her experience of “being ugly in Japan”, or by looking at this collection of Japanese Quotes on life taken from everything from advertising placards to manga panels, or take our “Samurai or CEO” test, where we place quotes from modern day business leaders next to military leaders of yore to see if you can tell the difference…

Want more Translations? Try a topic from this list:

Language Learning Program Reviews

Latest Posts

Culture

Japanese Storage

From my earliest years of going to Japan as a teenager, I was struck by the way that Japanese people used space. Showers & bath

Read More »
Graded Japanese Reading & Listening Practice

Japanese Essays – Inamoto

What’s the difference between “trying to make people smile” and “trying to make people not want to criticize you”? Find out in this translation of Japanese essay by Inazo Inamoto.

Read More »
Happi Coats

Happi Coats Guide 2021

Info about those groovy, colorful happi coats and traditional Japanese jackets you see in Japan. Different types of jappi jacket, where to buy and more.

Read More »
Graded Japanese Reading & Listening Practice

David Bowie Space Oddity 和訳 in Japanese

Deniさんがデヴィッド・ボウイの曲「スペイス・オディティ」を日本語に訳しました。
その歌を翻訳するにあたって難しかったところ、また日本語と英語の歌詞の違いなどについて話をしました。
Ever wondered what Bowie’s Space Oddity lyrics would be in Japanese? Probably not. But we tell you anyway.
We go through and translate the song line by line, and discuss what it all means – in Japanese.

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

David Bowie Space Oddity 和訳 in Japanese

デヴィッド・ボウイ ・ スペースオディティ

So recently I came across a Japanese person, Deni, who does translations of English songs into Japanese on Youtube. So, because I’ve done a lot of going the other way round, of translating Japanese songs into English, I thought it would be fun to have a conversation
with Deni about how he does it.
He’s done a translation of the David Bowie song Space Oddity. So we had a conversation about what challenges he had with translating it,what the differences are between lyrics in Japanese and English.

先日Youtubeとウェブサイトで英語の歌を和訳する日本人のDeniさんに出会いました。

私は彼とは逆にこれまで色々な日本語の歌を英訳してきたので、Deniさんと歌詞の翻訳について話をしたら面白いのでは、と思いました。 

Deniさんがデヴィッド・ボウイの曲「スペイス・オディティ」を日本語に訳しました。
その歌を翻訳するにあたって難しかったところ、また日本語と英語の歌詞の違いなどについて話をしました。

Approx Japanese level

Themes

Original Lyrics

Ground Control to Major Tom
Ground Control to Major Tom
Take your protein pills and put your helmet on
Ground Control to Major Tom 
Commencing countdown, engines on 
Check ignition and may God’s love be with you 
This is Ground Control to Major Tom
You’ve really made the grade
And the papers want to know whose shirts you wear
Now it’s time to leave the capsule if you dare

 
地上管制よりトム少佐、
地上管制よりトム少佐、
プロテイン錠を飲んでヘルメットを装着せよ
地上管制よりトム少佐、
秒読み開始、エンジン始動
点火チェック、では神の愛が君と共にあらん事を願う
(10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、発射)
こちら地上管制よりトム少佐、
成功だ、よくやった
君がどんなシャツを着ているか新聞社が知りたがっている
さあ準備が良ければカプセルを切り離す時間だ

“This is Major Tom to Ground Control
I’m stepping through the door
And I’m floating in a most peculiar way
And the stars look very different today
For here
Am I sitting in a tin can
Far above the world
Planet Earth is blue
And there’s nothing I can do
Though I’m past one hundred thousand miles
I’m feeling very still
And I think my spaceship knows which way to go
Tell my wife I love her very much she knows
Ground Control to Major Tom
Your circuit’s dead, there’s something wrong
Can you hear me, Major Tom?
Can you hear me, Major Tom?
Can you hear me, Major Tom?
Can you “Here am I floating ’round my tin can
Far above the moon
Planet Earth is blue
And there’s nothing I can do”

こちらトム少佐より地上管制、
ドアをくぐっているところです
すごく妙な感じで浮かんでいて
今日は星が全然違って見えます
それは僕が世界の遥か上の
このブリキ缶の中に座っているから
惑星地球は青い
でも僕に出来る事は何もない

 

100,000マイルも旅して来たけれど、
気分はすごく落ち着いている
我が宇宙船は進むべき道を知っているかの様
妻に愛していると伝えて下さい、そんな事は百も承知だ
地上管制からトム少佐、
回線が落ちてしまった、何かおかしい
聞こえるか、トム少佐?
聞こえるか、トム少佐?
聞こえるか、トム少佐?
聞こ…
今ブリキ缶の周りを浮遊している
月の遥か上で
惑星地球は青い
でも僕に出来る事は何もない


Deniさんの翻訳と解説はここにあります

Talking about the Space Oddity Translation

Space Oddityの翻訳について話す

A conversation between Peter & Deni

P: So in this were there parts that were
difficult to translate?

D: For example, yes, “Take your protein pills”

It’s not saying, “Take the pills to the space ship.”

P: No, it’s not. I think it’s talking about swallowing the pills.

D: “Take the protein tablets.”

P: Yes, it is.

D: It could be…

 

ピーターとデニの対話

P: これで訳しにくいところとかあったんですかね。

D: 例えば、そうですね。Take your protein pills は

It’s not saying, “Take it to the space ship” ではないんですよね。

P: そうですね。飲むことだと思います。

D:  プロテイン錠を飲んで

P: そうですね。

D: It could be…

 

 

P: Was there a question that there might bea different interpretation?

D: I thought there might be, but,
well, I guess there’s not?

P: “Take your protein pills
and put your helmet on”. Hmmm I wonder. Grammatically speaking, it’s possible. But based on the context, it’s hard to imagine.But if just looked at this one sentence. Yes. It’s possible.

D: Take your protein pills with you…

P: If it was “with you,” you wouldn’t be “swallowing”.

No, I think it’s a good translation. It’s pretty much a perfect match, isn’t it?

 

P: 解釈によれば違うかもしれないという疑問があったんですか。

D: かなと思ったんですけど、まあ、それはないですか。

P: “Take your protein pills and put your helmet on”. うーんどうでしょうね。文法的にはあり得る。でもこの前後関係からしたら考えにくいかなと思います。でもこの文章だけ見たらそうですね。ありえる。

D: Take your protein pills with you…

P: “With you” だったら飲んでないですね。

いや上手に訳してると思います。ほぼ完全に一致してるじゃないですかね。

 

P:But, there’s one thing. In English, it rhymes.

“Ground control to Major TOM.

Take your protein pills
and put your helmet ON”.

“On” and “Tom” rhyme.

Do think about those
things when you translate?

D: I’d love to, but that’s pretty difficult. It’s always at the back of my mind though. You’re right.

P:So you just let that
stuff go in the first instance.

D: That’s right, it’s more of an “if possible”. If it happens to rhyme, well that’s more a matter of luck.

It’s tricky.

P: What do you think? Looking at the difference between English lyrics and Japanese lyrics, is that rhyming part different? Or is it pretty much similar in Japanese?

D: Well, no surprise,

I think the lyrics of Western
music have a lot more rhymes.

Japanese songs don’t really do that much. There are some, though.

I don’t know. In Japan, it’s more like

alliteration?

P: Alliteration.

D: There may be more of that.

P: So when we say alliteration, we’re talking about words that start with the same letter.

D: Yes, that’s what we mean.

If you’re asking me to give you an
example right now, I can’t think of one.

P: So in English, it might be like

“Peter piper picked a
peck of pickled peppers”

which is a tongue-twister where every word starts with the letter “P”.

D: Yes, that’s right.

P: But why would English
rhyme more?

I guess it may be because the Japanese
language has fewer sounds.

D: Well I think…

“Fewer sounds”. Yes, I think you’re right.

P: But it’s not like there is just no rhyming in Japanese.

The fact that there is a word for rhyme in Japanese would suggest that rhyming exists.

D: Yes, that’s true.

But in the case of Japan, rather
than rhyme, what would you say?

Word play?

I think there is more of what you would call word play.

 

P:でも こういうふうに英語だと韻を踏んでますね。

“Ground control to Major Tom

Take your protein pills and put your helmet on”.

“On”と”Tom”は韻を踏んでいる。

そういうところとかは訳すとき何か考えたり。。。

D: やりたいですけどなかなか難しいですね。それはいつも思ってるんですけどね。おしゃるとおりです。

P: じゃあ大体そういうのをちょっと一旦放っといて

D: そうですね。

できたらラッキーっていう感じですね。

難しいですね。

P: どうですか。英語の歌詞と日本語の歌詞の違いといえば

その韻を踏んでいるところは違うんですか。それとも結構 日本語でも踏んでることが多いですかね。

D: やっぱりでも

洋楽の歌詞の方が圧倒的に多いと思いますね。

日本のはあんまりいないんです。あるのもありますけど

どうかな日本だとむしろ

Alliteration?

P: Alliteration.

D: の方があるかもしれないです。

P: じゃあalliterationと言っていたら同じ文字で始まっている言葉。。。

D: そうですね。

の方が

ちょっと今あげろと言われても例が思いつかないんですけど

P: 英語だとなんでしょうね。

“Peter piper picked a peck of pickled peppers”

という早口言葉があるんですけど全部Pで始まってる。

D: そうですね。

P: でもなんで英語の方が韻を踏むことにしているでしょうかね。

日本語のほうが音が少ないというか

D: 僕が思うに

音が少ない。おっしゃる通りだと思います。

P: でもまったくないことはないですね。

韻を踏むという。。。韻を踏むという表現があるくらいだから。

 

D: そうですね。

ただ日本の場合韻を踏むよりも何て言うんです
かね。語呂、語呂合わせのようなそっちの方が多いと思います。

 

P: And when I saw this translation

One thing I didn’t understand so much
was this “Arangoto Wo Negau”.

Aru, aru, “Arangoto” means aru, or is?

Is that what it means?
D: Yes, it does.

I think “aru” means the same thing.

But I guess it’s an old-fashioned way
of putting it.

P: Why did you use a slightly
old-fashioned way of translating it?

D: “May God’s love be with you”.

It’s also kind of old-fashioned.

That’s the impression I got from the phrase.

P: Yes, it does sound a little old fashioned.
D: It’s not casual.

P: No.
D: I guess.

That’s what I thought, so
I translated it that way.

P: I see.
“May God’s love be with you”.

And in the commentary.

Somewhere in there was the question,
“I wonder if people actually use this phrase?”

D: Yes.

I’m very curious about it.

P: I’m not sure either, but

I feel like maybe in America they would.

In America, I feel like they would
say something like this.

D: Really?

P: Well,

I wonder where the song is set.

D: I would assume America.

P: It’s probably America.

Because I’m an Australian,
from my point of view,

Americans,

I have the impression of it being quite
a religious country.

Quite passionate.

D: Okay.

P: I feel like a lot of people
believe in religion.

So I feel they would use words
like this for some reason.Like when a person goes into space. At that moment.

D: Then, they may use it casually.

Possibly. I suppose.

In fact,

even though I don’t think Australia is as
religious as the US,

in parliament

i think that at the beginning of every day

they have some kind of prayer.

So, even in societies that are separated

from religion to some degree,

these kind of phrases are used from time to time.

Is there anything else want to say about this section?

 

P: で僕がこの訳を見て

あんまりわからなかったのは、この「上らんことを願う」

ある、ある、「あらんこと」って

あるということ?

D: そうですね。「ある」

でも同じだと思うんですが

何と言うのか古い言い方ですかね。

P: じゃあなんでこういうちょっと古い言い方にしたんですか。

D: “May God’s love be with you”.

それもなんというのかちょっと古い感じと。。。

そういうイメージがあったからです。

P: そうですね。ちょっと古いイメージはあるかもしれない。

D: It’s not casual.

