fbpx

Naomi Osaka Japanese Tweets

Translating Japanese Tweets About Naomi Osaka

大坂なおみ選手についての日本語ツイートを英語に訳す

 

Today I’m going to read through and translate some of the Japanese Twitter commentary about Naomi Osaka pulling out of the French Open.

This caused a stir when it was reported that Osaka faced fines and disqualification from the tournament for refusing to do press conferences. This ultimately led to her saying that she was pulling out of the Open due to mental health issues.

As always on the internet, people voiced every opinion under the sun about this. Generally, the ark of commentary went from being quite anti Osaka when she first refused the press conference to being more sympathetic once she announced she was struggling with depression.

Personally I think that they could pay the players that want to do the press conferences extra for their troubles, but not make it a requirement of playing. Because, at the end of the day playing tennis and speaking to media are two very separate things.

Anyway, let’s look at what Japanese people were saying online.

Follow me on social media to see my translations of Japanese social media posts in real time.

An example of some of the colorful language people use on social media. I translated こいつ as “this character”, but could have gone with “joker” or, if I wanted to be crass about it, “asshole”.

Don’t you love it when there are parallels in language? In English, we have the quasi-religous phrase “all that’s fair must fade”, meaning bad things can happen to anyone, even you. In Japanese they have the phrase 盛者必衰 (じょうしゃひっすい)

Lots of references to Nettouyo. “Right wing netizen”. One of the many wonderful Japanese portmanteau. A combo of “Net” and “Uyoku”, meaning right wing. Language wins again.

「日本人らしくない」is un interesting phrase. In Australia, people sometimes refer to people they don’t agree with as “Unaustralian”. Strikes me as similar.

I found it interesting that a Japanese person was using this phrase:

いかに世界と乖離した感覚で日本人が生きているかよく分かる例。

“This is a prime example of how Japanese people live with a sense of being separate from the world.”

As non-Japanese people we often feel this sense of Japanese people seeing us as somehow fundamentally seperate to them. Here’s a Japanese person voicing the same idea.

 

And one tweet to finish off with a positive message!

Follow Japanoscope on Socials For Latest Content!

Want more Translations? Try a topic from this list:

Language Learning Program Reviews

Latest Posts

anime

Claymore Anime Review

Overall Rating 4.5 stars out of 5! What’s not to like about beautiful, hardcore, strong women fighting monsters to save the world? Claymore is not

Read More »
Songs In Translation

ホテル・カリフォルニアはこんな意味だったの?!Hotel California和訳、意味、解釈 

ホテル・カリフォルニアは短編映画のような歌です。いろんな情景をものすごい細かさで描写する。砂漠でかく汗の匂い、髪の毛に絡む涼しい風、どこか遠くの方でまたたいている光。 よく何かを書くとき「show don’t tell」「描きなさい。伝えない。」 たとえば、「砂漠が熱かった」ではなく「高速道路で汗をかいていた」といった方が身近に感じられて、迫力が出る。ホテルカリフォルニアは見事にこういう風に「言葉」で伝えずに、「五感」で表す歌です。 ホテル・カリフォルニアの解釈 はっきりと「こんな事がありましたよ」と言わないおかげで素晴らしい描写になりますが、そのせいでいろんな解釈されます。 そのいろんな解釈を話していきたいと思いますが、歌詞を書いたDon Henley本人がいうには基本的な意味は”A journey from innocense to experience”「「無邪気」から「経験」への旅」だと言っています。 当時イーグルズはものすごく売れているバンドだったから本人たちは「その時俺たちは何でも出来ていた(許されていました)から何でも試してた」と言っていました。ようするに 世の中を知らない青年からいろんな経験を積んだ大人に変わりつつありました。 「経験」にはいろんな事が含まれていると思います。 ホテルカリフォルニアはよく「麻薬」「中毒」についての歌だと主張する人がいますが、この曲はいろんな「経験」についての歌だと思います。もちろん「麻薬・中毒」ありますが「愛」「性」「成功」「強欲」「欲望」「うぬぼれ」などの「経験」も一杯包まれています。 ホテル・カリフォルニアというホテルは実際存在したか 舞台はロサンゼルスになっています。ホテルカリフォルニアというホテルは実際に存在しません。アルバムジャケットに写っているのは「Beverley Hills Hotel」です。御存知の通り、Beverley Hillsはハリウッドの近くにある有名人、芸能人が一杯群がる地域であります。だから、その辺の人の「快楽主義」を描き、社会的な意味合いもあります。 イーグルズも当時「ホテルの部屋をぶっ壊してめちゃくちゃにしてしまうバンド」として有名です。 だから、「快楽主義」の象徴である「ホテル」を歌ににしたのはなんとなく相応しいかもしれません。

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

e7319a946f928d455f2a4c9abc7c687c