fbpx

New Japanese Indie Music Platform Minna Kikeru

Approx Japanese level

Text Type

Japan’s New Indie Label Music Platform “Minna Kikeru” みんなきける

It wasn’t all bad news in Covid 19, 2020.

Take the new indie, alternative Japanese music platform that has come on line, called “Minna Kikeru”. It’s got around 100 releases there to stream and download by artists that, up until about a month ago, you would have been hard vinyl-pressed to find anywhere else. 

.

The platform was initiated by one of my all time favourite artists in Japan, Tenniscoats (which we’ve written about here), and the Majikick label they run. In the interests of full disclosure, this is also the label that puts out the music I make in Japan, so I have a connection.

It’s not a one man band though. There are releases from labels including kuchikuchi, Tomoaki Saito Records, Alien Transistor, haptic perception (via nagoya), Sweet Dream Press, Pong-Kong Records, kurumi kadoya (via nagoya), Mrs.triangle, Basic Function, Is College Collective.

The innocent directness of the name, Minna Kikeru meaning “Everyone can listen”, breezily sums up the platform. It’s for people to get access to all this music they never would have found before, but sorely deserves to be.

I’ve been doing some translations for them so I’ll read you a couple of things I’ve done in Japanese and English.

Here’s the blurb they wrote about the site in Japanese and English.

Minna Kikeru Overview

Minna Kikeru は、majikick recordsと篠原敏蔵、モトの協力により、2020年にスタートします。

以前より計画は進めていましたが、奇遇にもこういった時期に巡り合わせました。

現状、手に入りにくい日本のインディミュージシャンの音楽にそれぞれアクセスし、楽しむことが出来、また、マージンをできるだけ少なくし、様々なアーティストやインディレーベルの自立を助けることを指針としています。

楽しんで、良いインスピレーションを得られますよう願っております。

Minna Kikeru was started by majikick and Toshizo Shinohara in collaboration with Moto in 2020.

Planning for the site had been happening for some time and it seemed almost fatalistic that the Covid-19 crisis would come and speed up the need for its completion.

The aim of the site is to provide access to Japanese independent music, which has been relatively hard to find, and to help a range of artists and independent labels create a sustainable future.

It is our hope that people enjoy the site and find some positive inspiration from what they find!

Tenniscoats

プカプカブライアンズから派生し、1996,7年辺りから録音を始め、さやが歌うように植野とつくったバンド。サイドギターに小野悟、ドラマーは久順。大学の部室に、8トラックオープンリールとミキサーを持ち込み録音、テープが伸びる寸前まで作業を重ねた。フレーズの立体感、初期の弾けるような新鮮さと熟考が混ざった不思議さのあるポップ。出した方がいいよ、と背中を押す久順の言葉でリリースと相成った。

After starting PukaPuka Brians, somewhere around 1996-97, Saya started singing with Ueno and together they created the band Tenniscoats. In a room of their University, they set up an 8 track real-to-real machine and a mixer where they would record, overdubbing to the point of making the tape stretch. 

They created a pop that combined equal parts freshness and careful consideration. Satoru Ono (E.Gtr), Hisatoshi (Drums) and a selection of friends joined in to realise the album.The album sat unreleased for some time, with Saya not feeling confident enough to go ahead, until So Hisatoshi gave them a gentle nudge with a “stop your worrying, you’ve just got to put this out”.

Yuko Ikema

SSW, 池間由布子のセルフリリースによる、2015年リリースの2ndアルバムです。majikickハウスの4トラックカセットMTRで録音されました。素朴て温かい由布子の人柄のように、その歌声も初めて会うのにどこか懐かしく、不思議さがあります。糸を紡ぐように導かれる「拝啓、朝」に始まる曲たちは瑞々しく、身近でいて美しい。植野隆司とさやが参加。

Singer song writer, Yuko Ikema released her 2nd album in 2015. This album was recorded with using a 4-track cassette MTR at majikick house. Just like Yuko’s personality, which is simple and warm, her singing voice is nostalgic and mysterious for the first time. The songs that begin with “Dear Morning”, guided by spinning threads, are fresh, familiar, and beautiful. Takashi Ueno and Saya joined in.