P: No.

D: でしょう。

そう思ったからそういう風に訳しました。

なるほど。

P: “May God’s love be with you”.

で、解説のところに

「実際にこういうことばを使っているでしょうか」というのがどこかにあったんですね。

D: そうでね。

I’m very curious about it.

P: I’m not sure either, but

I feel like maybe in America they would.

アメリカだとなんとなくこんなん言ったりしそうな気がしますね。

D: そうですか。

P: ね、この話は

どこの設定になってるでしょうね。

D: アメリカでしょうね。

P: アメリカでしょうね。

でどっちかというと僕はオーストラリア人だからこっちからしたら

アメリカ人って。。。

結構そういう宗教的な国であるイメージがあるんですね。

結構熱狂的に。

D: そうですね。

P: 宗教を信じている人が多い気がして
なんとなくこんなことば使うんじゃないですかねこういう

宇宙に行く

ときとか

D: じゃcasualにいう。。。感じかもしれないですね。

そうですね。実際に。。。ね

オーストラリアもそんなにアメリカ程宗教的じゃないと思っているんですけど。

それでも議事堂とかで

たぶん毎日始まるときはちょっとしたそういう祈りあったりすると思うんですね。

だから。

ある程度宗教と離れている社会でも。

なんとなくこういうのを使ったりしますね。

他に何か気になるところとか?

 

D: “Commencing countdown”

“10,9,8,7,6,5,4,3,2,1 Blast off.”

I’ve never heard this phrase.

P: “Blast off”, yes.I don’t know which one is used, but, I don’t know, neither one of

them feels particularly unnatural to me.

“Lift off.” “Blast off.”

But in Japanese

there are more sounds than in
English.

D: I think you might be right.

P: Ground control to Major Tom.

D: Vowels are overwhelmingly prevalent in Japanese, aren’t they?

P: Yes, that’s true.

D: “Ground”, it’s one syllable but

P: “con-trol to Ma-jor Tom”

That makes seven then in Japanese.

Ground Control to

Major Tom.

Comes to 10 sounds.

D: “Tom” in Japanese.

It’s two different sounds, To-Mu.

P: Yes, it is.

D: “Tom” is one word, but if you say
“Tomu”, it becomes two words.

P: That’s why it’s quite difficult to

translate lyrics so that they
can actually be sung.

D: Yes, true. That’s why
with what you’re doing Peter,

like with Mayonaka no Doa (Stay With Me), I thought it was so great.

 

D: “Commencing countdown”で

“10,9,8,7,6,5,4,3,2,1 Blast off”

というのは僕は聞いたことないんですね。

P:”Blast off”そうですね。 どっちを使ってるから
分からないですけどどっちももあんまり不自然に感じないんですね。

「Lift off」「Blast off」

でもどうしても

日本語の方が音の数が多くなりますね。

D: そうかもしれないですね。

P: Ground control to Major Tom.

D: 母音はもう圧倒的に日本語が多くなりますよね。

P: そうですね。

D: “Ground”, it’s one syllable but…

P: “con-trol to Ma-jor Tom”

7 つですね。日本語だと

地上管理より

トム少佐

10っこになりますね。

D:「Tom」だって日本語だと

「ト・ム」二つの音になっちゃいますからね。

P: そうですね。

D:「Tom」は一つですけどトムとやると二つになっちゃいますから。

P: だから実際に歌える訳しようとしたら結構難しいですね。

D: そう、あ、そうかそれがだからピーターさんのやっていらしゃった

「真夜中のドア」あれがだからすごいなと思って

 

P: I’m making translations that can be sung but since I do it that way, they sometimes lose their direct meaning.

D: That’s why I don’t think about it when I translate.

P: It’s all about the meaning.

D: Yes, it’s simply TRANSLATION.

P: So I’m translating Japanese
songs into English, and I’m working on a translation that can be sung so I always end up with left over time.

English has fewer sounds, so you have more time. So I often take the liberty of putting in some extra things in those spaces.

D:Yes, one I really like was

“Till the morning light”.

I thought that was really cool.

P: Thank you.

And I’m often just doing stuff to create a rhyme.

D: No, I thought it was great.

P: Thank you.

Let’s move on.

 

 

P: 僕はそういうふうに歌える訳を作ってる。でもそういう風に作っているからそういう直接な意味もなくなったり。

D: 僕はだから翻訳するときにはそのことを考えていないですね。

P: とりあえず意味を

D: そうですね単純にtranslationだけです。

P: だから僕逆に日本語の歌を英語に訳しているから歌える訳を作っているからどうしても時間が余ってしまう。

英語のほうが音の数が少ないから時間が余って

で、僕が結果を勝手にその余っている時間に色々入れています。

D: はい、だから僕すごくいいなと思ったのが

「Till the morning light」が入っているのが、あれすごくいいなと思って

P:ありがとうございます。

あとけっこう適当に韻を踏むために

D: いや、素晴らしいと思いました、僕は。

P:ありがとうございます。

じゃあ次行きましょうか。

 

 

P: I’ve loved these lyrics for a long time.

From the first, the concept of making a song in the form of a conversation between an astronaught and a control centre is amazing.

D:Yes, I agree. I think so too.

P: It’s genius.

David Bowie is often praised for
his fashion and the way he dresses.

For some reason, he doesn’t seem to get as muchpraise as a songwriter.

I think it is very strange.

D: Peter, as an Australian, you think so too?

P: Yes, I do.

Of course David Bowie is a really well-respected person, and I think he is put up as being a great man.

But it’s usually about that kind of
fashion and that kind of taste.

Those things come up a lot.

But somehow, even with such amazing lyrics, songs, and technique, he’s not appreciated in this way very much.

It’s strange.

D: Maybe.

P: I especially like

in this second verse,

, my favorite part is,

“The paper wants to know
whos shirts you wear”

I like it a lot.

D: It’s good.

P: The newspaper wants to know
what shirt you’re wearing.

Yes.
It’s such an amazing everyday thing.

I love the way the song does this.

D: Yes,

It’s not, “The papers want to
know WHAT shirts you wear”.

“WHO’s shirts”.

P: “Want to know what shirts you
wear” – “Who’s shirts you wear”

Well, it doesn’t really change the meaning.

D: Oh, really?

P: “What shirts”?

No. Do you think it changes the nuance?

D: “What kind of shirts”,
so they may be asking

the color, or the pattern

But with “Whose”

Which company’s shirt is this?

or

What team’s

P: Oh, “team”?

D: For example, I looked up
the lyrics on a website.

If you’re British, it could be about the soccer team.

So, like you’re asking which team you’re a fan of. 

Some people seem to interpret it in a different way.

P:Okay.

I hadn’t really thought about that.

D: Then I guess, that might be hard to read into it?

P:No, but when you put it that way

D: Only “when you put it that way”?

P: Well, it’s possible.

That’s one way to look at it.

It depends on how you interpret it.

D: So,

Bowie’s being ironical

or satirical

on the media

I’ve read things like that.

P: Yes, well, either way, it’s really about how the media wants to know the specifics about what the astronaut is wearing.

They want to know what kind of everyday routine he has. Wouldn’t you say?

And I think these lyrics do a great job of demonstrating that.

It’s often said “Show, don’t tell”.

That’s one expression.

So when you write something, you shouldn’t talk about something, you should “show” it.

I think this is a good example.

So this sentence is saying this guy is incredibly famous.

Everyone wants to know everything about that person.

But it doesn’t use “I’m famous” or “You’re famous”.

Instead of writing, “I want to know everything about you.”

It writes “The paper want to
know who’s shirts you wear.”

I think it really “shows” it well.

Moving on…Wasn’t this
difficult to translate?

“You really made the grade.”

D: You have succeeded

Is that okay?

P: I think so.

D: You’ve made it.

P: “You’ve really made the grade.”

D: “You’ve really made it.”

P: I think it’s a bit of
an unusual expression.

I don’t hear it so much.

“You’ve really made the grade.”

D: Okay.

P: Well, it’s not that I’ve never heard it.

But it’s rare.
D: So people don’t use it much?

P: People don’t say that very often.
D: Okay.

P: I wonder why he used this expression.

“Ground Control to Major Tom,
you’ve really made the grade”.

D: It’s not a rhyme, is it?

P: There’s no Rhyme either.

Why did he go out of his way to use this?

D: But in a peculiar way.

Grade. It’s unrelated.

P: “The paper want to know who’s shirts you wear.

Now it’s time to leave the capsule if you dare

And here too, “Where” and “Dare”.

D: “Where” and “Dare,” yes.

but

P: The other thing I think is a
little more difficult is

“Planet Earth is blue and
there’s nothing I can do.”

D: yes. 

P: I think this “Blue” has two meanings.

D: Okay.

P: The meaning of “sad” and the normal meaning of “Blue”, the color “Blue”.

But no matter what you do you’re going to lose that meaning.

D: Oh, so, if you
see this phrase, you see both meanings.

P: Yes.
I thought it was kind of clever.

When I first heard it.

“Planet Earth is blue and
there’s nothing I can do.”

It can’t be helped.

The earth is sad.

D: Oh, the Earth?

P: But there’s nothing we can do about it.

D: “The Earth is Blue”? It’s not
that “I’m feeling blue”?

P: No, no. I think he’s
saying the planet earth is, it’s both blue, the color is blue.

But it’s also, “planet earth is
sad and there’s nothing I can do”

So you could leave this phrase as is…
D: Yes, you could. As for me i never thought of that until you told me about it just now. For the first time.

“So it gives that impression”, is what I thoughts.

P: But you can also use Blue in Japanese.

D: Yes, you can. Yes, “Blue” has become a Japanese word.

P: “Planet earth is blue and there’s nothing I can do”

And it rhymes again, doesn’t it?

“Blue, and there’s nothing I can do”.

P: This “Tin Can” is also interesting.

“For here am I, sitting in a Tin Can”.

Because I’m sitting in this tin can.

What did you think?

D: So…

His

As I say below, should we call it “emptiness”?

I think it’s a reflection of that.

P: Yes, it is.

The description is interesting again.

D: Really it’s a huge machine,
but it’s just a Tin Can

P: Yes.
At the same time.

Yes.

D: Bowie, played in a
band called “Tin Machine”.

This is a little off topic, but

P: He played in a band called Tin Machine?

D: I think it was around 1990. Tin Machine

They didn’t sell very well though.
P: Okay.

I haven’t heard that all.
D: Okay.

So

the spaceship’s a big machine.

To him it’s a Tin Can. He’s, what do you call it? Turning it into a Tin Can.

P: Okay let’s continue.

