fbpx

Language

Range Life 和訳・歌詞解説

ペイヴメントのRange Lifeは90年代の二つのオルタナティヴバンドの20年間に渡る諍いのきっかけになった曲です。 歌詞の中に「スマッシングパンプキンズ」が出てきますが、スマッシングパンプキンズのビリー・コーガンはこの曲を聞いてとても怒りました。 ビリー・コーガンは1994年のロラパルーザに出演の際、もしペイヴメントが出るならスマッシングパンプキンズは出ないと主張し、ペイヴメントが出演出来なくなったということがありました。 問題になった歌詞を後ほど紹介します。 Range Life 和訳 After the glow, the scene, the stage 白熱、シーン、舞台の後 The sad talk becomes slow 悲しい話は遅くなる But there’s one thing I’ll never forget でも一つ絶対忘れないことがある Hey, you gotta pay your dues おい、下積みの経験をしないといけないだろ Before you pay the rent 家賃を払う前に Over the turnstiles and out in the traffic 改札を飛び越え渋滞の中へ There’s ways of …

Range Life 和訳・歌詞解説 Read More »

Losing my religion和訳・解説

“Losing my religion”を直訳すれば「宗教・信仰心を失いかけている」ですので、 当然この歌を聞けば「宗教についての歌だろう」と思いがちですね。 でも実際は違うようです。 本人曰く、宗教・信仰とは関係ないそうです。 Losing my religion和訳 Oh life is bigger 生きることは偉大だ It’s bigger than you 君より偉大だ And you are not me 君は僕じゃない The lengths that I will go to 僕はどこまで行くのか The distance in your eyes あなたの目の中の距離 Oh no I’ve said too much あ、言い過ぎてしまった I set it up 僕が仕掛けた That’s me in the …

Losing my religion和訳・解説 Read More »

パール・ジャム「アライブ」歌詞和訳の意味

パール・ジャムの「アライブ」はグランジを代表する大変盛り上がる曲です。しかしあまり知られていないのですが、この盛り上がりとは裏腹に実は非常に暗い内容が詰まっています。ライブでは多くのファンは「I’m alive!」「俺は生きている!」と勢いよく叫びます。 それはそれでいいのですが、この歌詞を書いたエディ・ヴェダー本人が言うにはこのサビの一行は「呪い」のようなものだそうです。 アライブ歌詞和訳 Son she said 息子よと彼女が言った Have I got a little story for you あなたにちょっと話があるの What you thought was your daddy あなたが父さんだと思っていた人は、 Was nothin’ but a  実はただの…。 While you were sittin’ あなたが座っていたとき、 Home alone at age thirteen 13歳のあなたが、一人で留守番をしていた時 Your real father was dyin’ 貴方の本当のお父さんは死にかけていた Sorry you didn’t see him 会えなかったのは残念だった But I’m glad …

パール・ジャム「アライブ」歌詞和訳の意味 Read More »

ミセス・ロビンソン歌詞の意味

最初から最後まで歌詞を全部解説するビデオはこのメンバービデオで見れます: Mrs Robinson「ロビンソン婦人」は1968年に、Billboard Hot 100で第1位を獲得しグラミー賞も受賞した有名な曲ですね。 でももともとはMrs Robinson「ロビンソン婦人」じゃなくて全然違う名前の曲でした。別の意外な有名人についての歌でした。だれだかもうちょっと後で書きます。 ミセス・ロビンソンと「卒業」 皆さんご存知かもしれませんがまずこの曲は「卒業」という映画の挿入歌として使われた曲です。その映画はある若い男の人が年上の結婚している女性、ロビンソン婦人、に誘惑されて恋愛関係を持つという当時割りと衝撃的な内容映画です。 歌詞のミセス・ロビンソンに対しての見方 でもこの歌の歌詞は、意外なことに、僕が好きなところとして、その「ロビンソン婦人」を批判しているどころか、どっちかというと彼女を褒め称える歌です。まあ、「褒め称える」という言い方はちょっと言い過ぎかもしれません。寛容な目で見ているといった方がいいかもしれません。「同情」している感じですね。 サビを見て行きましょう。 ミセス・ロビンソンのサビ And here’s to you, Mrs. Robinson さあ、聞いてください、ロビンソン婦人 Jesus loves you more than you will know イエスは思ってる以上にあなたのことを愛していますよ Wo, wo, wo God bless you please, Mrs. Robinson 神さまのご加護を! ロビンソン婦人 Heaven holds a place for those who pray 天国は祈るものの居場所を確保しています だれかがロビンソン婦人に向かって話していますね。宗教的な人が励ますように「大丈夫ですよ」と話しているようです。 これは設定としてキリスト教会がよくやっているいわいる「サポートグループ」ですね。「薬物依存症の家族の会」とか、一番よく知られている例として「Alchaholics Anonomous」(アルコール依存症の支援のグループ)などがあります。 それでいろいろな日本語訳をみて来たんですがほとんどのところは 「And here’s …