My Pal Foot Foot

竹下慶(ギター、コーラス)と河野ゆうこ(ボーカル、ギター)によるバンド。

彼らの初めてのレコーディングは、春の畑の中に位置するグロプチンのスタジオにmajikickの機材を持ち込み行われた。

飾らず真っ直ぐなゆうこのボーカルと竹下の楽曲は素のままで十分に魅力的。明るくてポップで、いつまでも瑞々しい。

ゲスト:植野(ギター)、さや(ドラム)、グロプチン、つびーが参加。

Kei Takeshita (Gtr, Chorus) and Yuko Konno (Vocal, Grr) are the main members.

The band’s first recording took place amongst the fields in springtime at the Gloptin Studio, on Majikick equipment. Yuko’s straight ahead singing style and Kei’s unadorned songs & guitar have all the charm you would need, just as they are. This record features eternal vivacious, sunny pop.

Language Learning Program Reviews

anime

Claymore Anime Review

Overall Rating 4.5 stars out of 5! What’s not to like about beautiful, hardcore, strong women fighting monsters to save the world? Claymore is not

Read More »
Songs In Translation

ホテル・カリフォルニアはこんな意味だったの?!Hotel California和訳、意味、解釈 

ホテル・カリフォルニアは短編映画のような歌です。いろんな情景をものすごい細かさで描写する。砂漠でかく汗の匂い、髪の毛に絡む涼しい風、どこか遠くの方でまたたいている光。 よく何かを書くとき「show don’t tell」「描きなさい。伝えない。」 たとえば、「砂漠が熱かった」ではなく「高速道路で汗をかいていた」といった方が身近に感じられて、迫力が出る。ホテルカリフォルニアは見事にこういう風に「言葉」で伝えずに、「五感」で表す歌です。 ホテル・カリフォルニアの解釈 はっきりと「こんな事がありましたよ」と言わないおかげで素晴らしい描写になりますが、そのせいでいろんな解釈されます。 そのいろんな解釈を話していきたいと思いますが、歌詞を書いたDon Henley本人がいうには基本的な意味は”A journey from innocense to experience”「「無邪気」から「経験」への旅」だと言っています。 当時イーグルズはものすごく売れているバンドだったから本人たちは「その時俺たちは何でも出来ていた(許されていました)から何でも試してた」と言っていました。ようするに 世の中を知らない青年からいろんな経験を積んだ大人に変わりつつありました。 「経験」にはいろんな事が含まれていると思います。 ホテルカリフォルニアはよく「麻薬」「中毒」についての歌だと主張する人がいますが、この曲はいろんな「経験」についての歌だと思います。もちろん「麻薬・中毒」ありますが「愛」「性」「成功」「強欲」「欲望」「うぬぼれ」などの「経験」も一杯包まれています。 ホテル・カリフォルニアというホテルは実際存在したか 舞台はロサンゼルスになっています。ホテルカリフォルニアというホテルは実際に存在しません。アルバムジャケットに写っているのは「Beverley Hills Hotel」です。御存知の通り、Beverley Hillsはハリウッドの近くにある有名人、芸能人が一杯群がる地域であります。だから、その辺の人の「快楽主義」を描き、社会的な意味合いもあります。 イーグルズも当時「ホテルの部屋をぶっ壊してめちゃくちゃにしてしまうバンド」として有名です。 だから、「快楽主義」の象徴である「ホテル」を歌ににしたのはなんとなく相応しいかもしれません。

Read More »

Japanoscope is a registered affiliate with several online shops and may receive a commission when you click on some of the links within content.

Who is behind this site?

I’m Peter Joseph Head. I lived in Japan for four years as a student at Kyoto City University of the Arts and on working holiday. I have toured the country six times playing music and speak Japanese (JLPT N1).

ピータージョセフヘッドです。3年間京都市立芸大の大学院として、一年間ワーキングホリデーとして日本に住み、6回日本で音楽ツアーをし、日本語能力試験で1級を取得しました。要するに日本好きです。

e7319a946f928d455f2a4c9abc7c687c