 

 

P: 僕この歌詞結構昔から大好きで

そもそも地球管理と宇宙飛行士

の会話という形式で歌を作っているのはすごいと思います。

D: はい、同じです。僕もそう思います。

P:もう天才的ですね。

David Bowieよくファッションとかそういう格好とかで評価されるけど

なぜか作詞作曲家としてそこほど褒められない

のがすごい不思議に思います。

D: ピーターさんオーストラリア人としてもそう思うんですね。

P: そうですね。

もちろんDavid Bowieすごい

尊敬されている人で偉大な人物として立てられていると思うんですけど

だいたいそういうファッションとかそういうセンスの

がよく出てきます。

でもなぜかこんなに素晴らしい詩、曲、

すごい技術で作っているのにそういうのがそこまで評価されないのが

すごい不思議です。

D: そうですか

P: 特に僕この

「2番」というんですかね

のところで好きなのは

The paper wants to know whos shirts you wear

すごい好きです。

D: いいですね、これ。

P: 君がどんなシャツを着ているか新聞記者が知りたがっている

そう。そういうすごい日常的なところ

を描いている、るすごい好きです。

D: これは

“The papers want to know what shirts you wear”じゃないですね。

“Who’s shirts”

P: “Want to know what shirts you wear” – “Who’s shirts you wear”

まあ、でも意味としてあんまり変わらない。。。

D: そうですね。ああそうですか。

P: “What shirts”だと

いや雰囲気的に変わると思っていますか。

D: “What kind of shirts”, so they may be asking

the color, or the pattern

だけども「Whose」だと

どこの会社のシャツですかね

or

どこのチームの

P: ああチームか。

D: 例えば僕歌詞のサイトで調べたりしたんですけど例えば

イギリス人だとサッカーチーム

のどの、だから、

どのファン、どこのファンかというふうに聞いているみたいな

解釈をする人もいるみたいですね。

P: そうですか。

そういうのあんまり考えてことなかったですね。

D: じゃ、やっぱりこれを見た感じではそんな解釈は。。。

P: いや、でも、そう言われてみれば

D: 言われてみればという感じ

P: じゃあねそういう可能性もありますね。

そういう解釈も

解釈によっては

D: その

Bowie’s being ironical

or satirical

on the media

みたいなことを読んだりもしますけど

P: そうかそうかどっちにしても

すごい具体的に宇宙飛行士はどんな服を着てるか

どんな日常生活をしているか知りたがっているんですね。

それがすごい上手いことを歌詞として示していると思いますね。

よく「Show, don’t tell」という

表現があるんですけど

だから何かを書くときにそのまま言うんじゃなくて「見せる」って

 

これはいい例だと思います。

だからこの文章が入っているのはこの人がすごい有名で

みんながその人の何でも知りたがっている。

でも「僕は有名です」、「あなたは有名です」。

「あなたのすべてを知りたい」を書くんじゃなくて

“The paper want to know who’s shirts you wear”を書いて

うまいことを描写しているなと思いますね。

後は。。。これ訳しにくくなかったのですか。

“You really made the grade”とか

D: You have succeeded

でいいですか。

P: んんだと思います。

D: You’ve made it.

P: “You’ve really made the grade”

D: “You’ve really made it”

P: ちょっと珍しい表現だと思います。

あんまり聞いたことないですね。

“You’ve really made the grade”

D: そうですか。

P: 聞いたことないことはないかな。

でも珍しい

D: じゃあまり言わないんですね

P: あんまり言わないですね。

D: そうですか。

P: なんでこんな表現を使ったんでしょうね。

“Ground Control to Major Tom, you’ve really made the grade”

D: rhymeでもないんですね。

P: rhymeもないですね。

なんでわざわざ。。。

D: でもpeculiar way

Grade遠いなあ。

P: “The paper want to know who’s shirts you wear

Now it’s time to leave the capsule if you dare

でここも「Where」と 「Dare」を。

D: 「Where」と 「Dare」を、そうですね。

あるけど

P: 後もう一つちょっと難しいと思ったのは

“Planet Earth is blue and there’s nothing I can do”

D: はい

P: この「Blue」は二つの意味あると思うんですけど。

D: そうですか。

P:「悲しい」の意味と普通の「Blue」の色の「Blue」の意味している。

でもどうしてもそれがなくなってしまうんですね。

D: ああそうですか、じゃあピーターさんはこれを見たらその両方。。。

P: そうですね。ちょっと賢いと思いました。初めて聞いたとき

“Planet Earth is blue and there’s nothing I can do”

どうしようもない。

地球が悲しんでいる。

D: あ、地球が?

P: でもこっちから何もできない。

D: “The Earth is Blue” not that “I’m feeling blue”

P: No, no. I think he’s saying the planet earth is…

it’s both blue, the color is blue.

But it’s also, “planet earth is sad and there’s nothing I can do”

でもそれは、そのままにして。。。

D: そうですね。それは僕だから今

ピーターさんに言われるまでそれは思ったことないですね。初めて

そういう印象を持つんだなと思いました。

P: でも日本語でも Blue 使ったり

D: そうですね。

もう、それは日本語になっていますね。 Blueは

P: “Planet earth is blue and there’s nothing I can do”

で、また韻、踏んでいますね。

“Blue, and there’s nothing I can do”.

P: この「Tin Can」も面白いですね。

“For here am I, sitting in a Tin Can”

このブリキ缶の中に座っているから。

どう思いましたか。

D: それはだから

彼の

下にも書いてますけど虚無感といいますかね。それを

反映しているんじゃないかなと思ってるんですけどね。

P: そうですね。
また描写がちょっとおもしろいですね。

D: 本当は大きなシーンなんだけどもIt’s just a Tin Can

P: Yes

D: At the same time.

P: Yes

D: Bowie, 「Tin Machine」というバンドやりましたね。

ちょっと話がずれますけど

P:「Tin Machine」というバンドをやったんですか。

D: 90 年頃ですかね。Tin Machine

あんまり売れなかったですけど

 

P:そうですか。

それは全然聞いてないです。

D: そうですか。そうだからね。スペースシップは大きなマシンなのに

彼にはTin Canに 彼が、何って言うんですかね。

Tin Canに見立てるというか。

P: じゃあ次行こうか。

 

 

Planet Earth is blue.

And there’s nothing I can do.

It’s kind of a sad section.

Was there anything that
struck you about this verse?

D: “She Knows.”

So

She knows.

Here it is

“Tell my wife I love her very much.
She knows.”

“She knows.” Who’s the speaker?

You’ve done,

Tell my wife I love her.

This is the astronaught

I think it’s right, what you’ve done

So this is the astronaught talking.

I can see that.
So, “She knows.

so,

the guy at the ground control.

I think so.
So

I’m not sure if that’s a good translation.

Yeah, I think that’s good.

I think that’s about the
only way it can be thought of.

Tell my wife I love her very much.
She knows.

Yes

i don’t think there’s no chance
that someone is talking to himself.

But I’m pretty sure it is someone else talking.

Especially in the song, “She knows.”

He’s saying it with great intensity.
Yes, he is.

That’s true, then.

It’s ground control.

saying something
like “Don’t say that.”

Well, yes.

I think that’s how it is.

He also might have simply wanted
create a rhyme with “Go”.

Yes.
“Knows which way to go, she knows.”

It’s the only place where there are two speakers in on line.

I think.

“Tell my wife I love her
very much, she knows.”

“Ground Control to Major Tom”.

They are completely divided elsewhere.

And I hadn’t heard much about
this next one.

“I know all about that”.

Yes, what is it called?

“Of course”

that’s it.

You don’t need to say that,
’cause I know it very well.

If here

“She knows it very well.”

Okay, um

Rather than saying “I know”,

this is better.

Yes, it is.

so

It would be “Needless to say,” I guess.

Yes, I get it.

So, for me,

I also like the line before that one.

“And I think my spaceship
knows which way to go.”

It’s as if my spaceship
knows the way forward.

This. By the way, it rhymes with
the original English, doesn’t it?

Ha ha ha

It’s true.

that’s true

I hadn’t thought of that.

What do you think,of this line?

It’s sad.

For me, it makes feel a sense of fate.

Yes, it does.

The spaceship is moving on
its own without anyone flying it.

I mean, you know.

That person’s life is
also moving on its own.

This also is defly “Showing, not telling”.

Yes, it is.

Right her

You could have said, “I’m so
anxious,” but Bowie said it this way.

But he’s also “Feeling very still”.

Yes, he is.

So it’s a great contrast, or a
good comparison of those two states.

That’s right.

That’s why I think the ground control
people would be even more surprised.

Yes, they would.

I know that Deni wrote something about this at the end

about how this is connected to the music.

F Major 7 is still.

Oh, yes.

It’s still

And F minor, didn’t you write that it feels very anxious?

So you get that vibe from the first chord.
Yes, you do.

That STILL feeling and that ANXIETY.

Is there anything else

interesting?

“Can you.
.

here am I sitting round my Tin Can”

So the “Hear” is a pun.

It’s the same sounding word.

Ground control to Major Tom

Your circuit’s dead

There’s something wrong

Can you here

That’s right. This means
two things, doesn’t it?

That’s interesting.

But there’s nothing you can do about that.

When you translate.

So I did “hear.”

Your circuit’s dead

something’s wrong.

Can you hear me?

There’s nothing more that can
be done about this in the Japanese.

True

so inevitably, when you translate
something, you lose something.

That’s right.

You’re right.PP: 

Planet Earth is blue. 

And there’s nothing I can do.

ちょっと悲しいところですね。

このverseで何か気になったところとかありましたか。

D:「She Knows」

これがだから。。。

She knows

これは

ここですね。

Tell my wife I love her very much. She knows.

「She knows」だれが Who’s the speaker?

You’ve done…

妻に愛してると伝え、伝えてください。

それはだからastronaught

I think it’s right, what you’ve done

これがastronaughtが喋っているんですね。

それはわかるんですけどね。

で, 「She knows」

それはだから

The guy at the ground control.

I think so.

ということはじゃ

その訳でいいのかなと思うんですけどね。

うんそれでいいと思います。

それくらい、そうしか思えないと思います。

Tell my wife I love her very much. She knows.

うん,そうですか。

自分に言っている可能性はまったくないことはないと思うんですけど

まあ、向こうは言ってるでしょ。特に歌の中で「She knows」

凄い激しく言ってる。

そうですね。

それはじゃ、そうですね。グランドコントロールが

「Don’t say that」みたいな感じで行っているということですね。

まあ、そうですね。そんな感じだと思います。

あと単純に「Go」と何かを踏みたかったかもしれないですね。

そうですね。

“Knows which way to go. She knows”

1行で2つが喋っているのはここだけですね。

だと思います。

“Tell my wife I love her very much. She knows”

“Ground Control to Major Tom”

他のところで完全に分かれていますね。

で、僕的にこれがあんまり聞いたことはなかったですね。

「そんなことは百も承知だ。」

はい何というのか

もちろんからそうですか。

そういうことですね。

You don’t need to say that, ’cause I know it very well.

ここだったら

“She knows it very well”

じゃあ、あの

もう「知ってる」とかより

これの方がよい

そうです。

もう

「Needless to say」ですかね

はい、分かりました。

で僕的に、この

その前の一行も好きですね。

“And I think my spaceship knows which way to go”

我が宇宙船は進むべき道を知っているかのよう。

これが。ちなみに元の英語と韻を踏んでいますね。

グーと

本当だ。

そうですね

初めて知りました。

どう思いますか、この一行。

1悲しい感じですね。

僕的にここですごい運命感じられる。

そうですね。

自分が飛行せずに宇宙船が勝手に動いている。

つまり、ね

その人の人生も勝手に動いている。それもまた上手に言うんじゃなくてみせてますね。

そうですね。

ここに

「僕ははすごい不安でたまらない」と入れても良かったけれどこういう風に言ったんですね。

だけど「Feeling very still」ですね。

そうですね。

だからすごい比較しているというか、その二つの状態を上手に比較していますね。

そうですね。だから余計に地上管制の人はびっくりするでしょうね。

そうですね。

デニさんがたぶん最後のほうに変えたとは思うんですけど

すごい音楽とちょっと位置している

F Major 7が

あ、そうですね

Stillな感じで

F minorすごい不安な感じでと書いていなかったですか。

だから最初のコードからその雰囲気が出ているんですね。

そうですね。

そのstillな感じと不安な感じ

あとは面白いところは

あるんですかね。

“Can you…here am I sitting round my Tin Can”

その「Here]をかけてところ

同じ音の言葉ですね。

Ground control to Major Tom

your circuit’s dead

There’s something wrong

Can you…here

そうですね。これは二つの意味してるんですね。

面白いですね。

でもそれどうしようもないですね。訳すときはだ

だから「聞こえる」

回線が落ちてしまった。何かおかしい。聞こえるか。

これはもう日本語にはもうどうしようもないですね。

そうですね。

だからどうしても何かを意訳するときは何かがなくなるんですね。

そうですね。おっしゃる通りですね。

Culture

Japanese Storage

From my earliest years of going to Japan as a teenager, I was struck by the way that Japanese people used space. Showers & bath

Read More »
Graded Japanese Reading & Listening Practice

Japanese Essays – Inamoto

What’s the difference between “trying to make people smile” and “trying to make people not want to criticize you”? Find out in this translation of Japanese essay by Inazo Inamoto.