ミセス・ロビンソン歌詞の意味 Read More »

ザ・バンド/ザ・ウエイト意味と歌詞和訳

音楽は魔法です。現実に存在する魔法だと僕は思っています。 一つの究極な例としてはThe BandのThe Weightを挙げれると思います。 これほど神秘的で不思議な力がある曲はあるでしょうか。 今日はその謎に満ちた歌の歌詞の意味について話したいと思います。 The Weightの概要 まずこの歌の軸になっている、核心的意味を言い切るのはすごく困難だと思います。 大雑把に言えば「自分の重荷を捨てて楽にしましょう」という意味だと思います。 「The Weight」「その重み」というタイトルもその真意を案じているでしょう。 その「重み」というのはどういうものか後で考えて行きたいと思います。 The Weightの固有名詞 この歌で何が印象的かと言うと、固有名詞がやたら多いということです。 名前、地名などなどどんどん出てきます。 しかもその名前、地名は聖書に因んだものがほとんどです。 聖書との関わり ナザレ まず第一行に出てくるナザレです。 世界中でイエスキリストが生まれたとして知られている町の名前ですね。 「この歌の主人公がイエスかよ」と思わせるような歌詞の出だし。 でも実はアメリカにもナザレという街があります。 Pennsylvania州にある6000人余りが住むような小さな街です。 ちなみにその街のあたりにはBethlehem、 Emmaus、 Egypt、など旧聖書から引用した町の名前が多いです。 それでアメリカのナザレという街は何が有名かというと、「Martin」という世界中で知られているギターメーカーが本部をおいていることで知られています。 この曲は、実はそこから始まっているのです。 この歌を作詞作曲したロビー・ロバートソンは、この曲を作る際にどうもインスピレーションが湧かなくて困っていた時にふと自分のギターの穴の中を見て、Martin, Nazareth, Pennyslvania が書いてあったのを見て歌詞が浮かんできたということです。 歌に出てくる名前 歌に出てくる人の名前も聖書から来ているものが多いです。 たとえば「ルカ」。「ルカ」は使徒の一人ですね。 そして「アンナ」はそのルカの福音書の中に登場します。 「The Devil」も出てきます。 「Devil」は大体「悪夢」として訳しますが「the」がついているから固有名詞になります。その辺の特定されていない「悪魔」ではなく特定された「サタン」のことです。 ルイスブニュエルの映画との関わり そこでもう一つこの歌の原点が出てきます。ロバートソンは映画監督のルイス・ブニュエルのシュールに満ちた映画が好きでした。ロバートソンがギターに書いてあった「ナザレ」を見た時ブニュエルの映画の「ナザリン」を思い出したようです。The Weightの歌詞はその映画と大きく結びついていると言っても過言ではないだと思います。 この映画の主人公が「ナザリオ」という名前で常に善い行いを心がける神父さんです。けどどれだけ頑張っても、良いことをしようとしても、悪い結果しか出ません。キリスト教の一つの基本にしている「善い行い」の意味をを問い掛ける映画です。「善い行い」の無理さを指摘映画です。 「善い行い」の無理 この歌も同じ質問をしていると言ってもいいと思います。ロバートソン本人がいうには 「I just knew I wanted characters to unload …

ザ・バンド/ザ・ウエイト意味と歌詞和訳 Read More »

ホテル・カリフォルニアはこんな意味だったの?!Hotel California和訳、意味、解釈 

ホテル・カリフォルニアは短編映画のような歌です。いろんな情景をものすごい細かさで描写する。砂漠でかく汗の匂い、髪の毛に絡む涼しい風、どこか遠くの方でまたたいている光。 よく何かを書くとき「show don’t tell」「描きなさい。伝えない。」 たとえば、「砂漠が熱かった」ではなく「高速道路で汗をかいていた」といった方が身近に感じられて、迫力が出る。ホテルカリフォルニアは見事にこういう風に「言葉」で伝えずに、「五感」で表す歌です。 ホテル・カリフォルニアの解釈 はっきりと「こんな事がありましたよ」と言わないおかげで素晴らしい描写になりますが、そのせいでいろんな解釈されます。 そのいろんな解釈を話していきたいと思いますが、歌詞を書いたDon Henley本人がいうには基本的な意味は”A journey from innocense to experience”「「無邪気」から「経験」への旅」だと言っています。 当時イーグルズはものすごく売れているバンドだったから本人たちは「その時俺たちは何でも出来ていた(許されていました)から何でも試してた」と言っていました。ようするに 世の中を知らない青年からいろんな経験を積んだ大人に変わりつつありました。 「経験」にはいろんな事が含まれていると思います。 ホテルカリフォルニアはよく「麻薬」「中毒」についての歌だと主張する人がいますが、この曲はいろんな「経験」についての歌だと思います。もちろん「麻薬・中毒」ありますが「愛」「性」「成功」「強欲」「欲望」「うぬぼれ」などの「経験」も一杯包まれています。 ホテル・カリフォルニアというホテルは実際存在したか 舞台はロサンゼルスになっています。ホテルカリフォルニアというホテルは実際に存在しません。アルバムジャケットに写っているのは「Beverley Hills Hotel」です。御存知の通り、Beverley Hillsはハリウッドの近くにある有名人、芸能人が一杯群がる地域であります。だから、その辺の人の「快楽主義」を描き、社会的な意味合いもあります。 イーグルズも当時「ホテルの部屋をぶっ壊してめちゃくちゃにしてしまうバンド」として有名です。 だから、「快楽主義」の象徴である「ホテル」を歌ににしたのはなんとなく相応しいかもしれません。 Hotel California歌詞和訳 On a dark desert highway 暗い砂漠の高速道路で Cool wind in my hair 冷やりとした風が髪に絡んで Warm smell of colitas コリタスの温かい匂いが Rising up through the air あたりに立ち込めていた Up ahead in the distance …

ホテル・カリフォルニアはこんな意味だったの?!Hotel California和訳、意味、解釈  Read More »

There is a light that never goes out 和訳・意味・解説

The Smiths – There is a light that never goes out 和訳 ずっと消えない光がある Take me out tonight 今夜僕を連れ出してよ Where there’s music and there’s people 音楽があってたくさん人がいるところに And they’re young and alive 若くて活き活きしている人がいるところに Driving in your car あなたの車に乗ってる時 I never, never want to go home 絶対家になんか帰りたくない Because I haven’t got one anymore 僕にそんなところはもうないから Take me out tonight …

There is a light that never goes out 和訳・意味・解説 Read More »

Kate Bushの「Running Up That Hill」そんな意味だったの?!ストレンジャーシングスで使われた ケイト・ブッシュの「神秘の丘 (A deal with God」の和訳、意味、歌詞解説

Kate BushのRunning Up That Hill (A Deal With God)はStranger Thingsで使われて37年ぶりの再ヒットになりました。 すごくないですか。37年ぶりって?! なぜストレンジャーシングス曲としてで使われたのか。歌詞はどういう意味合いがあるか。番組とどういう関係しているか。そんな話しをしたいと思います。 Kate Bushの「Running Up That Hill (A Deal With God) 神秘の丘」和訳 “If I only could, I’d be running up that hill. 出来ることならあの丘を駆け登っているわ It doesn’t hurt me. 私を傷つけやしないわ Do you want to feel how it feels? どんな感じか知りたい? Do you want to know that it doesn’t …

Kate Bushの「Running Up That Hill」そんな意味だったの?!ストレンジャーシングスで使われた ケイト・ブッシュの「神秘の丘 (A deal with God」の和訳、意味、歌詞解説 Read More »

Under The Bridge 歌詞、和訳、意味、解説

Under The Bridge 解説動画 レッチリのUnder The Bridgeは街を喩えにして「孤独」を歌った曲です。 Anthony Kiedisが住んでいた街ロサンゼルスを「守り神」「守り女神」のような存在で例えています。「街が見守ってくれている」というような感じで。 あなたもちょっと寂しい時にこういう風に街が「見下ろしている人物・存在」として考えったことないんですか。僕はあります。ひょっとしたらそう考えったことある人多いではないでしょうか。 アンダー・ザ・ブリッジ歌詞和訳 Sometimes I feel like I don’t have a partner 俺には仲間がいないんじゃないかって思う時がある Sometimes I feel like my only friend 俺の友は自分だけだと思う時がある Is the city I live in, the city of angels 唯一の友は、僕の住む「天使の街」だけだと思う事もある Lonely as I am, together we cry こんなに寂しくても、一緒に泣いてくれるんだ。 I drive on her streets  この街道で車を走らせる ’cause …

Under The Bridge 歌詞、和訳、意味、解説 Read More »

Coldplay Yellow 和訳、歌詞、意味、解説

今回はコールドプレイのイエローの日本語訳を作ってみました。 「宇宙の神秘」、「愛の明るさ」などを単純な「イエロー」という単語で見事に表す歌詞だと思います。解説はしたに載せますが歌詞の和訳はこんな感じです。 Coldplay Yellow 和訳 Look at the stars 星空を見なよ Look how they shine for you ほら、君の為に輝いているのを見て And everything you do 君がなすことの全てのために輝いている Yeah, they were all yellow 全部黄色だった I came along 君のところまできたよ I wrote a song for you 君のために歌を書いたんだ And all the things you do 君がなすこと全て And it was called “Yellow” 「黃色」っていう曲さ So then I …

Coldplay Yellow 和訳、歌詞、意味、解説 Read More »

e7319a946f928d455f2a4c9abc7c687c