Read More »
Happi Coats

Happi Coats Guide 2021

Info about those groovy, colorful happi coats and traditional Japanese jackets you see in Japan. Different types of jappi jacket, where to buy and more.

Read More »
Graded Japanese Reading & Listening Practice

David Bowie Space Oddity 和訳 in Japanese

Deniさんがデヴィッド・ボウイの曲「スペイス・オディティ」を日本語に訳しました。
その歌を翻訳するにあたって難しかったところ、また日本語と英語の歌詞の違いなどについて話をしました。
Ever wondered what Bowie’s Space Oddity lyrics would be in Japanese? Probably not. But we tell you anyway.
We go through and translate the song line by line, and discuss what it all means – in Japanese.

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

The 30 New Japanese Words of 2020 日本の新語・流行語2020について日本語と英語で話す

Each year the Japanese company U-Can put out a list of 30 new Japanese Words, called 流行語 ryukogo or 新語 shingo, that have entered the Japanese language. 

In the audio/video/text presented here, I have a conversation with youtuber Moshi Moshi Yusuke about these Japanese words, and the Japanese social trends they are connected with.

今日は今年の新語・流行語について話します。友達の「もしもしゆうすけ」さんと話して今年どういう言葉が流行ったか、日本社会においてどんなことが あったか、そういう話、日本語と英語でします。



リストの全体を見て第一印象とか、そういうのはありますか。どう思いましたか。

そうですね第1印象は知らない言葉が結構あるんだと思いました。

結構あったんですか。

そうですね。

まあ多分流行語っていうのは、日本全体に広く行き渡ったものもあるし、中にはピンポイントのもの、例えば子供達にだけヒットした言葉、

あるいはアニメが好きな人だけにヒットした言葉とかそういうのが入ってるんで 

まあ僕 の知識 が全然 足りない 僕 の 知識 がない ものも ありますね。

うーん、まあ、そうでしょうね。こう社会ってもうみんな が同じというわけでもないしね。あのコミュニティの中にいろんなコミュニティが あるからね。

そうですね

一緒じゃないですから。まあ当たり前でしょうね。 えー1回ちょっと英語で説明しましょうか。

So we’re just looking at the what’s called the 流行語 which means words that have become popular popular words, so these are new words that have been added to the lexicon this year, so each year this is a list that put together.

 

これは毎年出てくるんですよね、こういうリスト。

そうです毎年出てますね。

で誰々が作ってるかわかりますか。 

ええと、ユーキャンという会社がやってるそうです。 

ユーキャン。

教育関係の会社だと思いますね。

なるほど。確かあの辞書を作る会社、どこの会社だったかなのMerriam Websterという 会社でも英語でもこうこういうリストを毎年きっと作っていたと思います。そういうのは聞いたことありますか。

いや、聞いたことなかったですね。

 

Yeah, so we’re looking at this list of words that have been chosen by the “U-Can” as being the words that have particularly taken hold in Japan as being, yeah, important to the culture for that year.

 

で僕の第1印象は、あのう 新しい言葉というより、何かの作品の名前とか、人の名前とか結構多い。。。そうなんですよね。おっしゃるとうりで新語・流行語大賞と言っているにもかかわらず新語でもないし人の名前が入ってたりちょっとその審査基準は 曖昧ですね。

そうですね。

今までのリストをどれだけ覚えてぽ言ってるかわからないんですけど、だいたいこんな感じですかね。

そうだいたいこんな感じですね。人の名前が入ったり、ちょっと曖昧ではあるんですけど、もうただ実際によく使われるようになった言葉だと思うんで、流行語は 流行語で間違いないと思います。

でこの中に、まあ、11つちょっと見に行きたいと思うんですけど、パッと見みて、 結構面白いと思ったのはどれですか。何かありましたか。これが。。。

そうですね、まず 今回はやっぱりコロナ関係が圧倒的に多いですよね。

うんそうですね。5、6っこぐらいがありそうですね。

もうちょっとあるかもしれないですね。 あの逆にピーターさんがこれを見て 全くわからないものって あります?半分くらいわからないんじゃないかなと思うんですけど。。。

半分くらいわからなかったですね。一応軽くいくつかちょっと調べたんですけど、まあ、あまりちゃんと調べてなんですけど、多分半分ぐらいわからなかったですね。でも半分くらいは英語から来てる気がするから まあそういうのは全部分かったんですけど。 こういうのとか「なんなんでしょう」と思ってます。香水とか。

説明しましょう。

じゃあそこから行きましょうか。

はい、15番香水 これは日本で流行った音楽のタイトルですね。 

ええ、バンドのパフュームじゃなくて?

パフュームでではないですね。。 

関係ありそうだけど関係ないですね。 ただ僕はこの音楽実はよく知らなくて 

曲名ですか。

曲名だそうです。で流行っているというのは聞いたことがあったんですけど ええ流行語に入るほど流行ってるっていうのはこのリストに乗って初めて知りました

So, I might just put in a bit of explanation here. So we’re just talking about our overall impressions of the list. We have said that we think that there’s quite a few here that have something to do with Corona. And we got talking about this number 15, which is 香水, which is perfume, which seems like it does have something to do with music, I thought maybe it had to do with the band perfume but Yusuke-san says it’s not that it’s actually the name of a song.

1回これをgoogleに入れてみましょうか. 何が出るか。

あ、出ましたね。

こういう人ですね。名前は何ですか。

瑛人

今年流行ったんですね。

流行ったらしいです。ごめんなさいよくわからないですね。これは。

 Tiktokで話題の香水になってますね。

らしいですね。

Tik Tokは若い世代ですね。僕がやるものじゃないですね。

そうですね。なんか踊ったりする。

そうそう。

うちの息子がちょっとやっているというか、みている。 あの1時的に アメリカで使えなくなるという話がありましたね。トランプ。。。

今使えるんですか。 

えーとまだ使えていると思います。 僕はアメリカにいないからよくわからないんですけど。なんかティックトックとwechatもそうですよね。

そうですね。日本、日本じゃなくて中国と関係しているから、関係しているというか、中国の会社が待ってるから禁止しますというのは出てでもその後、買われなかったですか。他のアメリカの会社に。 

うん、あそうかもしれない。ティックトックは買収されたかもしれないですね。ただWe Chatに関しては 中国の会社ですよね。今でもね。 

そうですね。でティックトックってまだ日本で 使えているでしょうね。まだ人気ありますか。

うん若い世代には人気ありますね、今でも。 

結構人気出ていますね。

そうですね。

じゃ香水。他のをみましょう、結構あるから。

そうですね。

1番上からいってみましょうか。

はい

愛の不時着 第4次韓流ブーム。

かんりゅうあるいははんりゅう、 どっちでもいいですかんりゅうでもはんりゅうでも大丈夫です。

 は何ですか。わかりますか。

わかります。これは愛の不時着という韓国ドラマですね。 ええと、ネットフリックスだけで放送されていた韓国ドラマだそうです。実際日本では 韓国ドラマを強烈に好きな人がいるんでおそらくこれが入ったんだと思うんですけど、ただ僕の周りでは韓国ドラマ見てる人は全然いなくて 愛の不時着っていう名前を聞いた時に まあ韓国ドラマ だったような気がするっていう程度でほとんど、みんな知識がなかったですね。だからこれがノミネートされたのは ちょっと驚きでしたね。 

ゆうすけさんはみましたか。見てないんですか。

全く見てないです。

僕も見てないです。多分、あの、こちらでは、さっきタイトル調べたんですけどねネットフリックスでも、こっちのネットフリックスでも載ってましたcrash landing on you。

So this is this number one is is the Japanese translation of 不時着 is the “crash landing” part of it and 愛being love, yeah so this is a Korean TV show that’s taken off in Japan on Netflix.

この英語の題名みたらCrash Landing On You というのが結構不思議な運感じはします。

で文法的にこれはあっているかどうかちょっと 疑問に思うんですけど日本語の方はどうですか。

そうですね、変な感じはしますね。 愛の 不時着まあちょっと不自然なタイトルではあると思いますね。 

でこの第4次韓流ブームというのは4かいこういう韓流 は来ているということですね。

そうですね。

4次というのは4回目ということですね。

123は何だったかわかりますか。 

冬のソナタっていうのがありましたね。

あれは多分第1次だと思います。

その後第2次第3次はわかりません。

でも結構前から韓国のドラマとか音楽でもそうだと思うんですけど、 まあ特にドラマが日本で人気ありますね。

そうですね。特にええと年齢の高い人たちが韓国ドラマが好きな傾向があると思いますね。 はいそういうことでした。

So this one is a Korean drama and we’re saying that it’s the 4th wave I suppose of Korean drama becoming popular in Japan.

2行きましょうか。新しい生活様式 new normalどうですかこれは?

そうですねたぶん ピーターさんわかりますよね、なんとなく。 これはコロナに関してですね。 

そうですねどちらの方がよく使われているんですか、新しい生活様式がNew Normal?

新しい生活様式の方が多いですね。まあこれに関してはよくニュースで 聞きますね。あの、今までのように生活して マスクをして距離をとって 新しい生活様式で生活して行きましょうということですよね。まあこれはもうコロナ関係ですよね。

そうですね。日本で何が1番変わったんですか何がNew Normal,新しい生活様式になったんですか。

ええととマスク、で1番変わったのは働き方だと思いますね。 もちろんみんな働いているわけではないんで主婦の人もいるし、学生の人もいるけれども、1番変わったら働き方ですね。 今まで日本ではまあ会社によるんですけど 仕事が多ければ残業して当たり、前仕事がたくさんあればそれはありがたいことだから土曜日日曜日に仕事して当たり前という雰囲気の会社がすごく多かったんですけども やっぱりコロナが流行って体調管理最も大切な事になった時に うーん、土曜日曜はしっかり休む。 残業しない。体調を1番に考えるという スタイルにほとんどの会社が変わったこれが この新しい生活様式で日本が1番変わったところだと思いますね。 

じゃ残業が少なくなったと言うことですか。

そう、まあ、会社によると思うんですけど、 残業が少なくなったのもあるし、 うーんまあ 交代で平日休んだり有給休暇を使いやすくなったりというのはあったと思います。がちなみに僕が働いている会社では有給休暇あまり採りやすくなかったんですけど 。。。

それよくある話ですね

よくありますね。ただ結構今取りやすいですね。 

取りやすくなったんですか。

ゆうすけさんは今家から仕事していないですか。もう普通に会社に行って。。。

そうです。 

会社に戻っている人が多いんですか。

会社にいる人多いですね。あの交代で休んだりはしてますけども えっと基本的には会社に通勤するというスタイルに戻ってます。

どうですか戻って良かったですか。

よくないです。

もっと家にいたかったんですか。

 あの僕は電車で通勤してるんですけどえっとやっぱり電車って結構中に人がいますよね。

ちょっと怖いですね。

何となく怖いですね。

ただ、まあ、海外に関して今どんな状況か分からないですけど まあ日本人はもともとマスクをする習慣があるんで。

そうですね。

なので、まあ、ほとんど全員マスクをしていますし、マナーの悪い人はあんまりいないんで、特に心配はしてないですけど、ただ電車で通勤するのあんまりよくないですね。

何となく怖いですね、こっちでも。ちなみに オーストラリア、僕が住んでいるビクトリア州というんですけど、今週毎日感染者0でした。

素晴らしいですね。

もうすごく減りました。3ヶ月ぐらい前に1気に増えてっ 1番多い時に1日800人くらいだったかな。。。になって、でそこから結構、都市封鎖まで言うかな、まあ結構ロックダウン的な状態になってもうやっと この1週間ゼロになりました。

うーん、まあ、特にオーストラリアはこれから夏なんで温度湿度が上がってくると自然に感染症ってのは減ってくるのかなと思いますね

まあそれは少しあるかもしれないですね。

でもヨーロッパの状態とかアメリカの状態とか 結構ひどい、ひどくなっていってるところがあって、もう日本のニュースを見てこの2か月ぐらいずっと数値が横ばいしてるような感じですね。それがすごい 不思議な気がしますね。こっちは、もう、頑張って頑張って、まあ、0になったんけど、

いや、頑張っていないですよ。 

だから何で増えないですか

なんででしょうね。あのーまあ それは後になってわかることだと思うんですけどまず日本人はハグしない それからキスする挨拶もしない

もともと据わったりする習慣はあまりないですね。

そう、後、握手もほとんどしないですね。はじめて会った人だと握手する人もいますけどそうでない限りは握手もしないですし、あと声が小さいんで 飛沫感染

飛沫、なるほど

後もう1つ、家に入る時は必ず靴を脱ぐ。おそらくそういう生活習慣の中に感染しにくくする要素があるんじゃないかなと思うんですね。

うん、そうですね。まあ日本人は結構きれい好きですね。もう何でもきれいにする習慣はしっかりあって そういうのも

ただ日本人が綺麗好きというのはたぶん日本は夏湿度が高くてうんえっとまあばい菌が発生しやすいっていうのもあるのかもしれないですね。で昔からの習慣で特に夏、 まあ夏前に6月ぐらいに ええ梅雨という雨の季節があるんですけどそれぐらいから、大体それぐらいから病気が発生したりとか、感染症が発生したりというのがあるんで、 ええ、まあそれはわかってるんで事前にできるだけきれいにするという習慣がついているんだと思いますね。

いや、もううまいこと、まあ減っていないんですけど、うまいこと横ばいの数字を保っているように見えますね。

そうです。あともう一つ 2011年夏に東京オリンピックがあってそこで東京に一気に人が集まってくると 東京で 問題が起きるかもしれないですね。

ね、どうなのでしょうね。 でニュースで握手する習慣はあまりないとおっしゃったんですけどえーとニュースでよく日本の政治家こういう挨拶してるのを見かけるんですけど、うん、それはどういう意味があるか ちょっと意味不明と思うんですけどね。手と手触ってるんじゃないですか。それはすごく不思議に思います。ええ、はい、新しい生活様式。。。あ、英語全然喋っていない。

So we’re saying 新しい生活様式 and talking about the new normal in Japan. Yeah I guess 新しい生活様式 is pretty much direct translation I suppose it’s probably come from there. It means basically the same thing. And we’re talking about how Japan has been able to have numbers that are basically going, moving along in a parallel line rather than moving up. Here in Australia we’ve been able to do a lock down over the last couple of months especially where I am here in Melbourne, in Victoria. We’ve gone from about 800 cases down to, we’ve had one week of 0 cases now. So we’ve been able to really lock everything down and get on top of the virus here at this stage. But in Japan they seem to be relatively…have freedom of movement, and that sort of thing, and still just have this parallel line of the last two months or so of somewhere between 500 to 1000 cases per day. And we’re saying that we think that that’s probably because of the fact that Japan has, I guess, a longstanding tradition of being very clean about the way they go about their life anyway, in terms of coming home and washing hands and, yeah, that sort of thing. And wearing masks has obviously been a thing in Japan for a long time. Ao yeah it’s interesting that while a lot of the world is sort of seeing the numbers just drastically increase, in America and Europe, Japan just sort of has this parallel line. It’s quite interesting.

次行きましょうか

あつ森

あつ森って何ですか。これはゲームです。任天堂が出したゲームです。

集まれどうぶつの森 でしたっけ?

そうですね。これは特に話すこともないですね。 

はなすことないすか。なんでですか。

ゲームですからね。ゲームが流行るっていうのはいつの時代、もねえ、ありますよね。

やったことありますか、ゆうすけさんは

ないです。

あまり興味ないですか。

そうですね。

まあ、子供の間で流行ってるのかな、まあ、大人もやってる人がいるかもしれないですけど。結構人気あるみたいですね、このゲーム。

そうですね。

ほとんど知らないですけど。でも任天堂ってすごいですね。もう長年わたって結構強いですね、任天堂。

そうですね。ゲームはね、今までは日本のゲーム結構人気ありましたけど これからどうでしょうね。あの、結構中国も新しい面白いゲーム出しているみたいですし。

ねェ、いやでも任天堂はすごいと思いますね。京都の会社だから自分の妻が京都の人だからちょっと勝手に誇りに思っています。 全然京都の 人じゃないですけど。でもこのあいだ友達と話したんですけど日本でものすごく古い会社が多いんですね。日本ニンテンでもでも100年以上の歴史があると思うんですけど。それもまた凄いですね。 古くからやってるあの会社が多いというのは。

そうですね。日本で新しい会社が育ちにくい環境にあるというのも、もう1つの理由としてあるのかもしれないですね。

で任天堂はもともと花札を作っていた会社らしいですね。 

そういうボードゲームとか作ってた会社ですよね。

昔いろんなことやったみたいですね。この前ちょっと任天堂の歴史の本を読んだんですけど、 ええと、ラブホテルとか経営やってた時期もあったらしいです。

いろんな事やってますよね。で花札とかそういうのは結構かけ、ギャンブルとかにあのまあ昔からちょっと関わっている。 ことだったから、 結構そういう闇の世界と繋がったり。。。

そうですね。まあ、日本ではギャンブル基本的に合法ではないですから。そうですね。

まあ、任天堂はすごいです。もう、長年にわたって新しいゲームがヒットしてもう感心します。

はいあつ森でした。 

4番アベノマスク。

これは結構面白いですね。アベノマスク、アメリカでは 笑いものにされてましたけど、オーストラリアではどうですか。聞いたことありました?

聞いたことはなかったです。聞いたことなかったですか。 僕はアベノミクスは聞いたことあったんですけど、多分ほとんどの人 アベノミクスでさえ 聞いたことないと思います。

僕は日本に関心がある人だから聞いたことあったんですけどアベノマスクは初めて聞きました。

本当ですか。

まずアベノミクスに関してはレーガノミクスのパクリですね。言葉としてね。でまあ 2020年9月に退任した安倍総理大臣が 自分の 経済政策をアベノミクスと言ったんですよね。 でそのアベノミクスを流行らそうとしたんですよね。まあ実際まあ経済効果があったんですけどまあそれは別の話でこれもこれが関係の話になるんですけど、 コロナになってほかの国では どんどんいろんな経済政策をやっていたんですけど、安倍総理がなかなか経済政策始めなくて1番最初にやったのが国民全員にマスク2枚を配るだけということやったんです。で みんな大批判ですよね。あのーまず真っ先にお金を配るっていうのが普通の政策だと思うんですけど

そうですね、マスクじゃなくてお金欲しいですね・

 マスク2枚じゃ何もできないっていう。。。

マスクの中に5万ぐらい入ってなかったですか。

入ってなかったですね。僕の家にもマスク2枚届きましたけど 使ってないですね。だってそこら辺にマスクいっぱい売ってますからね。それを、まあ、いわゆるそのアベノミクス に アベノミクスという言葉を基本とした造語ですよね。されたということだと思いますね。それで阿倍野マスクと言ってまあバカにされたわけですよね。

うん馬鹿にする言葉でした。

そうマスク2枚を阿部さんが配ったことに対してそれを批判する言葉で表す句という言葉が流行ったんですねええ。

面白いですね、この言葉。

面白いです。この言葉ちょっと好きになりました。 使うことはないと思うんですけど。

回答使いたくなりましたけど使おう という道はないですね 

でも配られたマスクアベノマスクと名付けられたんでみんな面白くて使わないで家にとってありますよ。 

うーん、そうか記念として?

記念として。

あとサイズが結構合わなかったりする話。。。 

あのサイズが小さいんですよ。 あの普通のマスクだとだいたいそのまあこの辺ですね鼻からアゴ下にかけて覆うマスクなんですけどアベノマスクは鼻の頭から唇の下ぐらいまで結構小さいマスクで これ使えないよねっていう話でまあそれも含めて笑い話ですね。 

この言葉を検索したら何が出てくるか

間違いなくマスクが出てくると思います。

阿部さんとマスクが出てくると思います。

出てきました。つけようとしている写真が面白いですね。

そうですね。ちょっと小さいんですよね。 まあちなみにこの 日本の政治家の中で安倍マスクをつけていたのは安倍さんだけですね。 

阿部さんがつけてるのはアベノマスク。これですか。このまん中の?

そうです

このマウスが動いてるのは写ってますか。写っていますよ。

このマスクはアベノマスクですね。

そうですね。

そうか、そういうこといつもニュースを見ているときに なんか阿倍野マスク小さいなーと思っていました。 

あのどれが小さいかというと安倍さんがあのマスクを付けて喋るとだんだん口が見えてくるんですよね。 

そういうことでした。勉強になりました。

So we’re just talking about this, this word “Abe-no-mask”, which is basically taken from, so, Prime Minister Abe, who recently retired, and so he was famous for having his “Abenomics”, which is a portmanteau of Abe and economics. So his style of economics was called abenomics, so people have started using this word Abe-no-mask because Abe gave out these masks at the start of Corona, when Corona hit, to encourage people, everyone to wear a mask. But it was kind of a bit ridiculous for everyone because, for a couple of reasons, because you could just go down to the shop and buy one of these anytime. And rather than giving people a mask, a lot of people would have liked to have been given some money to support them through this crisis that was happening. So this is kind of a word to poke fun at Abe and his policy which people felt was, well some people felt, was a bit ridiculous. And there was also the fact that the mask itself was very small, so we talked about how the only one that actually wore the Abe-no-mask was Abe himself and that’s why whenever you saw him on the news he would have this really small mask, because yeah he was wearing the Abe-No-Mask.

あつ森英語をしなかったかな。

Just to go back to “Atsumori”,  that was, we talked about how that’s a game released by Nintendo this year, which looked kinda like this, probably, I think it’s been very popular around the world so I’d say a lot of people…

あ、選挙のやつもありますね。

これ、実際日本の政治家が 選挙活動に使おうと思ってまあ売名行為ですね。選挙活動に使おうと思ったんですけど結局選挙に使ってはいけないということになって使えなかったんですよあ、そうですか。

So that’s the Atsumori, alright, so let’s cheque out the next one shall we.

行きましょうか。 5番アマビエ

アマビエ知っていますか。うんアマビエ軽く聞きました。あの守り神ですか。

そうですね。妖怪ですね。

妖怪。

アマビエは150年くらい前に日本にいた妖怪と言われています。 実際いなかったと思いますけど、まあ、疫病を事前に しらせてくれてアマビエの絵を書いてみんなに 見せることによって 疫病封じ込める妖怪だそうです。

So we’re saying that the Amabie is, I’m going say…

妖怪なんと訳したらいいかな。モンスターかな。

モンスター。。。

なんでしょう。

Amabie is a mythical figure that is meant to Ward off viral diseases.

ちょっと1回これをあの グーグルにに入れましょうか。

はい。

たぶんが絵出てくると思いますね。

はい、あ、これですね。

こんな感じの絵、妖怪。 

で、この妖怪なんで 出てきたんですか。

ええとね、これがなぜ出てきたのかはみんなよくわからないんですね。

みんなよくわからない。

ただネットで徐々に広まっていって これを絵に書いて ハッタリ いろんな人に見せたりすると 疫病が抑えられる。まあ、つまりこれもコロナ関係の話題だと思うんですけども、 まあコロナは流行っているので これも流行ったんでしょうね。なぜこれが突然出てきたのかは、みんな理由がよく分からないですね。

ゆうすけさんこのコロナかの前にアマビエ知っていたんですか。

知らなかったです。おそらくほとんどの日本人は知らなかったんじゃないかなと思うんですよね。そんなに有名な妖怪ではないですね。

So we’re saying yeat, this is a yokai that’s only just recently started to become well known in Japan and Yusuke doesn’t know, he’s not aware of this, or wasn’t aware before the Corona thing happened that this guy even existed.

で、これが出てきてなんで妖怪か、ちょっとわからないんですけど、僕最初守り神と言っちゃったんですけどうん よく日本のお寺とかではお守り とか売ってますね。そうですね。

そういう感じですか。それと関係ないですか。

関係ないですね。 Talisman. 誰なんて言うから英語では 違うのかな。その日本のお守りって言うとまたちょっと違うんですね。でもやっぱりモンスターと近いと思いますね。

うんモンスターが守ってくれるというのが不思議に思いますね。

そうですね。 

結構いろんなところに貼っていますか、今でも。あまり見かけないですか。

あまり見かけないです。今これが流行ってる、まあ実際はネットでこれを貼り付けている人がいると聞いたことがあるんですけど、まあ僕はそんなにネットを見てるわけじゃないんで、 うーんあんまり見ないですね。

じゃ普通に道を歩いてそんなに見かけることがそんなにないということですか。

無いですね。多分1時間歩いても全く観ないと思いますね。でももしかしたら東京の 混んでるところまあ渋谷とか原宿とかそういうところに行けば当たるかもしれないですね。

で貼っている人はそれが実際に効果があると思っているんですか。

それともまあ、どういう気持で

面白くてやってるんじゃないですか。 後はその今暗い話題が多いのでやっぱりこういう何ていうのかなこういう面白いキャラクターが出てきて少しでも世の中が明るくなればいいなという気持ちでやってるんじゃないかなと思いますけどうんなるほど。

So we’re saying that we think that rather than so we’re saying you don’t actually see so many of these around the streets of Japan generally it’s, it’s probably something that appeared more online than anything else. And so I was asking Yusuke if the people that do have these displayed think that it has, like, a genuine power to Ward off Corona virus. And we’re saying that we think the people probably don’t actually think that, and it’s more of a, I don’t know like, it’s something to a fun sort of thing, I suppose, to lift people’s spirits maybe or to…yeah just have a bit of fun I suppose.

楽しいことことで呼んだらいいかな。このくらい場をちょっと明るくしましょうという気持ちですかね。

そうだと思いますね。

面白いですね。

これは面白いですね。

So I hope that was of interest, we’ll come back, we’ve done some more talk around the rest of the words on the list, we’ll do that next time. Hit subscribers if this is of interest to you and catch you next time.

またリストに残っている単語いくつかあるからまた次回でやります.

よかったらサブスクライブしてまた聞いてください。 バイバイ。

Language Learning Program Reviews

Culture

Japanese Storage

From my earliest years of going to Japan as a teenager, I was struck by the way that Japanese people used space. Showers & bath

Read More »
Graded Japanese Reading & Listening Practice

Japanese Essays – Inamoto

What’s the difference between “trying to make people smile” and “trying to make people not want to criticize you”? Find out in this translation of Japanese essay by Inazo Inamoto.

Read More »
Happi Coats

Happi Coats Guide 2021

Info about those groovy, colorful happi coats and traditional Japanese jackets you see in Japan. Different types of jappi jacket, where to buy and more.

Read More »
Graded Japanese Reading & Listening Practice

David Bowie Space Oddity 和訳 in Japanese

Deniさんがデヴィッド・ボウイの曲「スペイス・オディティ」を日本語に訳しました。
その歌を翻訳するにあたって難しかったところ、また日本語と英語の歌詞の違いなどについて話をしました。
Ever wondered what Bowie’s Space Oddity lyrics would be in Japanese? Probably not. But we tell you anyway.
We go through and translate the song line by line, and discuss what it all means – in Japanese.

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

Nigo & James Lavelle 1997 Japan Interview Translated

You may know the Japanese clothing designer and DJ Nigo from his work with his clothing brand BAPE or his associations with artists such as Kanye West or Pharrell Williams. You may also know James Lavelle from his work as a musician and label owner working with the likes of DJ shadow, Mike D and Thom Yorke.

We’ve written about the general history of Bape, Major Force label, Tiny Punks/Panx here. Today we’ve translated an interview that Nigo and James did in a Japanese magazine in 1997.

SCENE 1:ウェンディーズ前。
NIGOとジェームス・ラヴェル。 かたや東京でいちばん刺激的なウェア・ブランド、 ベイジング・エイプの。かたやロンドンでいちばん 完激的なレーベル、モ・ワックスの。2人は若きジ ニネラルである。そんな2人が同じテーブルについ て話し始める―いったい何を? 経営をめぐる社対談? そうではない。これから始まるのは、2 人のルーツをめぐる対話。この8月から本格的に日 本国内でのディストリビューションを開始したモ・ ワックスからユニークな企画盤がリリースされるの知っているだろうか。『APE V.S. MO’WAX』。 NGOとジェームス・ラヴェルが各自モ・ワックスの 音源からチョイスした計20曲が、“NIGO’S DISC” “JAMES’S DISC” という形にまとめられた2枚のコンピレーションCDだ。まったく違うジャンル のプロフェッショナル同士の、思わぬ形での共演。
こうした作業を可能にしたのは、やはり2人の間に 共通する何かがあるからに違いない。それはいった い何なのか?
エイプの立ち上げとモ・ワックスの立ち上げっ ていうのは、ほぼ同時期ですか? . NIGO「いや、多分ね、ジェームスのほうが1年以上 早い。僕は原宿にノーウェアを開いたのが93年の4 月。で、ベイジング・エイプっていうブランドを始 めたのが93年の9月」
ジェームス「いや、僕は92年のクリスマスにモ・ワ ックスを作った。今年の12月で丸5年」
その頃から、お互い知ってました?
NIGO「うん、知ってましたよ。初めて会ったのは4 年くらい前? なんかちょっと意見が食い違うんで すけど(笑)」
ジェームス「最初に会ったのはロンドンなんだよ」
NIGO「覚えてない(笑)」 ジェームス「それはね、ほんとにパッと一瞬だけし か顔を合わせなかったせいだよ」
NIGO「僕が覚えてるのは東京で。いきなり彼が僕 の携帯を鳴らして、で、会おうと。すぐ近くのウェ ンディーズの前で待ち合わせして(笑)」
ジェームス「うん、そう(笑)。日本に行ったら絶対 にNIGOの服が買いたかったから」
NIGO「あげましたけど(笑)」。

ジェームスさんは、どうしてNIGOさんのこと を知ってたんですか?
ジェームス「ロンドンで服のディストリビューショ ンをやってる友達がエイプのTシャツを見せてくれ たんだよ。そしたらそこに“LAST ORGY”って書 いてある。『おい!! “LAST ORGY” って言ったらタイニーパンクスのレコードの名前じゃないか! 何だこれは!?』って。もう絶対に欲しいと思った。 とにかく僕はメジャーフォースのレコード全部持っ ていたから」
僕らは興味の対象が似ている。だから とにかくNIGOと何か作りたかったんだ。

SCENE 2: メジャーフォース!
キーワードはメジャーフォース。88年、東京で高 木完と藤原ヒロシのタイニーパンクス、中西俊夫、 工藤昌之、屋敷豪太の5人によって設立され、12イ ンチを中心としたリリース、さらに海外のヒップホ ッパーとの交流など独自の活動を展開したレーベル。 ちなみに「LAST ORGY」とはレーベル第1弾作品 としてリリースされたタイニーパンクスのシングル。 雑誌『宝島』で同じく「LAST ORGY」という連載 を持っていたタイニーパンクスであるが、前述のジ ェームスの発言は、このシングルのことを指してい ると、以上が概略。メジャーフォース”。その存 在が2人をつなげる直接のきっかけになったのだ。
ーNIGOさんはもちろんメジャーフォースのレコ ードは当たり前に買ってたんですよね。
NIGO「もちろん。高2、高3とかそのくらいかな。 隔週ペースで東京に来たりして買ってましたね」
でも、ロンドンにいるジェームスさんはどうや ってメジャーフォースのことを知ったんですか?
ジェームス「僕は学校をやめて15歳ぐらいからレコ ード・ショップで働いてたんだけど、当時ロンドン で人気のあったローニン・レーベルに友達がいたん だよ。で、ある時ローニンのスタッフがDJツアー で日本に行って、たくさんレコードを買って帰って きたんだ。それが友達経由で僕のところに回ってき た中に、何枚か入ってたんだよね、メジャーフォー スのレコードが。それがファースト・コンタクト。 もう、すぐに魅了されたよ!! どれも驚くほど素晴 らしかった。もともと僕はカラテとかカンフーをや ってたせいもあって……」
―え!?(笑)
ジェームス「小さい頃からやってたんだけど(笑)、 とてもアジアの文化に興味があったからね。そうい ったこともあって、なんとかしてメジャーフォース のレコードを手に入れようとしたんだ」
ジェームス「僕は16歳から“オネスト・ジョンズ” っていうレコード・ショップで働いてたんだけど、 そこは当時ロンドンでいちばんいい店で、よく日本 人のバイヤーがレアなファンクとかソウルを買い付 けにきてたんだ。そういう連中をつかまえては“メ ジャーフォースのレコードとトレードしよう!”っ て言ってた。とにかく片っ端から言ってた」
それが意外な出会いへとつながっていくのだから 面白い。
ジェームス「ある日、店に入ってきた2人の日本人 にタイクーントッシュ(中西俊夫)の12インチ を探してるんだ”って言ったんだ。そしたら片方の 男がさ、“オレがタイクーン・トッシュだ”って言っ たんだよ(笑)。トッシュとクドー(工藤昌之)だっ たんだ。もう信じられなかったね! 慌ててレコー ドをくれって頼んだら“あいにく持ってないんだ” って言われちゃったんだけど。でもそれが縁で、 日本に行った時にファイル・レコードの人を紹介し てもらったりした。いつもレコードくれ!”って 言ってたから嫌がられてたみたいだけど(笑)」
現在はメジャーフォース・ウェストとしてロンド ンを拠点に活動する中西俊夫と工藤昌之とのいささかできすぎた出会いが、ジェームスと東京とを結び 付け、やがてはNIGOとの出会いにまでつながって いく。まさにルーツとしてのメジャーフォース”。 直接的な出会いのきっかけとしても、感覚的な部分 でも、2人にとってその存在は大きい。では2人が 選ぶメジャーフォースのベスト・トラックは?
NIGO「うーん、なんだろ。『LAST ORGY』かな」 ジェームス「RETURN OF THE ORIGINAL ART FORM』。すべてのレコードの中でベストの1 枚だよ。それに当時イギリスのアンダーグラウン ド・シーンでこの曲は爆発的にヒットしたんだ」
ジェームス「僕らは興味の対象が似ているし、 NIGOにはこのCDを作ることで“キミもモ・ワック スの一員だ”って言いたかった。NIGOが僕をエイプ の一員とみなしてくれるように」 NIGO「僕ら、けっこう似てるかなって気はしますね」
どちらも今では再発CDで容易に聴くことができ る。ぜひトライしてみてほしい。

どちらも今では再発CDで容易に聴くことができ る。ぜひトライしてみてほしい。
SCENE 3: アンド・ナウ。

そして現在。東京とロンドン、ウェアと音楽。立 っている場所は違えども同じルーツを持つNIGOと ジェームス・ラヴェルの初めての共同プロジェクト が、冒頭で触れた『APE V.S. MO’WAXだ。ここ から見える2人の関係性とは……。
――そもそもこのCDを作ろうっていう話は、どっ ちが言いだしたんですか? NIGO「ジェームスのほうからですね。基本的に、僕 はこれはやらなくてもいいことなんですよ(笑)」 ジェームス「僕はとにかくNIGOと何かがやりたか った。今までにないやつを。このCDはお互いが得 意分野をいかして、その要素をすべて盛り込んだ、 ある意味マッドなプロジェクトだね」
マッドな(笑)。
ジェームス「今回NIGOと1曲共作してるんだけど、 そういうことも含めて今までにないコンピレーショ ンになっていると思う」
NIGOさん、ドラム叩いてるんですよね。
NIGO「まぁ一応(笑)。ロンドンに行って2日間で 録って。本当はもうちょっといたかったんだけど」
やっぱり服作りとは違うところが面白い?
NIGO「いや、なんかね、服を作るのと似てますよ。 昔、チャックDが“サンプリング・スポーツ”って 言葉使ってたじゃないですか。完ちゃんもよく言っ てたし。うん、そういうノリで。服も似てる」
小難しい“引用”ではなく、フィジカルなサン プリング・スポーツ”。ジャンルを越えてNIGOとジ ェームスが共鳴しあうクリエイティビティのスタイ ルを、これほど端的に言い当てる言葉もない。
ジェームス「僕らは興味の対象が似ているし、 NIGOにはこのCDを作ることで“キミもモ・ワック スの一員だ”って言いたかった。NIGOが僕をエイプ の一員とみなしてくれるように」 NIGO「僕ら、けっこう似てるかなって気はしますね」
ルーツをめぐる2人の関係は続く。

Scene 1 At the front of Wendy’s
Nigo and James Lavelle.
One is the most cutting edge clothing brand in Tokyo, Bathing Ape. The other is the most impactful label in London, Mo wax. Each is a Young General. Two people of such stature sit at one table and start to talk. What on earth do they talk about? Do they talk matters of company management? No. What ensues is a discussion of their mutual roots. Let me start by asking, are you aware of the unique record, organised by Mo wax, that is scheduled for major distribution domestically in Japan from August, “Ape V.S. Mo’Wax”? It is a two disc compilation CD, in the form of “Nigo’s Disk” and “James’ Disk”, of their own selections from the Mo’Wax catalogue. It represents an unexpected collaboration between two professionals from completely different fields.
Surely, it can only be a collaboration made possible by some kind of shared common ground between the two. So what is it that they have in common?
Were Ape and Mo Mo’Wax launched around the same time?
Nigo: Well, I think so. James was about a year earlier. I had Nowhere in Shinjuku in April of 1993. Then I launched the Bathing Ape brand in September ‘93.
James: I made Mo’Wax Christmas 92. In December this year it will have been just on five years.
Have you known each other from around that time?
Nigo: Yes, we have. I think we met around four years ago? I think we might have a difference of opinion on that though (LOL).
James: We first met in London.
Nigo: I don’t remember.
James: That’s because we only really crossed paths for a moment.
Nigo: I remember Tokyo. Out of the blue, I get a call from him saying “let’s meet up”. We met up at a Wendys nearby.
James: True. I’d been thinking when I went to Japan I definitely wanted to buy some of Nigo’s clothes.
Nigo: Well, actually I gave you the clothes.
How did you hear about Nigo James?
James: A friend who does clothing distribution in London showed me an Ape T-Shirt. It had “Last Orgy” written on it and I was like “Hey, that’s a Tiny Punks record! What is this?”
I thought, “I have to have this”. After all, I owned all the Major Force records.
The keyword here is Major Force. Major Force is a label begun by five people; Kan Takagi and Hiroshi Fujiwara from Tiny Punks, Toshio Nakaishi, Masayuki Kudo, Gouta Yashiki. Focusing on 12 inch releases, the label was in contact with hip hoppers from overseas whilst carrying on their own original practice. We should add that “Last Orgy” was the name of the first release from the label by the group Tiny Punks. Tiny Punks also had a column of the same name in the Magazine Takarajima but James is referring to the single release in the above. Major Force. That is the force that binds the two together.

Of course you were buying Major Force records also Nigo?

Of course. It would have been around 2nd and 3rd year of high school I think. I was coming to Tokyo every couple of weeks to buy them.

But how did you hear about Major Force in London James?

James: I quit High School around 15 and started working in a record shop. I had a friend who was part of Ronin Label, which was popular at the time. Then one of the Ronin people went to Japan on a DJ tour and came back with a whole lot of records they had bought. They came around to me via a friend. That was my first contact. It had an instant impact. All of them were shockingly good. I also had a background in Karate and Kung Fu.
-What.
James: I had been doing that since I was a kid, because I was really interested in Asian culture. So I really wanted to get my hands on the Major Force records.

James: From the age of 16 I worked in a record shop called Honest Jon’s, which was the best shop in London at the time. Japanese people often came to buy rare funk and soul records. I would pounce on those people and say “do me a trade for some Major Force records”.

That was fun because it would lead to getting to know some unexpected people.

James: One day, a couple of Japanese people came to the shop saying they were looking for a 12 inch of Tycoon Tosh. Then one of them says, “I’m Tycoon Tosh”. That was Tosh and Kudo. I couldn’t believe it. I hurriedly asked if he had any records and he said “Unfortunately, i don’t have any with me”. But through that connection, When I went to japan I was able to get an introduction to File Records. Because I was always asking them for records, I think I got on their nerves though.

Having almost too easily hooked up with Nakanishi Toshio and Kudo who were now based in London, James connected with Tokyo, eventually leading to his meeting Nigo. He had found himself at the very origins of Major Force. Major Force presented the direct opportunity for the two to meet, and an important middle ground of a shared sensibility. So what Major Force track does each choose as their favourite?

Nigo: Hmmm, I wonder. Maybe Last Orgy.
James: Return of the Original Art Form. That is my favorite record of them all. That track was already a smash hit in the London Underground Scene at the time.
Both are easy to find on CD reissue now. We urge you to give them a try.

Scene 3: And Now
And Now. Tokyo and London, clothing and music. Standing in different locations, but having shared roots, Nigo and James Lavelle embark on their first project together – the “Ape V.S. Mo’Wax. What can we see about the two people’s relationship from here?” that we touched on at the start of this article

So who was the one to say “let’s make a CD” in the first place?
Nigo: That was James. Fundamentally, for me this is something we don’t need to do (LOL).
James: I just wanted to do something with Nigo. Something that hadn’t been done before. This CD is a combination of our strengths, a blend of all of those elements. In a way, it’s quite a mad project.

“Mad” (LOL)
James: I’m working on a track with Nigo at the moment, so including things like that, this is a compilation like that nothing that has gone before.
Nigo, you’re playing the drums right?
Nigo: Well, I guess so. I went to London and we recorded in two days. Really, I wanted to go for longer.
I’m guessing making is interesting in that it is different from making clothes?
Nigo: Actually I would say that it’s quite similar to making clothes. In the past Chuck D has talked about “Sampling Sport” right? Kan often said the same thing. So, I guess it’s like that. Clothes are similar.
Not a difficult quotation, but a physical “Sampling sport”. Transcending genre, there is no better phrase to unequivocally use about Nigo and James’ symbiotic creative style.
James: Our interests are similar and with this CD I wanted to say to Nigo “you’re one of the Mo’ Wax family too. And I want Nigo to see me as one of the Ape family too.
Nigo: I feel like we are really pretty similar.
From shared roots, the pair’s relationship continues.

Language Learning Program Reviews

Culture

Japanese Storage

From my earliest years of going to Japan as a teenager, I was struck by the way that Japanese people used space. Showers & bath

Read More »
Graded Japanese Reading & Listening Practice

Japanese Essays – Inamoto

What’s the difference between “trying to make people smile” and “trying to make people not want to criticize you”? Find out in this translation of Japanese essay by Inazo Inamoto.

Read More »
Happi Coats

Happi Coats Guide 2021

Info about those groovy, colorful happi coats and traditional Japanese jackets you see in Japan. Different types of jappi jacket, where to buy and more.

Read More »
Graded Japanese Reading & Listening Practice

David Bowie Space Oddity 和訳 in Japanese

Deniさんがデヴィッド・ボウイの曲「スペイス・オディティ」を日本語に訳しました。
その歌を翻訳するにあたって難しかったところ、また日本語と英語の歌詞の違いなどについて話をしました。
Ever wondered what Bowie’s Space Oddity lyrics would be in Japanese? Probably not. But we tell you anyway.
We go through and translate the song line by line, and discuss what it all means – in Japanese.

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

In 1995 there were still new Last Orgy 2 t-shirts produced, as well as a new Last Orgy song.

 

Record on Amazon

In the 1990’s James Lavelle had started the Mo’ Wax record label in England and collaborated with the Japanese label Major Force, eventually re-releasing most of their catalogue to a wider audience. Through his friendship with Major Force, Lavelle soon met Nigo and the pair became friends, with Lavelle soon inviting Nigo to record in the Mo’ Wax studios in London. This collaboration would eventuate in Nigo’s debut album Ape Sounds, a mix of hip hop and rock similar to Lavelle’s own UNKLE project. Nigo also collaborated with Lavelle on the Planet of The Apes inspired song Ape Shall Never Kill Ape, which featured members of Major Force, UNKLE, Nigo, and UK turntablists The Scratch Perverts all on one song.

During this period Lavelle also released a song called Last Orgy 3, which featured Takagi Kan rapping much like on the original Tiny Panx song which had released almost ten years previously in 1988. Last Orgy 3 first appeared in 1997 on a mix CD by Nigo and James Lavelle titled A Bathing Ape Vs Mo’Wax, and was later released on CD and Vinyl with several remixes in 1998.

Last Orgy 4…and beyond.

The final Last Orgy so far, Last Orgy Four was a t-shirt collection released around 2000, and is the only Last Orgy to have been released without an associated magazine column, tv series, or song sharing its title. Around this time Nigo and Jonio were contributing a column titled 4lom to Smart magazine, which was similar to Last Orgy and had begun in 1996 and continued in to the 2000’s, while Nigo also contributed his General’s Seminar columns to Relax magazine for several years in the early 2000’s.

Image: Last Orgy shoe

Alongside the 2009 re-release of the Last Orgy jacket was a Last Orgy shoe which released in 2010. The shoes were a collaboration with Nigo’s BAPE company and featured their Bapesta shoe design. Since then there has been little news of further Last Orgy lines, but the brands close ties to BAPE may be one of the reasons for the draught, as in 2013 Nigo left BAPE and is now working with the Japanese brand Uniqlo. 

But what of the original Last Orgy creators, Hiroshi Fujiwara and Takagi Kan? Both of the original Tiny Panx have continued to work in their respective fields, with Fujiwara regarded as an important part of the Japanese fashion world, with his career recounted in two large English language books from publisher Rizzoli.

Meanwhile Kan continues to release music with Major Force, and in 2020 he has been putting on live performances via his Instagram page while the world has been locked down during the Corona Virus pandemic.

Further Reading:

Ametora: How Japan Saved American Style by Marx, W. David 
Hiroshi Fujiwara: Fragment by Sarah Lerfel and Ino Hidefum

Black Lives Matter In Japan – A Look At The Language

Approx Japanese level

Text Type

Black Lives Matter sparked some serious debate in Japanese media and social media. Here are some of the texts we found, both supportive of the movement and critical of the movement. 

Cocoalizzy

Cocoa Lizzy posted a series of insightful video entries on her Instagram. She highlighted several examples of her own experiences of racism in Japan as a black Japanese person in this post

Here is a translation of an excerpt:

 

私も日本にいるころはバイトをしていた時も黒人からものを買いたくないからあの子をやめさせてほしいと言われたこともあるし

When I was doing a casual job in Japan I had someone say “I don’t want to buy stuff from a black person, you should get rid of her”. 

黒人だからお客さん怖がらさせてしまうかもしれないから君はレストランで働けないかなって言われたこともあるし、

At a restaurant someone told me “I don’t think you could work here because you’re black and you may scare the customers”.

でもまだよかった方

But really that’s the least of it

こっちでは肌の色だけで殺されたり捕まっちゃったりとかする人もいて

Over here there are people who are killed or arrested 

もしかして日本人のみんなはこれがただの黒人と白人の戦いと思っているかもしれないだけど、

And Japanese people might just think that’s just some fight between black people and white people

違くてこのこういう人たちこういうブラックの人たちが世界的に弱い立場にいることをどう思いますか。

But, from a distance, what do you think about the fact that black people are in this position of weakness?

という。考えてくれていますか。Are you thinking about these things?

皆はこれが違うって沢山の人が立ち上がっているのね。

There are a lot of people who think things have to change that are standing up.

 

だからあなたが黒人か、白人か、日本人かとかは関係なくあなたはこの状況をどう思いますかっていうこと

So whether you are black, white, Japanese it doesn’t matter, it’s what you think about the situation.

でもし皆の好きな歌手が黒人で皆その人の歌を聞いていて

But if people have a singer that they like and listen to

今もその人が生まれてときから今までもずっと黒人として扱われていて

And that person had been treated as a black person from the moment they had been born

その人達がSOSを出しているとき皆はただ見てみぬフリをするのかそこで私達は一緒の人間だって、

And if that person was putting out an SOS signal, would you act like you had seen nothing or would you acknowledge that they have the same humanity as you.

肌の色で扱いが変わることはおかしいって立ち上がる人がもっともっといてくれていいじゃないか

Wouldn’t  it be great if there were many many more people that stood up to the idea of changing the way you treat people according to the color of their skin?

 

Twittersphere

Across twitter there were a lot of comments. We don’t want to give too much air to people espousing more or less racist views, but it is important to acknowledge the debate that is happening. Here is a selection of some of the posts we saw:

 

Tweet:

日本人は黒人を差別したことはありません。

Japanese people have never been racist towards black people.

 

日本で黒人が殺されたことあるの?

日本で黒人って理由で入店拒否されたことあるの?差別してないよね!

Has there ever been a black person murdered in Japan?

Has there ever been a black person that has beef refused entry to a shop? Really, we don’t racially vilify do we?

 

Melissa Luna:

私たちが受けてきた差別は全部デタラメだったんですね?

いかに自己中心的で盲目なのかが伝わります。これがマジョリティの特権。

So all the racism we have experienced is just a load of rubbish right?

It is clear just how self centered and non-seeing the people writing these comments are. This is the privilege of the majority.

 

Tweet:

日本人がコロナ対策のために『三密』を避けて頑張ってるのに、日本人の命はどうでもいいのでしょうか?

Japanese people are doing everything they can to go social distance and fight the coronavirus. But I guess Japanse lives aren’t worth anything right?

 

宇多田ヒカル Tweet

 

日本で生まれ育った日本人からすると人種差別っていまいちピンと来ないかもしれないけど、今アメリカで起きていることは未来の世界史に載るような歴史的な局面かもしれない…というかそうであってほしい

To people who are born and raised in Japan, racism may seem like they have no connection to. What is happening in America may be a historic moment in the future…it least that’s how I hope this may be.

 

Tweet

ここは日本。

『日本人の命は大切だ!』

明日は土砂降りになりますようにUmbrella with rain drops

This is Japan. Japanese lives matter!

I hope the rain buckets down on you tomorrow.

 

Tweet

都合良く問題を一般化しないでください。ドイツが難民受け入れを「世界の課題」にしてるのと似ている。

Don’t generalise the problem according to your own agenda. This is like how Germany called the need to accommodate refugees a “world problem”.

 

Tweet

ここ数日で黒人に対する見方が本当に変わったわ。黒人とは関わらないようにしよう。

In these past few days my opinion of black people has really changed. I’m going to do my best to not associate with black people.

 

私は、日本で生まれ育った日本人ですが、日本に人種差別がない、なんて小学生の頃から思っていませんでした。近くに在日コリアンの方々がいたし、朝鮮学校もあったし。彼等もずっと差別の中にいると思う。その環境を作ったのは私達日本人。差別は許されない。

I was born and raised in Japan and I’ve never thought for a moment from elementary school onwards that Japan is a country without racism. Around me there were members of the Korean diaspora, and a Korean school. I believe these people have been the subject of ongoing racism. It is us Japanese that have created that environment. There is no place for racism.

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/daisukekawasaki/20200607-00182173/

Blogs

 

川崎大助 | 作家 Yahoo

 

この問題は、対岸の火事ではないのだ。遠く離れた大陸での出来事かもしれないが、しかし「日本人だから」という理由で無視していい問題ではない。「日本人も人類の一員」ならば、無視はできない。

This problem isn’t “a fire on the far coast”. This may be something that is happening on a far away continent, but “I’m Japanese” isn’t an excuse to ignore the problem. If Japanese people are just one people within a larger human race, then there is no excuse to turn a blind eye.

 

Ruru Ruriko ピンク 55 Telling Asahi 55

今まで差別について考えたことがなかったり、経験がない人は差別をされる人の気持ちを想像するのは難しいでしょう。そして、日本人が黒人の気持ちや経験を理解することは不可能です。しかし、わからない、知らないでは、このまま一生状況は変わりません。

疑わずに、まず当事者の言葉に耳を傾けてください。

For people who have never had occasion to think about racism, or have never been racially vilified, it is probably difficult to imagine what it must be like to be the subject of racism. But if we keep saying “I don’t understand” or “this is not something I know about” the situation will never change. 

When in doubt, start by lending your ears to those directly affected.

 

Cocoa Lizzy (Part 2)

We’ll end this look at the language around BLM in Japan with 2nd entry by Cocoa Lizzy

白人の特権とみんなの特権 #BLACLIVESMATTER Understanding own privilege

 

さて今日はホワイトwhite privilege (白人の優遇)と私達それぞれのprivilageについて話していきます!最近ドールテストの動画をストーリーに上げたりして、みんなも興味を持ってくれました。沢山の人はまだ肌の色だけで、”怖い” ”強そう” ”危なそう”などのステレオタイプ(思い込み、先入観)があると思います。でもそのステレオタイプを政府や世間、警察に持たれた黒人はアメリカでどのような扱いをされているか考えたことはありますか?黒人である私達は、肌の色のせいだけで、政府から悪いイメージをずっと持たれ、今も普通の生活をしたいだけでも他の人種の人と比べられて公平な支援やサポートをしてもらえません。

Today I would like to go ahead and talk about White privilege, and all of our own privilege. Recently I added a Doll Test video to my story, and people were kind enough to show some interest. I believe there are a lot of people who see black skin and, through stereotyping, think “they look scary” or “ they look strong” or “they look dangerous”. But have you ever thought about how black people in America are treated by a government, a society or a police force that hold this stereotype. For a black person such as myself this means I am looked down on by the government just for the color of my skin. Even now, all I want to do is lead a normal life, but I am compared to people from other ethnic backgrounds and am not offered the same backing or support.

 

逆に私はアジア人だけど、黒人だからイエローとかコロナって呼ばれない。それは私の特権の1つ。1人ずつそれぞれ人種のことから、家族構成、生活において特権や社会的地位は変わってきてしまう。それを当たり前に思い、その特権を持っていない人に対して攻撃する人、政府がまだ世界には沢山あります。自分も気づかずにしているかもしれません。

 

Conversely, I am Asian, but I am black so people don’t call me “yellow” or say “Corona” to me. That is one of the ways that I am privileged. Each person, has their own ethnic background, family make up, way of living that, that can’t help but come to influence their social status. There are still many people, and governments, in the world that believe that this is only natural and are willing to attack others as a result. I may even be guilty of doing the same thing without even being aware of it.

 

人間はすべての人達が同じ権利を人間として持つはずなら、性別、出身地、外見、家族の事だけで下に見られたり、チャンスが無かったり、比べられることは無いはずなのに。私達が自分の特権で今この不公平な世界を作っていて、自分の特権を見つめる事で悲しむ人に寄り添って力になる事ができると思います!

 

If humans are supposed to all have the same human rights, then there shouldn’t be such a thing as drawing comparisons or losing opportunity according to gender,  place of birth, appearance or family background. All of us create this unequal world out of our own place of privilege. But I believe that through gazing into our own privilege, we are able to draw closer to those experiencing hardship and become a force for good.

 

Some Japanese words around racism:

有色人種 ゆうしょくじんしゅ People of Color

人種差別主義者 じんしゅさべつしゅぎしゃ Racist person

黄色人種 おうしょくじんしゅ asian “yellow” race

特権 とっけん privilege

優遇 ゆうぐう privilege

対岸の火事 たいがんのかじ Fire on the far coast

 

See also this videothat aired on NHK during this period that was widely criticised, and later withdrawn, because of it charicaturing of African Americans:

https://youtu.be/WqmII4DuJO0

Which has been abley translated by Japanse For Morons here:

Language Learning Program Reviews

Culture

Japanese Storage

From my earliest years of going to Japan as a teenager, I was struck by the way that Japanese people used space. Showers & bath

Read More »
Graded Japanese Reading & Listening Practice

Japanese Essays – Inamoto

What’s the difference between “trying to make people smile” and “trying to make people not want to criticize you”? Find out in this translation of Japanese essay by Inazo Inamoto.

Read More »
Happi Coats

Happi Coats Guide 2021

Info about those groovy, colorful happi coats and traditional Japanese jackets you see in Japan. Different types of jappi jacket, where to buy and more.

Read More »
Graded Japanese Reading & Listening Practice

David Bowie Space Oddity 和訳 in Japanese

Deniさんがデヴィッド・ボウイの曲「スペイス・オディティ」を日本語に訳しました。
その歌を翻訳するにあたって難しかったところ、また日本語と英語の歌詞の違いなどについて話をしました。
Ever wondered what Bowie’s Space Oddity lyrics would be in Japanese? Probably not. But we tell you anyway.
We go through and translate the song line by line, and discuss what it all means – in Japanese.

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

Samurai or CEO

Approx Japanese level

Text Type

Who said which quote?! Samurai or CEO?! 誰がどの名言を言ったか?!!侍か社長 ?!

 

We’ve translated quotes of famous CEOs and Samurai leaders from hundreds of years ago and mixed them up. Can you tell which said which?

Spoken in English and Japanese.

 

社長と昔の侍の名言を訳して混ぜました。どっちがどっちを言ったか分かりますか。

日本語と英語で話します。

Samurai or CEO?

Answers

Culture
peterjosephhead@gmail.com

Japanese Storage

From my earliest years of going to Japan as a teenager, I was struck by the way that Japanese people used space. Showers & bath

Read More »
Graded Japanese Reading & Listening Practice
peterjosephhead@gmail.com

Japanese Essays – Inamoto

What’s the difference between “trying to make people smile” and “trying to make people not want to criticize you”? Find out in this translation of Japanese essay by Inazo Inamoto.

Read More »
Happi Coats
peterjosephhead@gmail.com

Happi Coats Guide 2021

Info about those groovy, colorful happi coats and traditional Japanese jackets you see in Japan. Different types of jappi jacket, where to buy and more.

Read More »
Graded Japanese Reading & Listening Practice
peterjosephhead@gmail.com

David Bowie Space Oddity 和訳 in Japanese

Deniさんがデヴィッド・ボウイの曲「スペイス・オディティ」を日本語に訳しました。
その歌を翻訳するにあたって難しかったところ、また日本語と英語の歌詞の違いなどについて話をしました。
Ever wondered what Bowie’s Space Oddity lyrics would be in Japanese? Probably not. But we tell you anyway.
We go through and translate the song line by line, and discuss what it all means – in Japanese.

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。